FC2ブログ

風物詩と流行

20日に少し時間があったので岐阜市内の長良川の様子を覗きに行ってきた。

下流から上流に向けて車を走らせるつもりでまず忠節橋に向かう。

長良川は台風通過のときの雨で少し増水していました。

でも釣りが好きな人はいます。

忠節橋下流では2人の方がガリ(コロガシ釣り)で竿を振っていました。
この釣りは秋の風物詩で、これからますます盛んになり11月頃まで続きます。

忠節橋下流のガリ
(上流の方は小さくて見にくいかも)

この釣り方は私も若い頃良くやりました。
ガリ専用の堅い竿に太いテグスを結び、竿尻から少し上の所に直径15ミリ前後の
オモリを付けその下にアユを引っかけるためのカラバリを15センチ間隔ぐらいで
10本ほどぶら下げます。

その仕掛けを自分の正面に振り込み、オモリが玉石の上を転がるように流し、
針を回転させることで泳いでいるアユを引っかける釣りです。

この釣りはアユが産卵のために川を下ってきて集まった所でやる釣りで
時期的にはまだ早いもののこの時期はまだきれいなアユが釣れるので
楽しまれているようです。

少し上流の金華橋から長良橋にかけても何人か見ることができました。
長良橋下流のガリ
写真は長良橋下流でここは毎年産卵でアユが集まるところです。

ここでは釣りの方以外にも今流行のサップを楽しんでいる方がたくさん。
長良橋のサップ

中には長良橋の下の瀬を下っていくサップも。
長良橋下を通過中

この下の瀬が先ほどのガリの場所で、針に引っかけられないか心配に
なりますね。(この日は増水して川幅が広かったので大丈夫だとは思いますが)

この後さらに上流へ車を走らせ藍川橋まで行くとここでも5~6人のガリの方が
いました。
藍川橋上流のガリ

川の中に1日入り重いガリ用の竿を振り続ける熱意。
すごいですね~

今年のアユ釣りは終了予定と考えている私とはえらく違います。

スポンサーサイト



武儀川沿いのタナゴ

絶不調のアユ釣りを他で穴埋めするために赤虫を持って手近な所をウロウロ。

武儀川下流沿いに細い河川があったので川を見ながら車を走らせていたら
田んぼの水が流れ込むところに魚がたくさん入るのを発見。

流れ込み

この写真ではわかりませんが底のほうに立派なカマツカが5~6匹と
中層には無数の魚が泳いでいます。(黒い部分の多くは魚)

釣り師としてこれは何の魚か確かめないわけにはいかないので2.4メートルの
竿を出して準備。

最初に掛かったのがカワムツ。
これはどこにでもいるので納得。

次にオイカワ。
これも同じく納得。

その後しばらくオイカワで遊んでいたら次に飛び出したのがヤリタナゴ。
これにはビックリ。

なにせ武儀川に流れ込む小河川でヤリタナゴを釣ったのは初めてのこと。

俄然竿を持つ手に力が入り、竿を振り続けるとポツリポツリと掛かってくれます。

タナゴなど

ヤリタナゴはこれまでほとんどが伊自良川沿いの小河川や用水だったので
他の水系で見つかりほっとしました。

釣果は2時間ほどやってこれくらい。
9月釣果

8割位がカワムツとオイカワで残りの2割がタモロコとヤリタナゴといった状況でした。

このほかにも数匹リリースしたものがいますが、2時間でこれだけの釣果があれば
楽しめますね。

アユもなあ~
2時間でこれくらい釣れてくれないですかね~







へぼ釣り師の本領発揮

また雨の日が多く川に行けない日が続いています。
今年は川の中に入って観察する機会がほとんど持てていません。
このまま涼しくなったら困るな~

通常、畑仕事の合間をぬって釣りをするのでアユ釣りの道具は郡上の家に
置いたままにしてあります。
でもこれではアユ釣りに行く機会がほとんど無くなると思い、今は車に積むようにしています。

せっかく積んであるのだからと、少し前に目的をアユ釣りだけに絞って釣行してきました。
場所は郡上の鑑札の範囲で岐阜に近いところということで探しました。

この日は平日なのに人が入っていて、粥川との合流点近くまでいきましたが
のんびりと出かけて行った私が入り易い所はなかなか見つからず、
結局子宝温泉の少し上流が空いていて階段もあり川にも降りやすそうだったので決定。

年を重ねるとアユの道具を担いで川まで行くのが大変なんで、できるだけ楽な釣り場が
第一の条件となります。

ここのすぐ上の農道に車を止め降りればこの釣り場
この日の釣り場1
この瀬肩から瀬の中を狙いました。

まず手前のトロ場にオトリを出すといきなりアタリ。
釣れたのがこれ
いきなり1匹
17センチほどで長雨で餌の苔が食べられていないのか痩せています。

その後この付近で2匹追加、調子がいいな~とニヤニヤしていたら
3匹釣ったところでピタリと止まってしまいました。

それからはオトリを取っ替え引っ返してあちこち探るもののまったくアタリなし。

少し上流へも移動。
この日の釣り場2
この写真の最上流部まで行ったりしてのですがダメ

みんな釣れていないのかと休憩して200メートルほど上流にいた人の様子を見ていると
ポツリポツリと掛けています。

それを見て粘り、なんとかこの上流部で1匹追加できたものの後が続かず終了。

結果はこの4匹
この日の4匹
14センチほどから20センチほどまでいましたが一番大きい物以外は
痩せていました。

午後12時から4時頃までやって4匹というトホホの結果で
あらためてへぼ釣り師を自覚させられることになりました。

キビシイー!!



増水が収まった長良川を見に行く

コメントありがとうございます。
これまで4回ほどアユ釣りをしましたがすべて我家の畑下です。
釣果は釣った時間の割に良いと思いますがこれでは年券でなく日釣り券を買った方が
良い状態なので9月に頑張って本流などに出かけたいと思っています。

カネヒラは湖産アユの放流に混ざって入ってきたというのが一般的なようですが
不思議なことに私は伊自良川水系でしか見たことがありません。
私の釣り調査不足なのかわかりませんが、長良本流や津保川水系・武儀川水系の
用水にいても良いのですが見たことがないです。
産卵のための淡水貝の生息状況も関係しているのでしょうかね?

逆にギギは明らかに湖産アユと入ってきたようで岐阜市内から関・美濃の本流でも
良く釣れますし武儀川で見たこともあります。
またカネヒラ調査しないといけませんね~

 さて2週間近く続いた雨が止まったら今度は猛暑日の連続。

土・日と郡上に行ったがあまりの暑さに最低限の草刈りと畑の管理だけで終えて
先ほどの長良本流でのアユ釣りの偵察で川の様子を見に行ってきた。

吉田川はまだ水が高めで苔が流れて白川の状態。
我家の下にも釣り師が入っていたが釣れないようでウロウロと移動していた。

まず我家から少し下流の吉田川の大田内橋から覗いてみた。
上流側
大田内橋上流

下流側
大田内下流

水はきれいで青く見えます。
しばらく見ていましたがここでは掛ける様子が見られませんでした。

吉田川はまだ少し早いので本流へ。

大和町まで行くと増水が収まって初めての土・日ということもあってすごい人出。
ここは和合橋下流側
和合橋下流
上流側も釣り師が並んでいました。

石の状態を見ると苔の状態も良さそうに見えます。
石の状態

ここでは何人かの方が掛ける場面を見かけました。
その中のお一人。
ナイスキャッチですね。
ナイスキャッチ

でも人の数から考えたらやはり釣れる数は少ない印象でした。

魚がいないのかと橋の真ん中で川を覗くと遅い遡上アユでしょうか?
まだ放流サイズ程度の12~13センチほどの魚が群れになって泳いでいるのが
見えました。

遡上が遅れるようになって、上流でも10月いっぱい位まで友釣りがやれるように
なったのでこれからなんでしょうか?

この後途中でこんなものを見ながら上流へ
郡上ラボの恐竜
郡上ラボの恐竜です。

白鳥町の赤瀬橋辺りまでは人が多かったですが、そこからは少しずつ人が減って
いきました。

長滝迄の中間に吊り橋があります。
吊り橋
ここでも橋の上から覗いてみました。

ここは明らかに人が少ないですね。
吊り橋下流

ここから少し上流で川から上がってきた人がいたので聞いてみましたが
「ダメだね~。 7~8匹だね」と教えてくれました。
話を聞いたのは午後2時半頃でしたが朝からやってこの時間でこの数だと
1時間に1匹ほど。
この暑さの中これではきついですね。

ここから少し上流は人が入っていませんでした。
良さそうに見えるのですがここまで人が入っていないとなるとダメなんでしょうね。
白鳥と長滝の中間

その後もう1人の方にも聞いてみましたがやはりダメとのこと。

結局 長滝の道の駅まで足を伸ばしました。
ここは川に入りやすくて賑わう所なんですがやはり人は少ない。

しばらく見ていました掛ける方はいませんでした。
長滝前

川の石の状態はどこも良さそうに見えるのですが、ここまで人が少なく
釣り人に聞いてもダメとの声が聞こえるということは魚が少ないのですかね?

9月になれば復活してくれるのを期待したいですね。






雨の止み間のタナゴ釣り

コロナの爆発的な感染拡大で岐阜県も緊急事態宣言を要請する事態になりました。
この事態はワクチン接種が拡がれば落ち着くのでしょうか?
先が見えなくなってしまいましたね。

岐阜市の環境保全課のHPをチェックしていたらコロナの感染拡大で17日付で
27日に予定していた令和3年度の第2回自然環境保全推進委員会も
開催方法が変更になったと載りました。

委員が集まっての会議ではなく書面会議となったそうです。
つまり傍聴もなくなり、要請するまで開催時期も結果もなにも知らせていなかった
第1回目と同じになりました。

意見は言えない傍聴だけの会議でしたが行く予定にしていただけに残念です。
また結果をHPに載せるように要請し内容をしっかりとチェックしたいと思います。

8月11日に更新したときは渇水だったのですが次の日から雨続きで
長良川も洪水などの被害はなくて幸いでしたが増水の日々

やっと26日頃から安定したお天気が戻ってきそうです。
ただ、お天気が良くなると今度は猛暑日がぶり返しそう。

そんな雨が続いていた10日ほどですが、日中止み間が全く無く降り続けた訳では
ないので止み間を狙って小物釣りに行ってきました。

場所は山県市の川?用水?
餌は赤虫
赤虫
赤虫はユスリカの幼虫で写真の中の長さ1センチほどの赤い虫です。

この虫は魚たちが大好きで良く釣れますし練り餌などより餌持ちも良いので
重宝します。

220円と安くて一日遊べ、余ったら家で飼っている魚へのお土産にもなります。

4ヶ所ほど魚を探して歩きました。
昨年カネヒラが釣れた用水と新子のフナがたくさん釣れた用水の2ヶ所は
どうしたのか魚影が全く無し。
あと1ヶ所はアブラボテが見えましたが、それ以上にオイカワが多すぎて
釣れてくるのがオイカワばかりなので諦めてこの場所へ

ここでの実釣時間は1時間半ほどで、これだけ釣れました。

21年8月釣果

ここはいろいろな魚が釣れて本当に楽しいところです。

きれいな色が出ていたカネヒラ
美しいカネヒラ

国内外来種というのが少し残念ではあるけれどとにかく美しい。
釣り上げたとき思わず「きれい!!」と声を上げてしまいました。
写真でも充分美しいですが、釣り上げたばかりの魚体はより美しいです。

ほかにもヤリタナゴ
この日のヤリタナゴ
この魚も婚姻色が出るときれいです。

このほかはアブラバエ、タモロコ、フナ、カワムツ。

タナゴ以外の魚種

この写真の魚以外にアブラボテもいました。

この用水が最終的には長良川に繋がっているのです。
長良川水系、やりますね~









プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる