FC2ブログ

まだまだ川はおもしろい!

当ブログに来ていただいて、コメントまでいただきありがとうございます!

川に関心を持つのが遅くなったからといって全然恥ずかしくなんてないですよ。

私も環境問題として構えてやっているわけでは無く、
釣りやガサガサで遊び、魚を見るのや時には食べるのが好きで、
それができなくなると困るのでやっています。

川を楽しむことが自然に川の変化に関心を持つことに繋がると思いますので
お互いにドンドン釣りを楽しんでいきましょう。

釣っていて長良川流域について良いことや心配なこと、いろんな情報があれば
またコメント下さい。
よろしくお願いします。

さて11月も終わりが近づいてきて、そろそろ川遊びは終了かと
思いながらもつい川を覗きに行ってしまいました。

そしたらこれが大正解。

場所は支流の伊自良川や周辺の用水。

まず用水を覗いたらコンクリート3面張りになっているところに
なにやら魚がいっぱい。
なにやら魚が

これは正体を確かめねばならないと車に積みっぱなしになっている
道具を取り出し釣りの準備。

3.6メートルの竿でタナゴ仕掛け。
えさは黄身練り。(この餌、水さえあればいつでも使えるので便利)

仕掛けを振り込むと、この日は暖かかったこともあってか活性が高く
すぐにアタリ。

それからは入れ食いでした。
たくさん釣れた

この日はヤリタナゴ祭り。
オイカワ、アブラバエ、アブラボテも釣れましたがほとんどがヤリタナゴでした。

ただ、1匹こんなのがいました。
カネヒラか

ヤリタナゴとは違う背びれの長さと鼻先の曲がりをみると
どうやらカネヒラの様子。
岐阜県では国内外来種らしく、ここで釣ったのは初めてです。

2時間ほど釣って正体確認と数に満足して移動。
今度は伊自良川沿いにあるJA近くへ

川を覗くと工事でササ濁りの中,ヒラを打つ魚が見えこれまた確認せねばと
竿を出すと掛かってきたのがこれ。

コウライモロコ

オイカワとモロコ系。
これも常時積んである図鑑岐阜県の魚類をもってきて確認すると
どうやらコウライモロコの大きいもののようでした。

ここではオイカワやコウライモロコなどを10匹ほど釣って満足。

でもここで終われないのが私。

今度はガサガサ。(タモ網も常備しています)
少し移動して浅いところを探し水草周りをガサるといろいろな生き物が
顔を見せてくれました。

ガサガサの結果

ヨシノボリ、カマツカ、タナゴ、オイカワ、5~6センチもあるスジエビ
そして極めつけがこれです。

最大のドンコ

13センチ以上あるドンコ。
最初水草の中で何が動いているのかわからずにおっかなびっくりでしたが
これ、これまでに私が捕った中で最大のドンコです。

この記録で満足しやっと帰路につきました。

寒くなってきたとはいえまだまだ川は面白いですね。
12月に入っても、もう少し魚たちに遊んでもらえそうです。

1日夢中になって川で遊び、帰ったら疲れてグッタリ。
「おまえは小学生の子どもか!」と言われそうなおっさんです。





















スポンサーサイト



長良川産ブルーギルの味は?

 コメントありがとうございます。

私がここで発信することは事実ではありますが、それらをどう見るかは
あくまで私の興味や関心の範囲内というせまい枠の中でのことです。

今回のパネラーの若い今井君と山下君の2人のプレゼンでもわかるように
生れた場所や環境、興味・関心の違いで同じ長良川を見ていても
見るところが違ってきます。

私も話を聞いてみると「そんな方向からの見方があるのだ」と楽しくなります。

ですからどんな些細なことでも良いです。
自分の関心のある身近な事からぜひ発信ください。

このブログでは決して載らない内容になると思いますので
楽しみにしています。
もし発信されたらまたご連絡下さい。

そしてこれがいろんな方に広がれば長良川の環境も良い方向に向かうかと思います。


 さて今回は、前々回に鵜飼観覧船係留場所に外来魚がいると書いたことを
確かめに行ってきたのでその報告です。

場所は長良橋の真下
橋の下の釣り場

ミミズの餌でウキ釣りです。
魚は見えるのでそこに仕掛けを投入すると一発。
1匹目

6~7センチほどの小さなブルーギルです。
その後も入れ食い状態で、魚が見えなくなっても餌を落とすとコンクリートの
割れ目の隙間から次々出てきます。

結局1時間ほどやって20匹以上釣れました。
不思議なのは小さい物がこれだけいるのに20センチ近い大きなものが
いなかったこと。
何年か前にも見ているのでそれらが大きくなっていても不思議では無いのですが
どこへ行ったのでしょうね?

こちらは少し大きめの2匹。
釣れたブルーギル

他にバスやギギも姿は見えたのですが掛かりませんでした。

釣れた魚は特定外来生物で,戻したり生かしたまま移動することができないので
処分と一部を味見してみることに。

この魚は独得の臭いがありますね。
まずは3枚おろし
3枚卸

なにせ小さいので大変。

皮をむき、身だけにすると臭いもなくなりきれいな白身です。
きれいな白身

今回は唐揚げでいただきます。

ブルーギルの唐揚げ

食べてみてもまったくあの独得な臭いもなくなり美味しい魚で
言われないとブルーギルだとわからないと思います。

釣った場所にもよると思いますが釣れたときは皆さんもぜひ試してみて下さい。

ごちそうさまでした。

2020年シンポ参加

 本日開催されたシンポ「よみがえれ長良川2020」に参加してきました。

始めに実行委員会の粕谷代表の挨拶。
開会挨拶

そのあと「変わりゆく長良川の魚と生物多様性」というテーマで
岐阜大学の向井先生の講演です。
向井先生の講演

映像を交え、カマツカやナマズの新種発見の経緯の話や河口堰や内ヶ谷ダムの問題、
河川整備による河川環境の変化の例をあげ、魚だけで無く河川敷に住む
小動物や昆虫への影響の話などを聞いた。

特に河口堰は山地に造るダムよりも生物に与える影響が大きいとのことだった。

他にも外来魚の問題。
国外外来魚だけでなく国内外来魚の問題もあるが今後はコクチバスの長良川への
侵入が大きな問題となるであろうとのことだった。

自然は一度変化してしまうとその後の人々はその変化させた環境を本来の自然と
して受け入れてしまうそうで、それを食い止めるためにも自然への関心を
持ってもらう事が大切とのことだった。

講演の後は休憩を挟んで今回パネラーとして参加してもらった大学生の
若い2人のプレゼンがあった。

まず郡上の大和町出身で東京海洋大学3年生の山下凌君
山下君プレゼン

東京の学生生活での取り組みの様子やコロナで郡上に帰ってきている間の
川での遊びの様子、好きな魚の話などを話してくれました。

次は河口堰のある桑名市長島町出身の今井洸貴君
今井君プレゼン

1998年生れで、生れた時すでに存在していた河口堰近くの長良川で遊び、
釣れる魚の話など現在の河口堰下流の魚の状況を話してくれました。

幼稚園時代には河口堰の見学会があり、素晴らしい施設だと聞かされて
育ってきたそうです。

この後、私もパネラーに加えていただいて長良川の様々な問題や現状について
意見交換をしました。
シンポ

河口堰やダムの問題、外来魚の問題、長良川のアユやサツキマスだけで無く
様々な魚や生き物の現状についていろいろな話題が出ました。

私も釣りなど川遊びをする中で見ている長良川の現在の状況や支流も含めた
流域の生き物の現状についてこのブログで報告していることを中心に
話に加わらせてもらいました。

コロナ禍で席の間隔を開けるなど制限された中で開催されたシンポでしたが
これを機会に参加者の方が少しでも川を覗いていただく機会が増えてくれれば
嬉しいですね。

会場全体

ところで、終了後にもう1つ嬉しいことがありました。
参加された方から「ブログ見させてもらっています」と声を掛けていただきました。

このブログ、日ごろどれくらいの方に見ていただいているのかわからずに書いています。
しかし今回まったく見知らぬ方から声を掛けていただいたことで
書くことが無駄でなかったことが確認でき、これからも続けていくエネルギーを
もらいました。

気温が下がるにつけ川は静かになる季節ですが川遊びの機会を
増やさなくてはいけなくなりそうですね~(笑)










撮れた!

3日~4日にかけ郡上に行ってきた。

到着するとまずカメラを持って川の様子を見に行きました。
すると、いました!
サツキマス。
2020年サツキマス1

サイズは40センチ弱といったところです。

しばらく観察していましたが見えたのは1匹だけでこの周辺をいったりきたり
ウロウロ。
2020サツキマス2
写し方がへたでわかりにくいですが中央の棒のような物が魚です。
反転したり戻ってきたり。

粘ってみたものの結局もう1匹は現われず仕舞いでした。

すでに産卵行動は終わっていたようで写真の川底の石が白くなっているところが
産卵場所のようです。
産卵行動の現場に出会えなかったのは残念ですが、少し川底を整備したところに
来てくれたのは嬉しかったです。

また来年を楽しみにしましょう。

今日5日、買い物に行ったついでに岐阜市内の長良川を覗きに行ってきました。
すると長良橋と金華橋の間にずらりと並んでガリをやっているのが
見えました。
長良橋下流のガリ漁1
産卵のため集まっているアユを10本ぐらい並べた掛け針を流して引っ掛ける
釣りですね。
少し下流でも同じように4人ほどいました。
長良橋下流のガリ漁2

私も昔はやったことがありますが集まっているアユの中に針を流すので
良く掛かります。
見ている間にも何人かの方が釣り上げていました。

オスはサビが出て茶色でガリガリになりますので狙いは抱卵したメスの
子持ちアユですね。

でもここまでくると釣りというより漁と言った方が良いかもしれません。
水温も下がってきて浅いところとはいえ結構冷たい中で重い竿を降り続けなくては
ならず、軟弱な私はやらなくなってしまいました。

この後、鵜飼が終わった観覧船の係留場所を覗きに行きました。

予想通り、ブラックバスがかなりいました。
鵜飼観覧船乗り場のブラックバス

大きい物で20センチ弱ぐらいで多くは10センチ~15センチぐらいの物が
多かったです。

他にはブルーギルの稚魚がチラホラと護岸のコンクリートの隙間に
ギギが何匹か見えました。

まさに外来魚天国ですね。

ブラックバスは以前釣ったことがありますが時間を見つけて
あらためて釣りに来てみるつもりです。

15日のシンポのテーマにピッタリな長良川の一面です。











まだまだ元気なアブラボテ達

前回からまだ郡上に行けておらずサツキマスの産卵の確認ができず
落ち着かない日々です。
また行けたら報告します。

さて、31日には市民学習会ニュース33号の発送作業がありましたので
お手伝いに行ってきました。

33号発送作業

名古屋からの助けも有り8人での作業でした。

33号の表紙です。
33号

河口堰閉鎖25年特集第2弾ですが、それに加え九州の球磨川の水害について
京都大学名誉教授の今本先生の考察が書かれています。

他には愛知県の県民講座「長良川河口堰と生物多様性」の報告もあります。

もちろん以前ここでもお知らせした11月15日のシンポのチラシも同封。
11月15日チラシ

ところで、この国会で岐阜選出の野田聖子議員が河口堰は水害防止に
役立っているというようなことを言ったそうです。

岐阜の国会議員でもこの程度の認識なんですね。
残念です。

大水の時に河口堰がどうなっているのかご存知なんでしょうか?
全開しているのです。
閉めていたらそれこそ水害になるのですから。

大水のときの河口堰は水の流れを阻害する障害物でしかないのです。

そんな河口堰が生物にどれだけ大きな影響を与えているのかを
考えるのが11月15日のシンポです。
ぜひ覗いてみて下さい。

その生き物についてですが、今日11月1日午後から時間ができたので
長良川の支流である武儀川と伊自良川の支流を覗いてきました。

武儀川の支流は一応名前はあるようですが川というより農業用水といった感じ
で、川幅は2mほどで水面の幅は1m前後といったところです。

魚はたくさん見え、黄身練りの餌で釣るとカワムツを中心に
オイカワやアブラボテが掛かってくれました。

3種類の魚たち

30分ほど釣って写真に収め次へ移動。

こちらは伊自良川へ合流する川ですがこちらも基本は農業用水。
覗いてみたら護岸の杭に沿ってなにやら魚がたくさん見えます。
川の中の魚

アブラボテではないかと思いましたが、確認のため竿だし。
こちらも餌を流せば入れ食い状態。
やはりアブラボテでした。

というよりは他の魚は一切掛からずすべてアブラボテ。
アブラボテばかり

ヤリタナゴも期待したのですがね。

でもこれだけ寒くなってきて、魚は少なくなっているのにまだまだ元気なアブラボテの姿が
見られてなんだかホッとした気分で帰ってきました。

この魚たちももう少ししたら越冬でどこかに隠れるのでしょうね。



プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる