fc2ブログ

長良川の桜を満喫

 東海地方では、一昨日からの雨で桜の花が散った所が多かったと思います。

でも今年の私は岐阜市内から郡上市大和町までの桜の花を満喫してきましたので
報告です。

まず、岐阜市内の長良橋上流左岸の桜です。
長良橋の策3
鵜飼観覧船も係留してあってなかなか良い雰囲気でしょ!

次は郡上市美並町の子宝温泉の対岸の桜。
子宝温泉対岸

以前、この桜の下でボッチ花見をしてお弁当を食べたこともあります。

次は少し上流へ行き下田橋から上流の桜並木です。
美並町の桜1


下田橋の下からの撮影でしたが、川の風景と桜のコラボが一段と良い雰囲気を
出していました。

そして定番ポイント、長良川鉄道深戸駅前の桜並木です。
美並町深戸駅前

この日はここで花見は終了し郡上宅に到着。

到着したらタマネギ畑がネットを掛けてあったにも関わらず猿が隙間から手を入れ
被害にあい大変なことに。

幸い3分の2ほどは無事だったので厳重にネットの張り直し作業することに。

急いで作業を終え夕方は1時間ほど釣り。
水が高くて釣りづらい状況でしたがなんとかボウズは逃れることができました。

DSC_0135_2024041009280137e.jpg

ただし2匹とも15~16センチほどと小ぶりなのでリリースでした。

次の日は大和町まで足を伸ばし、桜を見ながら帰ることにして早めに出発。

ここの両岸の桜並木は今年も見事な咲きっぷりでした。
大和町の桜1

ただ、残念だったのはこの2日間は黄砂もあってか空が霞みがちだったこと。
これで青空だったら青と薄いピンクの桜のコントラストが見事だったでしょうね。

お詫び
前々回に書いた今週末の美濃市のお祭りでの花神輿と桜のコラボは
桜の方が早く散ってしまいそうなので無理なようです。
でも花神輿はだけでも充分きれいだと思います。




スポンサーサイト



海と川シンポ報告

 3月31日のシンポジウム「海と川」無事に開催できましたので報告です。

シンポは午後からで午前中は同じ会場で準備を兼ねてパネル展示を
行いました。

こちらは河口堰関係や長良川で行われている工事について、
そして2月に話題となったニジマス流出問題について紹介するパネルです。
DSCN5265.jpg

こちらは、三重県鈴鹿市の漁師の家に生れたイラストレーター、
矢田勝美さんのコーナーです。

DSCN5266.jpg
著書である「いのちをつなぐ 海のものがたり」の中の絵を、
了解を得て拡大コピーで紹介させてもらいました。

この中にある著者の漁師のお祖父さんから受け継いだ言葉、
「さかなは海におると思うな、山におると思え」は今回のシンポのテーマに
ピッタリです。

私も本を購入したので機会があればあらためてここで紹介したいと思います。

さて、午後は1時からシンポ開始。
桜の開花も進み暖かい休日になったので、どれくらいの参加者があるのか
心配もありました。

ところが開始時刻になると会場はほぼ満席。
DSCN5282.jpg

途中から入場される方も多く、て最終的には椅子が足りず倉庫から補充する
必要があるほどでした。

最初の講演は、三重県鳥羽市にある「海の博物館」館長の平賀大蔵さん

テーマは「今の伊勢湾」、伊勢湾の環境悪化の推移と今日の問題
DSCN5287.jpg

三重県の漁業の状況や、伊勢湾に流入する河川の水の流れと
その水の変化による三重の海の変化などの内容を聞きました。

まさに川と海の関係そのものでした。

報告1つ目は
フリーライターの新美貴資さんの「伊勢湾の水産業をめぐって」です。
DSCN5291.jpg

伊勢湾の漁業従事者の方を巡ってきた報告。
桑名のシジミ漁師さん、知多の海苔生産者の方、三重のカキ養殖の方など
写真で報告がありました。

報告2つ目は、
長良川漁師の平工顕太郎さんの日々の仕事の内容や
これからやりたいと思っていることの紹介。
DSCN5293.jpg

漁師として魚を捕る仕事だけでなく、リバーツーリズムなどで子ども達に
川や魚、自然への関心を繋げていけるような仕事をしていきたいと
話されました。

講演の後は休憩を挟んで岐阜大学名誉教授の富樫先生が
コーディネーターとなり参加者の方からの質問も受けディスカッション。

DSCN5300.jpg

直接、河口堰の開門や導水路問題などがテーマにはならなかったものの
海と川の関係を見つめ直してみることの大切さなどが話合われました。

会場の方も最後まで話し合いに熱心に参加いただき、熱気にあふれた
シンポジウムとなりました。

DSCN5305.jpg

取材に来ていた新聞記者の方も、熱気にあふれた会場に
「こんなにたくさん参加されてすごいですね!」とビックリしていました。

なお当日の様子は、近いうちに長良川市民学習会からYouTubeにアップされる
予定になっています。
興味のある方はチェックしてみて下さい。

ありがとうございました。


長良川沿いも春祭り!

 やっと岐阜市も桜の開花宣言がでました。
いよいよ春本番となりそうです。

このところ雨が多く郡上に行っても畑作業ができないので珍しく1週間空けることに
なりました。

2週間ぶりに行った郡上でも春は確実に近づいて来ていて、庭のニリンソウも
たくさん花を咲かせていました。
DSCN5253.jpg

毎年この花を見ると春を感じます。

そして春といえば祭り!

帰りに道の駅で車を止めると祭りのチラシがたくさん貼ってありました。
その中から長良川沿いのものを撮影してきました。
良かったら遊びに来てみませんか?

まず岐阜市から
DSCN5258.jpg

4月6・7日の土・日です。
岐阜祭りに道三祭りが加わり、今では岐阜市の春祭りといえば道三まつりと
言った方が伝わります。

次は美濃市
岐阜市の道三祭りから1週間後の4月13・14日に開催。
DSCN5260.jpg

ここの特徴はなんと言っても写真にある花みこし。
今年は桜の開花が予想より遅れたので、花神輿と桜の満開が重なってくれる
かもしれません。

そして美濃祭りから1週間後は、郡上八幡春祭りです。
4月20・21日に開催です。
DSCN5256.jpg

ここは八幡町の各町内会で作った御神輿が町中を練り歩きます。

郡上八幡では一週間後の4月27日~5月19日まで「郡上八幡城新緑祭りが
あります。

他にも関市でも4月20・21日に春祭りがあります。

皆さんの所でも春のお祭りが開催されると思います。
たくさんあって日時が重なる祭りもあるし、どこに行こうか迷ってしまいます。

でも嬉しい悩みでワクワクですね。


海と川シンポ準備

 以前にも一度お知らせしましたが、3月31日(日)に「ぎふメディアコスモス」で
シンポジウム「海と川」を開催します。

img096.jpg

その準備にメディアコスモスに行ってきました。

今回の準備は、午前中からのパネル展示のためのパネルの製作です。

 メディアコスモスの1階の作業スペースにはPCとA1サイズが印刷できるプリンターが
置いてあります。

IMGP0999.jpg

なので持って行くのはUSBメモリーだけで済みます。
印刷するとこんな感じで出てきます。
IMGP0995.jpg

これを90センチ×60センチのボードに両面テープで貼ります。
IMGP0996.jpg

今回はシンポのテーマにピッタリの
岐阜市在住のイラストレーター 矢田勝美さんの絵本「いのちをつなぐ 海のものがたり」の
美しい絵の一部をプリントしたパネルもあります。
IMGP1001.jpg

当日はご本人にも来場していただきます。

他にも2月に問題となった鵜飼観覧船乗り場の釣り堀からニジマスが
長良川に逃げたことなどのタイムリーな話題のパネルもあります。

午前10時30分から12時30分まではパネル展示のみで、13時からシンポジウムが
始まります。

シンポジウムのみ参加費は無料ですが資料代500円が必要です。

ぜひご参加ください。

返り討ちの小駄良川と複雑な思いの吉田川

 14日から一泊で郡上に行き、久しぶりに竿を出した。

14日は夕方竿を出すために午前中から出発。
到着してすぐにジャガイモの植え付けを開始。

準備はしてあったが、畝を立てたりマルチを敷いたりで結構時間が掛かり
川に降りられたのが午後5時前ごろ。

水は少し高め。
DSC_0119.jpg

まだ明るかったので早いかと思ったが、一振り目から当たり出た。
ところが油断していて掛かりがあまく痛恨のバラし。

それでも魚がいることはわかったので、同じ所を流すと再度のアタリ。
思ったより引きが強くビックリしたが、今度は確実にと慎重にやり取り。

釣れた魚を見て再度ビックリ。
DSC_0123.jpg
25センチ近くのシラメでした。

これに味をシメ再度同じ所を流すと今度は同じようなサイズのアマゴ。
結局暗くなるまで粘り、一ヶ所で6匹の釣果でした。

DSC_0127.jpg
型がまずまずなのは4匹。(2匹は放流サイズでリリース)

家に帰って採寸してみると約24センチでした。
DSC_0128.jpg

大きい2匹はたぶん上流で成魚放流されたものが増水で下ってきたものだと思います。
少し小さい2匹は昨年稚魚放流されたものだと思います。

これだけ活性が高いならと今日は以前撃沈した小駄良川に行ってみました。
前回ボウズだった良く入るところに到着すると先行者が上がってきたところ。

諦めて上流へ。

同じ場所の上流側
DSC_0131.jpg

下流側
DSC_0132.jpg

しかしここもすでに入られていたようで、ヨシが倒されていて歩いた跡が
くっきり。

せっかく来たのだからと竿は出してみたものの、カワウがいてアウト。
当然アタリなど出もせず撤収となり完璧な返り討ちにあってしまいました。

それならと、昨日釣れた吉田川に戻ることにして、明宝手前まで来て
川に降りようとしたところ足に違和感が・・・

これ、釣りあるあるです。
DSC_0134.jpg

靴底のフェルト剥がれで完全にノックアウト。
結局明宝の道の駅で昼食を食べて帰ることになりました。

でもここの蕎麦屋さんのランチ、3種類の蕎麦が食べられて味も美味しく
満足でした。

半分ぐらい食べてから写真を撮っておけばと思ったのですがほぼ跡形も無く
後の祭りでした。
でも皆さんここに寄ったときは食べてみて下さい。

蕎麦もですが小鉢の肉じゃがやデザートも優しい味で美味しいと思います。



プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる