fc2ブログ

こんな記事が載ったので追加です

 岐阜市は大晦日朝現在、雪が降っています。
積雪は数センチといったところでしょうか?
この調子でいけば2022年は雪のある年明けになりそうです。

 さて前回で2021年最後のブログ更新とするつもりでした。
ところが昨日30日の中日新聞朝刊の1面に長良川のアユに関する記事が載りました。

なぜ、この年末にこの記事なのか不思議ですが、読んでいてその内容にも
不思議さを感じたので急遽更新することになりました。

その記事というのはこれです。
DSCN2575.jpg

この記事によれば
「地球温暖化によって長良川のアユの産卵時期が遅くなった可能性があり
温暖化による水温上昇や豪雨、長雨による増水が落ちアユの時期と関係し
産卵が遅れることで翌年の稚魚の遡上する時期も遅れ成長するアユが減る恐れがある」
とありました。

確かに川の状況が変わればそこに生息する生物が影響を受けることは間違い無い
と思いますのでこの研究に疑問はありません。

でもちょっと考えてみると、今の長良川のアユは秋に産卵し、ふ化しても河口堰によって
川の流れがほぼ無くなった事で生きて海まで降下できないのが現状です。
(この記事の左下の長良川の図には河口堰は書いてありません)

だからこそ漁協の方が秋に鏡島大橋辺りの瀬張り網漁で捕ったアユから
受精卵を作り車で河口堰の人工河川まで運んだり、河口堰に人工ふ化装置を作ったり
して海に降下させているのです。

つまり26年前に河口堰を作ったときにアユ(アユだけではない)に自然の中で海に
降下できないという決定的な影響を与えているのです。

このことを問わずして、温暖化でアユの産卵が遅れ翌年の遡上に影響がでると
書かれても違和感を感じるばかりでした。

 今のアユたちは温暖化より河口堰の影響の方をはるかに多く受けていると
思いますが皆さんはどのように思われるのでしょうか?
この記事を読んでいろいろと疑問を持ってくれた方がたくさんいたら嬉しいのですが・・・

 私にはこの記事はたくさんの違和感や疑問等を持たせてくれて、この年末に河口堰に
思いを巡らせる良い機会となりました。
来年また河口堰の影響を考えるきっかけをもらえた記事となると思います。

 あらためて良いお年をお迎え下さい。
ありがとうございました。






スポンサーサイト



長良川は養殖場?

12月も中旬になり寒くなってきました。
今のところ郡上八幡町も雪は無いですが、この週末からいよいよ本格的に
降り出しそう。

寒さもあってこのところ川に行けていませんが、これで雪が降ったら
ますます行けなくなりそうです。

そんな中ですが、今回は長良川に関する話題を2つ

1つは3週間ほど前の中日新聞の記事になります。
長良川河口堰にアユの人工ふ化装置を設置、本格運用され始めたとのこと。

DSCN2530.jpg

これまでは、ここでも紹介したように、秋に瀬張り網漁で捕ったアユから採卵・受精させ
受精卵を河口堰横の人工河川でふ化させ海に降下させていました。

その作業が漁協の組合員の高齢化などで大変になったので人工ふ化装置を設置し
人手不足を解消しようというものです。

これって確かに海からの遡上アユの増加に繋がると思うけれど
結局は長良川全体をアユの養殖場として考えるということに過ぎないのでは
ないですかね

国交省や水資源機構、岐阜県は河口堰の環境に与える影響は少ないと常に
言うけれど河口堰の環境に与える負荷がいかに大きいかということが証明されたことに
なるのではないですかね?

それでもまだアユは経済的価値があるのでこんな装置を作ってもらえます。
でも経済的価値の大きくない海と川を行き来するほかの生き物たちは無視です。

河口堰が無ければすべての生き物にこんな装置は必要がないのです。
たとえこの装置でアユが守られたとしても喜んでいてはいけないと思っています。

私はこの装置が認められれば日本のすべての川に河口堰が作られる可能性が
あっても不思議ではないと考えています。
かつて河口堰計画が止まった吉野川だってゾンビのように復活するかもしれません。

この記事を読みながらそんな事を考えていました。

もう1つは長良川ではなく支流の吉田川の行事ですが、
このチラシを見つけました。

IMGP0243.jpg

これは毎年必ず報道される「鯉のぼりの寒ざらし」です。
郡上八幡の風物詩ですね。

私は20年以上毎週郡上に通いながら一度も見たことがないという半郡上人失格者ですが、
興味のある方は年明けに観光に来てみてはいかがですか?


写真はありませんが、ついでにあと一つ
今、郡上市の総合文化センターで郡上市内のマンホールのふたを一同に集めた展示会が
開かれているそうです。

アユやミズバショウ、紅葉など自然のシンボルがデザインされたものなどが
多いとのことですが、これは私も時間を見つけて覗いてみたいと思っていますので
もし行くことができたら報告したいと思います。

興味のある方行ってみませんか?
12月23日までで入場無料だそうです。
なおお出かけの方は冬の装備をお忘れ無く。














訃報

残念なお知らせをしなければなりません。

このブログは「長良川河口堰建設に反対する会・岐阜」のブログですが、
この反対する会・岐阜の代表 高木久司が今月6日に亡くなりました。
満69歳でした。

高木は長良川を守るため河口堰ができる前から反対運動を始め、
1995年に完成、運用され始めてからは運用を止めるため30年以上も戦ってきました。
私たち仲間もその決意の強さに引っ張られ一緒になって運動を続けることが
できました。

その代表が居なくなってしまった事は残念で悔しいですが
今は「ありがとうございました」としか言いようがありません。

そしてこれまで長い間高木を応援して下さったたくさんの皆様、
ありがとうございました。

反対する会・岐阜の今後につきましては、残りました仲間で話し合い
決めていくことになりますがしばらく時間が掛かることと思います。

このブログは、河口堰反対運動がまだ継続していますし、
できるだけ多くの皆さんに長良川に関心を持ってもらいたいと望んでいた高木の
思いもありますので今後も続けて行きたいと思っています。

どうか今後ともよろしくお願いします。








続データ収集の環境調査

環境調査の後半は、河口堰上流の調査とカニの生息調査です。

まず閘門を通過して河口堰ギリギリの底の調査
いつもは時間の関係で上流部の砂泥は調査しないのですが、今回はヨシ原の見学の
予定がないので調査することに。

進入禁止のブイの近くで採泥器を下ろしました。

IMGP0155.jpg

上がってきた砂泥は、ゲートの手前でもっと有機物が溜まっているかと思ったのですが
意外にもきれいな砂でした。
IMGP0157.jpg

酸化還元電位もプラス

次にもう少し上流へ移動し採泥
こちらもきれいな砂状
IMGP0161.jpg

ただこちらは酸化還元電位はマイナスで不思議です。
IMGP0162.jpg

砂泥調査が終わったあとは河口から9.8キロ地点で長良川と揖斐川での
カニの生息比較調査です。

まず長良川へ
IMGP0168.jpg
このような様子の場所で4人で5分カニを探します。

でも残念ながら1匹も発見できず。

次は道路を渡って揖斐川側へ
IMGP0174.jpg
こちらもヨシ原の中に入って同じく5分探しました。

秋も深まってきてカニが少なくなって見つけるのに苦労しましたがそれでも
5匹見つかりました。
IMGP0171.jpg
クロベンケイガニ3匹とベンケイガ二1匹
そして私が捕まえた初めて見るカニ1匹です。

このあたりで生物調査してきた千藤先生も初めて見るカニとのこと。
IMGP0172.jpg

調べてみますと持ち帰られました。

これは大発見かもと思って期待していましたが、後から連絡があり
アシハラガニというカニだそうでここのような環境にいるそうです。
でもやはり初めて見たカニとのことでした。

新種の大発見かと思ったのですが残念。
でも楽しいカニ探しでした。

来年はコロナも落ち着いて初夏に参加者を募って長良川下流域環境観察会ができると
良いですね。





データ収集の環境調査

今年5月に予定していた「長良川下流域環境観察会」がコロナの感染拡大で
中止になってしまいました。

しかしこれまでずっと続けてきた環境観察会でのデータの収集が途切れてしまうのは
残念なので、データだけでも集めておこうということになり参加してきました。
今回はスタッフ3人といつもお手伝いいただく千藤先生の4人でのデータ収集です。

なお写真が多いので2回に分けての報告となります。

桑名の「おおぜき」さんの舟で出発。
いつも「おおぜき」さんの奥さんが船頭をして下さるのですが、桑名に住み常に川に
出ているので貴重な話を聞くことができます。

IMGP0122.jpg

私も1年ぶりの河口堰です。

まず揖斐川から採泥し酸化還元電位を計測
IMGP0131.jpg
潮が引いていく真っ最中で流れが速く採泥器が流されてしまうので
採取を何回もやり直しました。

なんとか採取できた砂の中の数字は計測の途中ですがプラスを表示しています。
これは砂泥の中に酸素があるということを表しています。

捕れたシジミはこれ1つ
IMGP0132.jpg

おおぜきさんによればシジミもハマグリもまったくダメだそうです。

一時期シジミ漁師さんが戻ってきたという報道もありましたが、
それもおおぜきさんによれば、リーマンショックで不景気になり地元に戻ってきたが
シジミなどが取れなくて生活が厳しくまた他の仕事を探さなければならない
状況にあるのだそうです。

この後長良川河口堰の下流へ移動し採泥。
この日は暖かく風も無くて凪いでいました。
IMGP0136.jpg

こちらは引き潮でも流れがほぼ無く採泥は順調
相変わらずのヘドロ状態。
でも水温が下がってきたのでドブのような臭いは強くありません。
IMGP0139.jpg

酸化還元電位を計測してみるとこちらはいつも通り大きくマイナス
IMGP0142.jpg

酸素が無い状態ですね。
泥の中を探ってみてももちろん生き物は居ません。
IMGP0145.jpg

このあとは河口堰の上流へ行くため閘門へ移動しますが
今年はボラがすごく湧いていて舟に飛び込んでくるハプニングもありました。
IMGP0150.jpg
このボラは20センチを少し超えるほどの大きさでしたが
おおぜきさんによれば40~50センチサイズの物が飛び込んでくることも
あるそうです。

閘門に入って水位調整中ですが干潮に向かうときなのでいつもよりは変動が大きく
滝のようになります。
IMGP0153.jpg

このあとの河口堰上流の2ヶ所での採泥とカニの比較採取については
次回報告します。










プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる