FC2ブログ

ドブ貝の確認

 コメントありがとうございます。
ブログを見ていただけるだけで釣れない釣りの励みになります。

「育児」と言われているのでお子さんはまだ乳j児さんかな?
将来は川好き、魚好き(触るのも食べるのも)のお子さんにして下さい(笑)
期待しております。

ニュース34号は2021年シンポの報告のお手伝いを少ししただけで、編集などには
関わっていないので、できあがる直前に初めて見たとき私もかわいい表紙だと思いました。
 
 今週は釣りに行けませんでしたが気になっていたドブ貝の様子を見に行ってきました。
今のところ1ヶ所しかいるところを見つけられていないのでここがダメになったらと
心配で仕方がありません。

折しも、3月29日の中日新聞にはこんな記事が掲載されました。
2021年3月29日記事

木曽三川流域生態系ネットワーク推進協議会という会の会合が岐阜市忠節町の
木曽川上流河川事務所であったそうです。

話し合われたのは天然記念物のイタセンパラが生息できる環境の再生や
希少魚のハリヨが生息する湧水帯の保全などについて。

その中にはイタセンパラが産卵する二枚貝を増やすことも考えるとありました。

国交省の河川事務所で行われたということは国も関わっているということかな?

でもたしか、イタセンパラの保全活動をしている木曽川高校の生徒さん達は
今盛んに行われている木曽川の洪水対策の河川工事に対し、イタセンパラの
生息環境が壊れると訴えられていたのではなかったか?

一方で希少魚の生息環境を壊すような工事をしながら片方で生息環境の再生を
考えるのは国として矛盾している気がします。

図鑑によればイタセンパラはイシガイに産卵すると書いてあり、今回観察したドブ貝に
産卵する訳ではないようですが、タナゴが産卵する同じ二枚貝のドブ貝などが
生息できなくなれば他のタナゴたちも将来的にはイタセンパラと同じ運命を
たどることになりかねませんね。

さて、その観察の結果ですが、今年も無事に確認できました。
貝殻も多いが

一見すると貝殻ばかりが目立ちますが、少し掘ってみると砂泥の中から生体が
出てきました。
姿を確認でき、ほっと一安心。

30分ほど探ってみてこれだけ見つかりました。
確認した貝
(シジミも数個混じっています)

中にはこんな12センチ近くもある大型もいてビックリ
本日最大の貝

これだけ見つかって安心しましたが、全体的には巻き貝がすごく増えてシジミが
以前より格段に少なくなった印象でした。

以前ここでも取上げたように、ここのシジミは外来種のタイワンシジミと思われるので
減ることは問題無いと思いますが2枚貝の生息環境自体が変わりつつあるのでは
ないかと少し心配です。

大きく移動できないだけに環境が変わってしまうとあっという間に消えてしまう貝達

今回も写真だけ撮らせてもらい放流して終了しましたが魚をリリースするときのように
「がんばってくれよ」と声を掛けてしまいます。











スポンサーサイト



 久しぶりの作業と会議

コメントありがとうございます。

我家の桜とよんでいる桜はソメイヨシノではないので寿命が長いようで、
ここに通うようになった20年以上前からずっと大木のまま同じ姿を見せてくれています。

近くの人も楽しみにしてくれているようで駐車場まで写真を撮りに来る方もみえます。
そんな桜を毎年見ることができると畑仕事が本格的に始まるな~という気分になります。

さて
岐阜ではコロナの感染が広がりしばらく人が集まる活動ができずにいました。

やっと少し落ち着いたので、久しぶりに市民学習会ニュースの発送作業と
よみがえれ長良川実行委員会ができるようになり集まれました。

ニュースは今回で34号
ニュース34号

「えほん長良川」からの絵を表紙にして河口堰閉鎖25年特集の続きです。
昨年11月15日に開催したシンポ「よみがえれ長良川2020」のまとめを
中心とした内容になっていて他には河口堰反対運動に関わった方の感想や
COP10の愛知目標などへの寄稿もあります。

これを約800通ほどでしょうか他のパンフレットと一緒に封筒に詰め
のり付けなどをします。

作業完成

予定は2時間でしたが終わらず実行委員会に話し合いをしながらの作業と
なりましたがなんとか無事終了。

今回の実行委員会の議題の1つに毎年行っている長良川下流域環境観察会があり
そのチラシも今回一緒に発送しました。

2021年観察会

5月23日(日) 午前10時から午後3時まで
舟に乗船するため定員がありますので事前予約が必要です。
参加費は1500円(学生500円)です。

興味のある方や参加希望の方の詳しい問い合わせや参加申し込みは
事務局の武藤仁までお願いします。
090-1284-1298(武藤)

市民学習会ニュース34号を欲しい方も同じく武藤までご連絡下さい。









2021年ぼっち花見

コメントありがとうございます。

へぼ釣り師を自認している人間が二桁釣果なんて贅沢を言ってはいけませんよね。
でも水が温む4~5月に期待してしまいます。

桜の季節の今、テレビなどでコロナ禍の花見が話題になっています。

先日岐阜市内のある大きめの用水の堤防沿いの桜並木の近くに車を止め
歩きながら花見をしているカップルを見かけました。
周りには誰もいなくてマスクなども必要なく気持ち良さそうに歩いていました。

テレビなどでは人混みの中をかき分けるように歩く花見が話題になりますが
こういった無名な場所での花見をゆったりと楽しむ姿を見ると
これが花見なんだなとあらためて思いました。

というわけで、
今回は郡上に行くついでに長良川沿いでぼっち花見ドライブをしてきました。

あらためて考えると岐阜市辺りの長良川沿いはあまり桜並木がありません。
強いて言えば護国神社辺りかな?

郡上への途中ではまず関観光ホテル前
関観前

満開でしたが平日という事もあってだれもいません。

美濃のスーパーで弁当を仕入れ北上、美濃の道の駅辺りもきれいでしたが
写真は撮れず。

美並の道の駅から少し上流の左岸側は山の中に桜が点在して
これもなかなか良い雰囲気。
美並道の駅上流

ここから少し行った子宝の湯の対岸(右岸)の桜並木が目に入ったので
車を止め昼食にしました。
子宝の湯対岸

ノンアルビールに398円の弁当ですがこの桜の下で食べるのはうまい!

この場所のすぐ横の用水も並木があります。
子宝の湯対岸用水
(弁当の場所から撮影)

もちろんだれもいないのでマスクなどもまったく必要ありません。

30分ほどのんびりして花見ドライブの続き。

長良川鉄道の深戸駅付近もきれい
深戸駅付近

このまま右岸道路を北上し郡上市入り口付近だと思いますが左岸側に桜並木、
ここの桜の下で弁当を食べたら桜と目の前の長良川で最高だと思います。
郡上入り口付近

そして郡上の家に着いたら我家の桜も満開!
2021吉田の桜

もう20年以上ここに通っていますが3月にここまで咲いたのは初めてです。
例年なら4月半ばなんですがやはり温暖化と関係があるのでしょうかね?

満開で喜んでばかりいられないのかもしれませんね。

帰りの今日31日は時間がなかったので大和町までしか様子を見に行けませんでしたが
大和インターの所にある西河橋から上流の桜並木が圧巻でした。
西河橋上流
川の両岸を上流の釜淵橋付近にかけて桜並木が続きます。

ここではさすがに数人の方が写真を撮っていらっしゃいましたがこの距離で
数人なのでコロナを気にせずゆったりと楽しんでいる様子でした。

少し探せば人が少なくゆったりと花見を楽しめるところはたくさんありますね。








1匹の呪いを解くために高鷲へ

1匹しか獲れない呪縛から逃れるために少し時間をかけた釣行を計画。

朝高鷲に行って釣り、午後から場所移動して夕方釣るという計画。
これなら型はともかく10匹前後は期待できるだろうと考えていた。

でも計画は計画なんですね。
目覚ましを掛けて寝たのにベルがならず起きてカーテンを開けたらすでに
日差しがまぶしく差し込んでいて朝の釣行は断念。

結局、午前は作業をして午後12時頃出発し高鷲に向かった。
高鷲地区に入ると平日だというのに結構釣り人が見える。

切立川との合流点までくると心配したとおり車が3台止めてあって
先行者が何人かいる様子。

1人は郡上谷橋の上流側からルアーの釣り師が帰ってくるのが見えた。
もう1人は切立川を釣り上がっている様子。
郡上谷橋上流21年
(良さそうに見えるが上流で工事をやっていて少し濁っていた)


下流側には7メートルほどの竿を持った餌り師がいた。

郡上谷橋下流21年
(二枚とも釣り師は写っていません)

すでに先行者がいるし真っ昼間なので釣るのを諦める事も考えましたが
1時間も掛けて来たのでとりあえず竿だけ出してみることにした。

郡上谷橋直下で竿を出したのですが何投目かにアタリ。
期待していなかっただけにビックリしたがうまく合わせられました。

その後この周辺で計4匹の釣果。
高鷲のアマゴ

1匹は20センチほどでこれだけキープ
残りの17センチ以下3匹はリリース。

1匹だけの呪縛からは逃れられホッとしたもののもう少し数が欲しいと
移動を決め白鳥方面に下る。

途中本流を覗くとやはり釣り人がポツリポツリと見えるし風が強くなり長竿は
振りにくそう。
高鷲本流の釣り師

それなら短竿で釣れる支流へと目的地を変え、白鳥から牛道川に入った。
阿多岐川との合流点から少し上流へ行ったところでとても良さそうな
所を見つけ竿を出してみることに。

牛道川
絶対に魚がいそうなところでしょ。

ところがどれだけ竿を振ってもまったくアタリ無し。
1時間ほど歩いても1発のアタリも無く無駄足でした。

仕方が無いので軟弱にも以前夕方4匹釣れた経験を頼って栗巣川へ

5時頃から始め、それなりの釣果への期待を膨らませていたが
釣れてくるのはカワムツばかり。

結局この日は日中に高鷲で釣った4匹のみで、
こんなことなら少しでも釣れた高鷲で粘るべきだったという釣り師あるあるの
1日となってしまいました。

でも1匹だけの呪いから開放されただけでも良しとすべきなのでしょうね。







ガサガサでもダメなんて

 コメントありがとうございます。
暖かくなって活性が上がり、爆釣などと贅沢なことは言いませんので
今の1匹のみの不調から脱出できることを願っています。

でも二桁釣ろうと思ったら朝から夕方まで1日やらないとダメですよね。
夕方2~3時間やって二桁なんて虫が良すぎますね。
わかってはいるのですが

ところが、この1匹のみからの脱出の願いも本日無残に打ち壊されました。

ガサガサなら1匹ということはないだろうと、以前カマツカやオイカワの稚魚などが
獲れた長良川本流のワンドにガサガサに行ってきました。

場所は鵜飼大橋の上流です。
ガサガサ場1

すこし流れがあって良さそうに見えたので期待して降りたのですが
魚がまったく見えません。

ガサガサ場2
(上の写真より少し上流側)

テトラの中の流れに隠れていないかと覗き込んだりしたのですが
ここでもまったく魚の姿が見られずガックリ。
本流はガサガサに向いていないことは承知していましたがこれほど獲れないとは・・・・

泳いでいる姿が見えなくても水草の中をガサれば何かが獲れる伊自良川とは
大違いです。

結局40~50分ウロウロして偶然獲れたのがこのヨシノボリ1匹。
1匹のみ

渓流釣りでなくガサガサで1匹なんて自分でも信じられません。

他に本流で良いところがないか探したのですが見当たらず
見つけたのは長良川の土手のつくしの群生
土手のつくし

仕方が無いのでこれの良いものを摘んで帰ってきました。
もちろん夕飯の一品の卵とじとなりました。

それにしても「1匹のみ」の呪いいつ解けるのか・・・



プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる