鮎の大量死に遭遇する

22日に予定されていたサツキマスの産卵観察会が、雨の予報で中止となってしまいました。
超大型台風が接近という状況では仕方が無いですね。

ところで20日の金曜日に日帰りで郡上に行きました。

産卵観察会のことが頭にあり、我が家の下でもサツキマスでも見ることできないかなと
畑から川を見てみました。

するとたまりになっているところに白いものがたくさん沈んでいるのに目がいきました。

はじめは少し離れていたので葉っぱが沈んでいるのかと思いましたが
紅葉の季節に白い葉もおかしいので近づいてみるとたくさんの鮎でした。

畑下から見た

網ですくえそうな所に死骸があったので、すくってみるとやはり20センチを超える立派な
鮎でした。

死んだ落ちアユ

特に傷があるようではありません。
ざっと数えて20センチを超えるものばかりが60匹から70匹というところです。

落ち鮎の時期で下ることはあってもこれほどたくさんの鮎が一度に死ぬことはおかしいし
中には弱った小さいアマゴが回転するように泳いでいるのを見て漁協に知らせた方が
良いかと考え連絡。

たくさん鮎が死んでいるけど今の時期に死ぬのはおかしく無いですか?と聞くと
すぐに見に行くからとの返事。

すぐにとんできて中央橋の上で合流。
「こりゃ100匹できかんぞ」とビックリ。

上から見てもハッキリとわかりました。

橋の上から

漁協の人も「これはおかしい」
原因が病気や薬だといけないからと検体として網を持って鮎をすくいに入川。

採取する漁協の方

見に来た近くの方によると
この写真の左上に水が流れている様子がありますが、これが発電所のタービンを
回した後の排水で、上流の取水口から入った鮎がそこから入り排水口に落ちて
死ぬことがあると言っていました。

それが集まったのではないかとの予想でしたが、私も20年以上毎年見ているのに
こんなことは初めての経験。
今年は残っていた鮎がそれほど多かったということなのか?

もちろん、まだ病気や薬の可能性もあるので漁協で調べるからと
検体を持って帰られました。
病気や薬が原因で無ければ良いですね。

でも原因が何であれ見つかって良かったです。
明日からの台風の大雨で増水するとすべて流されてしまい、知らないままで
いるところでした。



スポンサーサイト

雨のWWF

行楽の季節ですね~。
私自身も鮎とアマゴ釣りが終わってから今度は海への釣行で忙しく
お久しぶりの更新。

だってアオリイカと黒鯛の季節なんですからお許しを。
おまけに47センチのマゴチまで付いてきてしまいました。

まあそんなことはさておいて
14日と15日はWWFで応援に行ってきました。

以前にも書いたかもしれませんが、WWFといってもプロレスやボクシングでは
ありませんぞ。

ホワイトウォーターフェスティバルのことです。
まあ簡単に言ってしまえば、ゴムボートでの川下りの競技会です。

河口堰建設に反対する会のチーム名は当然のごとく「ダムバスターズ」

1日目はスプリント(短距離レース)。
2日目はゲートをくぐって競うスラローム(障害物レース)とダウンリバー(長距離レース)です。

1日目は行けなかったので2日目の応援。
午前中はスラローム競技。

会場はいつものラフティングのスタート地点に近いこんな所。
会場全景

この日のメンバーはこの6名
現在の最強?メンバーです。
この日のメンバー
前日のスプリントは船長の高木が乗ったのですが、体力がいる2日目はサポートに
回るとのこと。

そうそう、この船、つい先日進水式をやったばかりの新艇なんです。
なのでこの船の初レースでもあります。

スタートは2番目
スラロームスタート

川に下がっている2本のポールの間をくぐります。
青いポールは上から下へ。
きれいに通過しています。
ゲート通過中

赤いポールは下から上にくぐります。
アップゲートに入る
流れを遡ってくぐるわけですから大変。

また、くぐるときにポールに触れると減点されるそうです。
平均年齢50うん歳というチームには技術だけではカバーしきれない
恐ろしい魔物が存在。

そしてフィニッシュ
フィニッシュ

これを2本やります。

そして午後はスラロームのゴール少し下流から美並のコンビニ下流まで
距離ははっきりしませんがずっと漕ぎ続けなくてはならないのでほんと体力勝負です。

スタート直後の瀬
ダウンリバー最初の瀬
気持ちよさそうに下ってます。

スタートが2番目と思ってカメラの準備をしていましたが先頭で来たので
慌ててしまいました。

これからが大変
若者たちは力勝負でかけ声に合わせパドルを動かします。

どんどん追っ手が!
次々と追手が迫りくる

写真先頭がダムバスターズです。(ただし誤解の無いよう、全体の先頭ではありません)

こうして漕ぎ続けること45分ほど。
ゴールです。

お疲れ~

本当にお疲れ様~
2日間の疲れで今日は帰ったら爆睡かな?それとも完走祝い酒?



2017年秋!

10月に入りましたね。
今後の雨でどうなるかわかりませんが、まだ今月いっぱい中央漁協管内では
友釣り可能だと思います。
私自身はは水が冷たくなり川に浸かっての友釣りは冷えて腰にくるといけないので
ほとんどやりません。

アマゴやイワナの渓流魚は禁漁期間に入ってしまいました。
毎年鮎とアマゴが終了するといよいよ秋という実感がわきます。

もう一つ秋といえば味覚。
これも毎年残っていた小型の鮎の甘露煮と自宅でとれた栗の赤飯で夕食。
我が家の秋
これもまた秋ですね。

先日郡上からの帰りに道の駅に寄ったらこれまた秋の行事の案内がどっさり。
長良川流域関係のものをもらっってきました。

近くにいながら全く無知ですが今年は白山開山1300年ということらしいです。
長良川流域は白山信仰の神社が多く有名な所では
美濃の洲原神社、長滝の白山神社、石徹白の白山中居神社があります。

でもそれぞれの集落の神社もほとんどが白山信仰のようです。
右のチラシは明宝のものですが各集落すべてで祭礼が行われます。
明宝だけでなく今の時期になると至る所に白山神社ののぼりがたててあり
生活に密着したものかわかります。
秋のチラシ1
10月15日の日曜日までは美濃から郡上市のどこかで毎週末に祭礼があります。

あと、左の長良川鉄道の霊峰白山への旅のチラシですが
フリー切符は12月まであるものの洲原、長滝、中居の3社参りのツアーは
10月5日が最後のようです。
見つけるのが遅かった・・・・・

それにしてもこの時期はどこも秋祭りなんですよね。
岐阜は信長まつりがありますし、関では刃物まつりがあります。
皆さんのところでも秋祭りがあると思います。
しかも重なっていることが多いのでどこに行こうかいつも選択に迷ってしまいます。

また他にも10月から始まる恒例の「長良川おんぱく」の案内冊子もありましたし
郡上の大和庁舎駐車場で開催されるどぶろくまつりのものもありました。
(どぶろく祭りは白川村が有名ですが、こちらは大和庁舎です。)

秋のチラシ2

それと郡上の「長良川水系・水を守る会」からサツキマスの産卵観察会の
お知らせもいただきました。
10月22日(日)13時道の駅明宝駐車場集合

参加されたい方は長良川水系・水を守る会のHPで確認の上、メールにて
申し込んでください。

タイミングが合えばこんな風景が見られます。
産卵に集まった魚たち2
写真は2013年の産卵風景

毎年ですが秋は忙しい!

有望な釣り師になるかも

24日、日曜日に保育士時代の同僚だった女性が4人とその子どもさんが2人、川小屋へ遊びに来た。

毎年、秋に遊びに来る仲間で、目的は天然鮎と栗。
こちらは吉田川や長良川で釣った鮎を準備、女性陣も様々なメニューの料理を
持って来て食事会とおしゃべり。

ついてきた子どもさんの中に小学校6年の男の子がいて、この子が大の釣り好き。

昨年は10月だったので禁漁期間に入り釣りができず残念そうでしたが
今年は9月に皆さんの都合がつき期待でいっぱいの様子。

なので食事もそこそこに女性陣のお相手はかみさんに任せ、2人で川に降りました。

この男の子郡上に来る前に名古屋で朝4時からバス釣りをやってから来た
という筋金入りの釣りバカ君。

なので渓流釣りのやり方の飲み込みも早く、こちらは餌の川虫探しに集中。

ポイントを教えると的確に振り込み探っていきます。
小6釣り師

その後私も竿を出し釣り始めましたが、先にかけたのは彼でした。
リリースサイズのアマゴでしたが写真に収めたいのでとりあえずビクへ。

その後、私にもちびアマゴやらウグイが掛かり、2時間ほどでバラしも含め7~8匹ほど
針掛かりしてくれました。
結局ビクに収め写真撮影ができたのがアマゴ3匹とウグイが2匹でした。

24日釣果

ウキはなく、目印とおもりと針だけのミャク釣りはかなり難しいと思うのですが
この子ただ者ではありません。

教える側としてちょっと焦りましたが、さいごに18センチの良い型のアマゴが私に
掛かってくれてなんとか面目躍如。
ほっと一息でした。

最後にすべてリリースして終了。


ところで女性陣はといえば、栗拾いの時期の真っ最中ということもあり、
スーパー袋にたくさん拾い集めて満足そうでした。

「来年まで残ってれば渋皮煮にして持ってくるわね」と言って帰って行きましたが
まず残っていないでしょうね~。

渋皮煮我が家でも作りますが、うまいです。





環境デー名古屋2017に行ってきました。

皆さんの地域での台風18号の影響はいかがでしたでしょうか。
特に雨による被害が大きかったようですね。
被害にあわれた地域の方には一刻も早い復旧をお祈り申し上げます。

吉野川の方からのコメントありがとうございます。
また相談をして交流が深められる良いものにしていけたらと思います。
今後ともよろしくお願いします。

さて、前回宣伝した「環境デーなごや2017」に行ってきました。
台風18号が近づいていて雨の環境デーとなってしまいましたが、
雨にも負けずたくさんの方が参加して賑やかでした。

よみがえれ長良川のブースもたくさんの方がのぞいてくれていました。
写真は簡単な河口堰クイズをやってもらっているところです。
長良川

クイズをやっていただいた方には長良川の魚たちやシラメ、サツキマスのステッカーを
1枚プレゼントさせていただきました。
なかなかの人気でした。

私も時間を見つけて川関係のブースを中心に見て回ってきました。

ここは主に中川区を流れる戸田川のブース。
戸田川
お手製の戸田川に住む魚のしおりをもらいました。
戸田川は私が最初に勤務した保育園の近くにある川でよく子どもたちを連れて
散歩に出掛けたところで懐かしくしばらくおしゃべりをしてしまいました。

次は堀川のブース
堀川
近くに住まわれている方たちなのでしょうね。

木曽川関係もありました。
木曽川
山から木曽川の水を考えていて間伐材で木工されていました。
山が荒れれば川も荒れるですね。

名古屋市の水道は木曽川から取水しているのですから関心が深まると良いですね。

よみがえれ長良川にも参加している藤前干潟の方も頑張っていました。
名古屋では一番身近で有名なところかもしれません。
藤前干潟

川と干潟はつながっています.
長良川にもかつては干潟があったと先日の中日新聞に載っていました。
もちろんいまは河口堰があるのでありませんが。

そして回っていて見つけたのが国交省のブース
国交省伊勢湾再生1
そこには伊勢湾再生海域検討会とありました。

国交省伊勢湾再生2

「豊穣な宝の海を取り戻すために」と書かれていました。

私たちも「よみがえれ長良川・よみがえれ伊勢湾」として海と川を断ち切ってしまった
長良川河口堰を開門してかつての長良川と伊勢湾を取り戻すために活動しています。

伊勢湾の環境にとって本流にダムのなかった長良川は大きな役割を果たして
いたはずです。

国交省も伊勢湾再生を願うなら、愛知県の「長良川河口堰最適運用検討委員会」が
呼びかける塩害起きないように工夫するなかで関門調査をしてみるということに
積極的に関わっても良いのではないでしょうか?

同じ目標を掲げながらメンツにこだわって話し合いができないなんて子どもたちが
聞いたら「大人ってなんか変」と感じませんかね。

こんなことを考えた環境デーでした。







プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる