FC2ブログ

疑問だらけ

11月9日に郡上在住のある方から電話をもらった。

11月4日のNHKのさわやか自然百景「長良川・夏」を見たかとのこと。

ちょうどこの日は前回のブログに載せたように愛知県民見学会の日。
お手伝いに行っていて見ることはできなかった。

そのように返事をすると「番組のナレーションで『長良川にはダムがなくさまざまな生き物が自由に行き来します』と
言っていたおかしくないかとのことだった。

見ていなかった私には電話口でその音声を聞かせてくれた。

その後NHK岐阜に問い合わせてみたあと再度電話をくれて
NHKは行政などに聞き制作し、河口堰はダムではなくあくまで堰との理解と
とりあえずの返事をもらったと教えてくれた。

NHKは長良川の素晴らしさを紹介する番組を制作したかったのであろうが
これまでの河口堰問題の経過や現在の問題点など知っているはずである。

サツキマスの壊滅的な減少は?
シラスウナギの遡上はあった?
鮎だって受精卵を河口堰まで人の手で運んでいるし、
漁獲量が少なくなって魚苗センターも拡充しなければならなくなった。
「自由に行き来している」はないのでは?

正確な情報を伝えて欲しい。

魚苗センター拡充については岐阜新聞WEBの記事でも
同じようなことがあった。

岐阜新聞WEB記事
ちょっと不鮮明ですが興味のある方は「岐阜県魚苗センター拡充」で検索してもらえば
出てきますので見てください。

この中に長良川河口堰の魚道で捕った鮎を育て採卵し飼育放流するという方式をとったと
ある。その理由の1つとして冷水病に感染しやすい琵琶湖産に依存していたので1990年代に
漁獲量の減少を招いたとある。

いかにも琵琶湖産鮎の放流が原因のように書かれているが
同じセンター拡充ついての読売新聞のWEB記事によれば1992年がピークでそこから減っていると書かれていた。
1993年から減り始めた訳だ。
1993年といえば1995年運用開始の河口堰の本格的な建設工事の時期と一致する。
つまり河口堰建設の影響が一番大きいと考えるのが普通ではないか。

この記事は岐阜県など河口堰の負の部分に触れたくない方面からの発表だけをもとに
書かれたのでこのような内容になったのではないか。
琵琶湖産鮎も結構なとばっちり?

それにしても書いた記者さん何も疑問持たなかったのかな~。
それともわかっていて・・・・・
なんかいろんなところで報道などのこんなところが目に付くこの頃です。


スポンサーサイト

河口堰愛知県民見学会

11月4日は愛知県主催の「河口堰愛知県民見学会」が実施された。
愛知県民を対象に40人の参加者を募集したところすぐに定員が埋まったとのこと。

内容はいつもの環境調査のように揖斐川と長良川で採泥し比較観察。
鮎孵化場、愛知県と三重県の取水口など水源の見学後、
上流へ移動し船頭平閘門と長良川用水新大江揚水機場について学ぶもの。

今回はその採泥調査だけお手伝いに行ってきた。
名古屋を出たバスが赤須賀漁港に到着。
早速40人が2艘の見学船に乗船。
2艘に乗船
採泥する河口から4キロ地点まで移動。
測定現場へ

揖斐川と長良川で採泥し比較して見てもらいました。
下の写真は長良川河口堰下流部の泥です。
2層化
今年は台風などで河口堰を全面開放することが多かったので砂が流れてきて
ヘドロの上に溜り2層化していました。

表面は砂があったが下のヘドロに酸化還元電位計をいれるといつも通り
値はマイナス。
11月4日の長良川
揖斐川はきれいな砂で、値はプラス。

その違いのメカニズムを粕谷先生が解説すると皆さん真剣に聞いていました。
解説中の粕谷先生

その中でも「この何層にも溜まった泥を調査すれば福島原発の放射性物質が
出てきますよ」という内容を話された時にはビックリされている方がいました。

でも大雨で河口堰を開放すると砂が流れて堆積するということは河口堰を開門すれば
環境が結構早く戻るということの証明では無いでしょうかね。
こうしたことを確認する意味でも開門調査してみてほしいものですね。

この後見学者の方々は閘門を通って河口堰上流へ移動。

私たち採泥調査担当組3名はここで役目を終了し赤須賀へ帰港しましたが
この日は貝の競り市が行われる日で港では漁師さんが水揚げや選別などで
忙しそうでした。
桑名港の水揚げ

時間があったので帰る前に競り市を覗いて見ました。
貝の競り市

見ていると下の網の茶色の物はハマグリですが上の網の物は見慣れない貝。
この貝は?

近くにいた方に聞いてもよくわからず帰ってから調べてみるとどうやら
これがホンビノス貝らしい。(私はもっと白いイメージを持っていた)

今回の採泥船の船頭をしてくれた大阪渡船さんの奥さんもシジミが全くとれず木曽川の
23号線の橋の辺りまで出かけているがそれでもだめで漁師さんが困っていて
ホンビノス貝なども捕っていると話されていました。

私自身も初めて現物を見たのでわからずシジミのでかいやつかと思ったのですが
どうやらこれだったのですね。
外来種の貝ではあるけれど味は結構美味しいらしい。
こんど機会があったら食べてみたいと思います。

それにしても木曽3川すべてのシジミがダメになっていくとはどのようなメカニズム
なんでしょうか?
河口堰の影響も含めしっかりとした調査研究をしないと河口部だけでなく
伊勢湾全体がダメになってしまうのではないかと心配になります。





カマツカが仲間入り

久しぶりに長良川などをガサってきた。

最初はいつもの岐阜市内の鵜飼大橋上流。

ワンドの中をガサると小魚がたくさんタモに入ってきます。
秋の魚たち
オイカワの稚魚?、アブラバエ、ヨシノボリ、スジエビなど。
10センチほどのナマズも捕れましたが、病気にかかっていてカビが生えたように
なっていたので即放流。

しばらく探ってみても魚の種類が増えないので移動。

あちこち探し歩いて着いたところが、これまた行きつけの武儀川下流部。
ここはテトラが入っていて隠れるところがあるためかいろんな魚が見えます。

オイカワ、カワムツ、アブラバエ、スジエビ、そしてドンコも見えました。
でもテトラが邪魔してガサガサで捕るのは難しい場所。


そんな中運良く捕れたのが、私が子どもの頃からスナクジと呼んでいるカマツカ。
武儀川のカマツカ

7センチ弱の稚魚です。
これは我が家の水槽の魚たちの仲間にいれなければと持ち帰ってきました。

タナゴは気が荒いそうなので避け、鮒やシマドジョウのいる水槽へ入ってもらいました。
仲間入り

うまく育ってくれるかな?

ほんとはオイカワやカワムツ、ウグイなども飼ってみたいのですが
水槽をもっと大きくするか増設する必要があるので今回は見送りました。

でも小さな水槽ですが魚が元気に泳いでいるのを見ていると結構癒やされますね。
タナゴなんて朝になると餌をもらえるのがわかって集まってきます。









頑張る鮎釣り師

先日奥飛騨に行ってきたが、宿に「カメムシが出たらこれで捕ってください」と
書いてあり横に布ガムテープが置いてあった。

もうカメムシが出るのかと思っていたら、郡上でも最低気温が一桁になる日が出て
カメムシの時期に入った。

2018カメムシ
今回行ったら1泊2日で30匹ほど捕まえることになった。
カメムシは臭いがひどくて大変だが、我が家では秋の便りの一つ。

そんな秋を感じさせるもう1つのことが、長良川での瀬張り網漁である。
(白いビニールにビックリして止まるのを網で捕まえる漁)
瀬張り網漁鵜飼大橋上流
この写真は岐阜市の鵜飼大橋上流での漁であるが、この漁は鮎が産卵のために
下る時期に上流の郡上から岐阜市まであちらこちらでやられている。


ところで私の今年の鮎釣りは、台風やら大雨で8月いっぱいで終わってしまった。
しかし昨日この時期にまだ頑張っている人がいて、見ていたら掛けたので
思わず撮影した。
津保川桜橋
ここは長良川の支流の津保川で、長良川との合流点から少し上流へ行った
桜橋の下。

仲間なのでしょうか、近くに3人いました。

水温も下がってウエットを着ても結構冷たいと思うのですが元気ですね。
軟弱釣り師自認の私ではとてもついて行けません。

アマゴも終了、鮎も終了。
でも雑魚釣りは12月までOK
さて次は何を釣るかな?


徳山ダム導水路ツアーと台風25号

6日に徳山ダム運用10年という節目で開催された「よみがえれ長良川実行委員会」主催の
徳山ダムと導水路計画コースを見学するツアーに参加してきた。

この日は台風25号が日本海を通過していく中で雨が降ったが決行された。

集合はJR岐阜駅。
集合

雨にも関わらず熱心で定員いっぱいの参加者だった。

最初は徳山ダム近くの水と森の学習館へ
行く途中のバスの中では主催者の挨拶やら参加者の紹介などしながら目的地へ

ここは徳山ダムについて15分ほどの映像で学びます。
治水面や利水面などで大きな役割を果たしていることを紹介。
もちろん、ダム問題について関心が薄い一般の方が見たらそうなのかと納得する内容です。

聞いていたらしっかりと水を使っているような話でしたが、全く使っていないから
導水路を作りたいはずなんですが・・・・・

学習館

この後ダム本体へ向い、現場で話を聞いたり、横にある資料館のようなところを見学。
徳山ダム1

初めて見ましたが近くでみるとさすがにでかいですね。

ダムサイトでのレクチャー
徳山ダム2
このときは台風の風雨が一番強いときで話を聞くのも一苦労。
ダムの上の散策はできませんでした。

ダムサイトの資料館
徳山ダム3

ここでは近年の雨の降り方とダムの操作の説明など。
聞いているとこのダムで操作しているから安全が保たれているような話になっていくのが
不思議。

このあとはのダム湖の途中にある徳山会館へ行きここで昼食。

食事をとったり、物資の販売をしたり。
徳山会館1

ここはダムで沈んだ徳山村の記念館ようなところでたくさんの写真で旧徳山村の
自然や生活の様子が紹介してあります。

徳山会館2

こちらは消える徳山村の写真を撮り続けた増山たづこさんのパネル
徳山会館3

「ダムができるということはこういうことなんだな」ということがよくわかる所です。
石木ダム建設で長崎県の川原(こうばる)地区の方達が作らせないと闘っているのも
「村や生活を消したくない」これなんだなというのがよくわかります。

昼食後は導水路の取水口が予定されている西平ダム湖へ
西平
この日は雨が強く降り濁っていました。
写真の中央付近に塔がありますがこのあたりに取水口が計画されています。

毎月一回撮影したこの橋の上から水を採取して水質調査をし長良川と比較しています。
その様子はバスの中で報告。
水質調査解説


ここからトンネルで途中の根尾川や伊自良川などの下をくぐり長良川へ持って行き
最終的には木曽川までつなぐ計画になっています。

バスはここからトンネル予定地の上をできるだけなぞるように道路を走りながら
長良川の放水口が予定されている千鳥橋まできて「導水路を建設させないぞ!」と
声をあげ記念撮影。
千鳥橋

日本海を通過する台風で雨と風が強い中なんとか無事に全行程を終了。
皆さんお疲れさまでした。

本当ならこのあと鵜飼観覧船で交流会となるはずでしたが残念!
またの機会ですね。







プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる