FC2ブログ

愛知県河口堰最適運用委員会県民講座に参加

本日開催された愛知県河口堰最適運用委員会県民講座に参加してきました。
内容は以下の通り
県民講座チラシ

オランダのハーリングフリート河口堰開門の報告と
韓国の洛東江(ナクトンガン)河口堰開放に向けた取り組みの報告

始めにオランダから
オランダの報告
1953年2月の北海大高潮でデルタ地帯で甚大な被害が出てその対策として
河口を締め切り、これによって淡水化した水を飲料や農業用水として使う
デルタ計画ができた。

ところがこれにより鮭などの遡上障害、環境の悪化、河岸浸食、ヘドロの堆積といった
マイナス面が目立つようになった。

このためハーリングフリート堰の操作方式の変更をすることになった。
3分の1のゲートを95パーセント開門汽水域を復活させ生態系を再生させることになった。

韓国からは飲料水と工業用水の確保でつくられたナクトンガン河口堰によって
現われた
水質の悪化
汽水域生態系の棄損、シジミやウナギなど汽水域固有種の喪失による地域経済の悪化、
文化財保護地域(渡り鳥渡来地)の棄損
などの問題が大きくなりこれを再生させるため河口堰の開放にむけて取り組むことになり、
その過程と問題点の報告があった。
韓国からの報告
被害の1つの例、
水質の悪化
流れを止めることでアオコのが発生
4大河川事業の被害

韓国環境部の公務員と大学の専門家や民間団体が参加した専門委員会で
4大河川の再自然化に取り組む。

様々な実証試験をしながら少しずつ進めて行く計画でその結果により
水門の開放を推進していくとのことでした。

両方ともまだ開放にむけて模索しながら少しずつ取り組んでいる状況ですが
開放に向けて確実に進んでいるところがちょっとうらやましいですね。

一方で長良川河口堰を開けるどころか、国土強靭化計画を謳い、ダム建設など公共事業を
いままで以上に拡大していこうとしている日本は、どこまでコンクリート化すれば
済むのでしょうかね。
永遠にコンクリート化し続けるつもりなのでしょうか。

でも人ってコンクリート化した人工的な街が嫌いじゃないんですよね。
今日の会場の愛知大学があるささしまライブ周辺を歩いて、たくさんの若者が
集っているのを見てそう感じました。

最先端の人工的な街で自然を取り戻そうという話をする。
なんか皮肉な感じですよね。

しかし時に、便利さは自然に対する畏敬の念を忘れさせてしまう。
コンビニの愛知大学店の前に「ここは海抜1.6メートルです」と表示があった。
すぐ横の中川運河の水面は近かった。









スポンサーサイト



大雨に関する話題3つ

 29日(土)に郡上の川小屋に5人遊びにおいでになるということで掃除などの
準備もあり金曜日から2泊3日で出かけた。

長良川は雨で濁りが出ていたがそれほどの増水でもなく
この調子なら吉田川で餌釣りできるかもと途中のコンビニでミミズを購入。

到着すると予想通り。
濁りはあったものの増水時のいつものポイントの状態はまずまず。
うまくアマゴが釣れれば最高だし、ウグイなどでも池に入ってもらえばいいし。
簡単にいえばとにかく釣れればOK

結果はご覧のとおり。
6月28日のウグイとカワムツ

アマゴはダメでしたがウグイとカワムツが10匹ほどでした。

ただ気になったのがカワムツ。
冷水病のようです。
冷水病とみられるカワムツ
きちんと検査していないのでいい加減な事は言えませんが。
症状は冷水病そのものです。

アユに出ているという情報はありましたが
野生の魚は冷水病には強いと思い込んでいましたのでちょっとビックリでした。

被害が拡大しないと良いですね。
病気らしき2匹はかわいそうですが、他への被害の広がりを考えて処分させてもらい
ました。

日曜日の今日は本当に大雨。
反対する会のラフトチーム「ダムバスターズ」は川に出る予定で
出船したら写真を撮りにいく予定でしたがあえなく中止。

でも帰りの途中せっかくなので粥川合流点に寄ってきました。

スタート地点に向かう川の右岸道路もこの通り通行止め。
大雨通行止め
(ボケててゴメン)

でもこれだけ水が出ても長良本流と粥川では水の色がこれほど違い、
これまたビックリでした。
この色の違い

恐るべし粥川。
また今年もオオサンショウウオ見られそう。

でもこれだけ水が出ればさすがのダムバスターズもスッキリとあきらめがつくでしょう。

次の大雨関係は一昨年から昨年の話。

こんな記事が29日の中日新聞に載っていました。
6月29日中日新聞記事
大雨で大増水すると鵜飼観覧船の航路がどうしても埋まり浚渫が必要に
なりその工事を受注するために贈収賄が行われたとのこと。

鵜飼のための河川工事といえば長良川市民学習会ニュース最新号で
粕谷代表が「川は誰のもの?」という代表挨拶文を書いたばかり。
(ニュースについては長良川市民学習会のHPで見ることができます)

ここでも3月17日の記事で紹介しましたが鵜飼をするのに面倒だからと
川漁師の平工さんが良く漁をする鵜飼大橋下流辺りをいじくり回した。

平工さんは「そんな工事をしなくても川を知っている者なら安全に航行できる」と
言う。
そして「自然な長良川で漁がしたい」とも

一方で川を都合良く改変して利用しようとする人の中には
こんな人たちも存在する。
この贈収賄事件と平工さんが漁をする現場の工事との関係の有無は
わかりませんが同じ長良川を見ながら、この姿勢の違いは何なんでしょう?



















2019下流域環境観察会

 6月9日に長良川下流域環境観察会が開催、お手伝いに行ってきた。

今回は駐車場の都合でいつもと違って七里の渡し公園駐車場に集合。
朝から雨が降り続きキャンセルの方も出るのではと心配していたが
皆さん天候に合わせた準備もして参加してもらえた。

舟は駐車場近くの入江の船着き場から出船。

今回の乗船場

いつもと違った雰囲気にちょっとワクワク。
2019出船

まず揖斐川で採泥。
採泥作業

いつも通りの砂泥
酸化還元電位もプラスで酸素がある証拠。
2019揖斐川測定

ただ心配なのは揖斐川でもシジミがほとんど獲れなかったこと。
数ミリという小さい個体が少し見られただけだった。
私もずっと参加しているがこれは初めてのことです。
ここまで揖斐川にシジミがいないとはビックリです。

次は長良川での採泥。
2019長良川測定

こちらも例年通り酸化還元電位はマイナス。
底生生物は住めない無酸素状態。

揖斐川の砂と長良川のヘドロのハッキリとした状態に初めて参加された方も
「これほど違うのか」とビックリした様子でした。

粕谷代表からヘドロが溜まるメカニズムの解説があり「だからか」と納得。
ヘドロメカニズム解説

河口堰下流の観察を終えると閘門をくぐって上流へ行き、ヨシ原の観察。
中にはテレビ番組ではないけど「ポツンと1本や」的なヨシも。
ポツンと一本アシ
以前は周りにもあったが川の中央付近の浚渫作業の影響で泥が浸食され
ヨシが倒れなくなってしまったのではと予想されています。

この後また閘門を通って船着き場に帰り午前の部は終了。
閘門待機中

午後は揖斐川と長良川を挟んだ所で蟹捕り調査の予定でしたが
雨がひどく1メートル以上もある揖斐川のヨシ原に入っていくのも
大変なので今回は中止。

立田大橋の上流木曽川右岸で河口堰のない川の干潟の観察をしました。
木曽川にて

蟹捕りをしなかったので、まだ干潮までに時間があり水が引き切っていなくて
干潟状態でなく長靴では中に入れずチョッピリ残念。

でも参加者の中には胴長とタモを持参の強者の方もいてガサガサを始め
蟹やらシジミやハゼ系の魚などを捕って皆で観察会も開催。

参加者ガサガサ

他にもこうした干潟でしか行われないゴカイの産卵のお話も。
ゴカイ産卵解説
ゴカイたちも生態系の中では重要な役割を担っているのですね。

すぐ隣の長良川では当然汽水域も干潟も無くなりこうした生態系が失われてしまい
増えたのはブラックバスだけとのこと。
何だか悲しい話ですね。

ここで観察会も終了。
1日雨に降られた観察会は初めてでしたが、皆さん雨にも負けず熱心でした。

次回は私も皆さんに負けず完璧なガサガサ準備をして参加しようと思います。







2019岐阜県河川課要請

5月23日(木)に毎年行っている岐阜県の河川課への要請に参加した。

県庁ロビーに集合し事前打ち合わせ。
IMGP0964.jpg

11名が集まりこの時点では和やかムード。

要請内容の確認
・河口堰開門調査に向けた取り組みを行う。
・導水路事業の中止
・内ヶ谷ダムの再検討と事業中止
の3点。

河川課からは井上課長以下6名
着席して交渉の始まり

IMGP0965.jpg
(ここには写っていませんが中川ゆう子県議も見学に来てくれました)

最初に要請書を渡します。
IMGP0963.jpg

そしてまず河口堰の開門調査の件から

毎度のことだが開門すると塩害が起きるの一点張り。
そりゃただ単に開けるだけならそうでしょう。

愛知県の検討委員会だって専門家の方々が集まって相談しているのだから
そんなことするはずがない。

農業用水に使わない時期を考え、モニタリングしながら進めるにきまっている。
水資源機構だっていつもモニタリングしているのだから

他にも開門調査の要請をしているのに、昨年の大水の時も水位が下がって
役に立ったということを言い出す始末。

大水の時はいつも河口堰全開しているでしょ。
逆に開けなきゃ大問題になる。
大水に河口堰は邪魔な構造物でしかないといっても聞く耳持たず。

5月15日の岐阜新聞の大橋修さんのサツキマスの漁の記事を見せ
サツキマスが毎年減ってきていることや、愛知県の会社のシジミ産地偽装問題を
とりあげ損をしてまで産地偽装をしなければならないほど木曽三川でのシジミが
減っていることを訴え、環境をどのように認識しているか聞いても
水質は基準を満たしているとの返事。

だれも水質の事なんか聞いていないのに環境が悪化しているのを絶対に
認めるわけにはいかないので話を水質へ反らす。

IMGP0962.jpg

気候変動を持ち出し水害や極端な渇水のリスクがあると強調するが
こちらが河口堰によるリスクや導水路で徳山ダムの水を鵜飼場の上流に
流すなど環境破壊のリスクを訴えてもそれは無視。


県庁2階のロビーにあるこれって飾り?
IMGP0966.jpg

清流の国ぎふ憲章、自分たちで作ってほとんど無視状態。
県の職員の方と話しているのではなく国土交通省の中部地整の方と
話している錯覚にとらわれてしまいました。










イベント2つ

岐阜市内の長良川では5月11日に鵜飼が始まりアユ漁が解禁になりました。

いよいよアユシーズン開始ですが、遊漁証が高いので買うのは郡上だけ。
吉田川にも稚魚が放流されて今のところは元気に泳いでいてくれます。

昨年は冷水病でやられ初釣りが白鳥町になってしまいました。
郡上の解禁は6月2日(日)。
今年はどうなるでしょうか?

本日はイベント2つのご案内。
まず、例年開催している長良川下流域環境観察会です。

2019環境観察会
昼食は持参
湿地に入るので汚れる可能性がありますのでそれなりの準備がいります。

舟に乗船のため事前予約必要です。
お申し込み・問い合わせは「よみがえれ長良川実行委員会」

武藤 090-1284-1298までお願いします。

もう1つは水需要の点で河口堰に関係してくる水道民営化問題について

水道民営化シンポ

前回メディコス祭りで紹介した「ぎふメディアコスモス」みんなのホールにて
6月1日(土)資料代500円

こちらは事前予約必要ありません。
問い合わせは こちらも 長良川市民学習会 武藤 090-1284-1298です。

利益が出るからこそ民営化せよと企業は迫る。
企業に利益を上げさせるために日本人の命の水を売り払ってしまっても
良いのでしょうかね?

考えてみませんか?

メディコス祭りで親子が魚を見てくれている場面の写真を送ってもらいましたので
追加です。
魚を見てくれています
魚の説明などをしていて見てくれている場面の写真が撮れなかったので良かったです。







プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる