fc2ブログ

生物多様性シンポその後

 2月1日の長良川中央漁協管内でアマゴ釣りが解禁になり、
今度の11日土曜日には郡上漁協管内の渓流が解禁になります。

ただ私自身は今、前回の生物多様性シンポの流れから淡水の二枚貝に
興味が向いていて釣りへの盛り上がりが薄め。

昨年は中央の解禁の時には成魚放流地点を回ったのですが、
今年は貝探しで行けていません。

以前、解禁までに高鷲方面まで工事がないか様子を見に行けたらと
書きましたがこちらもどうやら無理のようです。
ご勘弁ください。

ただ郡上の解禁日後できるだけ早く竿を出してみたいと思っています。
また報告します。

 さてその淡水の貝についてですが、シンポのあと川瀬先生から
たくさんの研究報告書や資料をいただきました。
全部で20冊以上ありました。

IMGP0544.jpg
(その一部です)

その中にこの冊子がありました。
「名古屋市の淡水貝類」
img030.jpg

中には二枚貝の写真がありました。
img032.jpg

・23イシガイ  ・24オバエボシガイ  ・25マツガサガイ  ・26トンガリササノハガイ
・27カタハガイ  ・28タガイ  ・29ヌマガイ  ・30マシジミ  ・31タイワンシジミ 
・33ウエジマメシジミ  ・34ドブシジミ

読むとこの写真の中のシジミ類を覗くすべての二枚貝が
かつては生息した記録があるものの、現在は「絶滅と記すべき」と
ありました。

実は今週、以前生息を確認したマツカサガイを再び確認しに
関市へ行ってきました。

市街から少し離れた田園地帯ですが、以前より減っていた印象だったものの
確認できましたし、他の場所でもあらたにイシガイとマツカサガイが
見つかりました。
IMGP0540.jpg

イシガイのサイズ
IMGP0538.jpg
稚貝もあり世代が繋がっているのがわかりました。

でも開発や田んぼの整備などで真っ先に影響を受けるのが
こうした淡水の二枚貝です。

新たに見つかるのは嬉しいのですが、長良川流域でも減ってきているのも
事実で、多くが岐阜市のレッドデータに記載されています。

今、岐阜では山県市から岐阜市北部を通り本巣市にかけて中部縦貫道が
建設中ですが、あの周辺も二枚貝が見られるところです。

貝達が影響を受けるのは間違い無いです。

二枚貝がいなくなれば当然タナゴもいなくなります。

将来、名古屋市のように「絶滅と記すべき」とならなければ
良いですが、心配です。

開発と生物多様性の維持、あらためて難しさを感じます。












スポンサーサイト



岐阜市生物多様性シンポ

 1月29日(日)の午後、メディアコスモスのかんがえるスタジオで
開催された第2回岐阜市生物多様性シンポジウムに参加してきました。

IMGP0517.jpg

テーマは「たくさんの生きものに出会える場所」

一人目の肥後睦輝さん(岐阜教授教授)は岐阜市の東部にあたる
大洞地区の里山のお話。
IMGP0522.jpg

植生が中心のお話でした。

二人目は近藤慎一さん(岐阜県植物研究会)の金華山と
麓にある達目洞の自然の紹介。
IMGP0524.jpg
この地区に生息する動物や植物など生物全般の紹介でした。

三人目が、今回私が参加した目的でもある
川瀬基弘さん(愛知みずほ大学准教授)の貝のお話。

川瀬先生は「岐阜市に生息する淡水産貝類」をまとめた一人の方で
お名前だけは知っていましたがお話を聞くのは今回が初めて。
IMGP0534.jpg

内容は岐阜市北東部の三輪地区に住む陸貝のお話が中心でしたが、
もちろん淡水の貝のお話もありました。

IMGP0530.jpg

貝のもつ水質浄化能力や自然界での役割。
IMGP0533.jpg

2枚貝とある魚がお互いに依存しあって生きていて
どちらかが欠ければその両方が生存できなくなってしまうことなど
興味深く聞かせてもらいました。

会場にはたくさんの貝の標本も展示してあり
私が瑞穂市で見つけた貝の1つがオバエボシガイである事が
判明しました。
IMGP0526.jpg
(今回の標本)

休憩時間には平田町のドブ貝についての質問もして
ドブ貝という名称はヌマガイやタガイの総称のようなもので
私が採取したものはミナミタガイだということもわかりました。

その後、私が趣味で長良川流域の淡水の貝を探し歩いていることを話すと
まだ調査したところでなければ調査したいので場所を教えて欲しいということで
名刺をいただき連絡をとらせてもらっています。

シンポへの参加が発展して、私のただの趣味が専門家の方の
研究に役に立つことがあるかもしれないかと思うと
何だかワクワクしています。

調査して何かわかれば連絡いただけるということなので
またここで紹介できればと思っています。

なお今回、ここではこのシンポの内容を細かく紹介できませんが、
後日岐阜市から配信されるそうなので興味のある方は
岐阜市のホームページをこまめにチェックしてみて下さい。










久しぶりの貝

 寒いですね~
岐阜市の雪はうっすら白くなった程度ですが、道路は凍結しています。

皆さんの所の雪はいかがでしょうか?
これだけ寒いとなかなか釣りというわけにはいきませんね。

寒くなる少し前の暖かい日に何か釣れないかと
長良川に沿って南下してみました。

でも魚がいそうな所は見当たらず、海津市まで来ると
水が流れている用水を見つけ、覗くとやシジミや
なにやら大きめの貝殻が目に入りました。

DSCN3691.jpg

これはガサってみなければと常備している装備で用意し
水の中へ

草刈り用の小型の熊手で底の泥を掘り返していると
出てきました。

5センチ弱のイシガイです。
DSCN3689.jpg

これまで岐阜市より南でシジミとドブ貝以外の貝を見つけたことが
なかったので嬉しくなって掘り進めました。

でも次がなかなか見つかりません。

苦労してやっと見つけたのがこれ。
DSCN3688 (2)

同じイシガイの稚貝です。
サイズは2センチ弱。

世代が繋がっているんですね。
嬉しいです。

これでますます力が入り45分ほど作業をしたでしょうか?

途中、通り掛かった女性の方に
「何してるの?」と声をかけられ、
「貝の調査です」と答え貝とカメラを見せて
納得してもらう場面もありました。

当然ですよね(笑)
変なオジサンがこの時期に用水に入って
ガサガサやっているのですから。

そして最終的に見つけられたのがこれだけでした。
DSCN3694.jpg

稚貝3個を含め8個のイシガイ。

シジミは少し掘ればたくさんあります。
とりあえず3個だけ
DSCN3695.jpg

ドブ貝の殻もあったので探したのですが
生体は見つかりませんでした。

でも久しぶりに新しい場所でシジミ以外の貝を、
それも岐阜市より南で見つけることができたので
帰りの足取りは軽かったです。

もっと南にもいるのかな?

また機会があれば用水を掘り返してみます。











ここからが今年の始まり

 前回の完全ボウズがどうしても納得できないこの私。

残っていた赤虫とミミズの餌を持って長良中央管内を
覗きに行ってきた。

最初は美濃市の冬だけ開かれる月見ヶ原管理釣り場辺り。

まだアマゴが解禁になっていないので
管理釣り場は大賑わいでした。
DSCN3668.jpg
写真右に写る沈下橋の下流は流れがゆっくりで
橋から覗くとカワムツやオイカワらしき魚が結構見えます。

良いポイントなので竿を出してみたいと思いましたが、
この日は車と人が多すぎてちょっと竿を出しづらい雰囲気。

ここは諦め移動することに。

ここがダメなら、以前冬に紹介したこともある
少し下流で長良川に流れ込む用水(川?)を覗こうと
車を走らせました。

場所はこんな所。
DSCN3673_20230117220053a5a.jpg

用水にしては幅がありますが、川の名前を書いた物も
見当たらず、とりあえず用水ということにしておきます。

覗くとこの寒さの中ですがたくさんの小魚が見えます。

さっそく4.5メートルの竿のタナゴ仕掛けに
赤虫の餌で開始。

竿を出してすぐにオイカワが一匹釣れ好調な滑り出し。

ところが後が続きません。
餌をミミズに変えてもダメ。

最後は、ダメ元で釣り具と一緒に常備している
黄身練りの餌を引っ張り出して釣り開始。

幸運にもこれがピタリとはまり、オイカワとカワムツが
ポツポツ掛かり始めてくれました。

こりゃ面白くなってきたなと思った時
目に入ったのがこれ。
DSCN3672_202301172200519af.jpg
川底で何かうねうねと動く物が。

ウナギです。

それも60~70センチほども有り、太さも直径5センチ前後は
あると思われる大物でした。

慌ててカメラを構えたのですが、頭は用水の壁と底の
隙間に入られ写せませんでした。

ここに直接の放流は考えられないので、
長良川から入ってきたのでしょうか?

これだけ大きいということは、
ここで長生きしてきたのでしょうね。

そんなドタバタの中でしたが釣りは好調。
オイカワとカワムツがこれだけ釣れました。
DSCN3677_202301172200565b4.jpg

この寒さの中でこれだけ釣れてくれれば納得ですね。

この結果に、前回のボウズは見なかったことにして
ここからが私の今年の釣りの始まりという
ことに勝手に頭の中で変換(笑)

今年は釣りが好調かも~!!!

でもやっぱり冬場は支流が本命ですね。



2023年はボウズから始まった

 暖かい日になったので釣りに行ってみた。
場所は決めていなくて、長良本流の下流部をめざした。

ミミズと赤虫の餌を買い、長良川の右岸堤防道路を南下。

どこか釣りができそうな所を探しながら走るのだが、
堤防から川側に降りるところはすべてチェーンの車止め
があり降りることができない。

木曽三川公園の駐車場に入ってみたが、釣り禁止の看板が
有りダメ。
結局長良川と木曽川を繋ぐ船頭平閘門の長良川左岸で
竿を出すことにした。
DSCN3665.jpg

ここはバスやブルーギル、ヘラブナで有名な場所で
ミミズでやればブルーギルくらいは掛かるだろうと
安易に考え4.5メートルの竿で開始。

DSCN3664.jpg

ところが、全くウキに変化がでず、
30分ほどこの状態のまま。

その後、近くをあちこち移動して竿を出してみたが
どこでやっても全く反応なしでした。

結局1時間ほどいて退散。

帰りに、以前タイリクバラタナゴとフナが捕れた用水にも
寄って赤虫で竿を出したがこちらも反応なし。

今回は本当に完全ボウズ
写真もただの風景写真2枚となってしまいました。

なんとも情けない更新となってしまいました。

初めての釣りがこれだと、何だかこの1年を
占っているようで、2月の郡上のアマゴ解禁がこわい~




プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる