FC2ブログ

まだまだ川はおもしろい!

当ブログに来ていただいて、コメントまでいただきありがとうございます!

川に関心を持つのが遅くなったからといって全然恥ずかしくなんてないですよ。

私も環境問題として構えてやっているわけでは無く、
釣りやガサガサで遊び、魚を見るのや時には食べるのが好きで、
それができなくなると困るのでやっています。

川を楽しむことが自然に川の変化に関心を持つことに繋がると思いますので
お互いにドンドン釣りを楽しんでいきましょう。

釣っていて長良川流域について良いことや心配なこと、いろんな情報があれば
またコメント下さい。
よろしくお願いします。

さて11月も終わりが近づいてきて、そろそろ川遊びは終了かと
思いながらもつい川を覗きに行ってしまいました。

そしたらこれが大正解。

場所は支流の伊自良川や周辺の用水。

まず用水を覗いたらコンクリート3面張りになっているところに
なにやら魚がいっぱい。
なにやら魚が

これは正体を確かめねばならないと車に積みっぱなしになっている
道具を取り出し釣りの準備。

3.6メートルの竿でタナゴ仕掛け。
えさは黄身練り。(この餌、水さえあればいつでも使えるので便利)

仕掛けを振り込むと、この日は暖かかったこともあってか活性が高く
すぐにアタリ。

それからは入れ食いでした。
たくさん釣れた

この日はヤリタナゴ祭り。
オイカワ、アブラバエ、アブラボテも釣れましたがほとんどがヤリタナゴでした。

ただ、1匹こんなのがいました。
カネヒラか

ヤリタナゴとは違う背びれの長さと鼻先の曲がりをみると
どうやらカネヒラの様子。
岐阜県では国内外来種らしく、ここで釣ったのは初めてです。

2時間ほど釣って正体確認と数に満足して移動。
今度は伊自良川沿いにあるJA近くへ

川を覗くと工事でササ濁りの中,ヒラを打つ魚が見えこれまた確認せねばと
竿を出すと掛かってきたのがこれ。

コウライモロコ

オイカワとモロコ系。
これも常時積んである図鑑岐阜県の魚類をもってきて確認すると
どうやらコウライモロコの大きいもののようでした。

ここではオイカワやコウライモロコなどを10匹ほど釣って満足。

でもここで終われないのが私。

今度はガサガサ。(タモ網も常備しています)
少し移動して浅いところを探し水草周りをガサるといろいろな生き物が
顔を見せてくれました。

ガサガサの結果

ヨシノボリ、カマツカ、タナゴ、オイカワ、5~6センチもあるスジエビ
そして極めつけがこれです。

最大のドンコ

13センチ以上あるドンコ。
最初水草の中で何が動いているのかわからずにおっかなびっくりでしたが
これ、これまでに私が捕った中で最大のドンコです。

この記録で満足しやっと帰路につきました。

寒くなってきたとはいえまだまだ川は面白いですね。
12月に入っても、もう少し魚たちに遊んでもらえそうです。

1日夢中になって川で遊び、帰ったら疲れてグッタリ。
「おまえは小学生の子どもか!」と言われそうなおっさんです。





















スポンサーサイト



まだまだ元気なアブラボテ達

前回からまだ郡上に行けておらずサツキマスの産卵の確認ができず
落ち着かない日々です。
また行けたら報告します。

さて、31日には市民学習会ニュース33号の発送作業がありましたので
お手伝いに行ってきました。

33号発送作業

名古屋からの助けも有り8人での作業でした。

33号の表紙です。
33号

河口堰閉鎖25年特集第2弾ですが、それに加え九州の球磨川の水害について
京都大学名誉教授の今本先生の考察が書かれています。

他には愛知県の県民講座「長良川河口堰と生物多様性」の報告もあります。

もちろん以前ここでもお知らせした11月15日のシンポのチラシも同封。
11月15日チラシ

ところで、この国会で岐阜選出の野田聖子議員が河口堰は水害防止に
役立っているというようなことを言ったそうです。

岐阜の国会議員でもこの程度の認識なんですね。
残念です。

大水の時に河口堰がどうなっているのかご存知なんでしょうか?
全開しているのです。
閉めていたらそれこそ水害になるのですから。

大水のときの河口堰は水の流れを阻害する障害物でしかないのです。

そんな河口堰が生物にどれだけ大きな影響を与えているのかを
考えるのが11月15日のシンポです。
ぜひ覗いてみて下さい。

その生き物についてですが、今日11月1日午後から時間ができたので
長良川の支流である武儀川と伊自良川の支流を覗いてきました。

武儀川の支流は一応名前はあるようですが川というより農業用水といった感じ
で、川幅は2mほどで水面の幅は1m前後といったところです。

魚はたくさん見え、黄身練りの餌で釣るとカワムツを中心に
オイカワやアブラボテが掛かってくれました。

3種類の魚たち

30分ほど釣って写真に収め次へ移動。

こちらは伊自良川へ合流する川ですがこちらも基本は農業用水。
覗いてみたら護岸の杭に沿ってなにやら魚がたくさん見えます。
川の中の魚

アブラボテではないかと思いましたが、確認のため竿だし。
こちらも餌を流せば入れ食い状態。
やはりアブラボテでした。

というよりは他の魚は一切掛からずすべてアブラボテ。
アブラボテばかり

ヤリタナゴも期待したのですがね。

でもこれだけ寒くなってきて、魚は少なくなっているのにまだまだ元気なアブラボテの姿が
見られてなんだかホッとした気分で帰ってきました。

この魚たちももう少ししたら越冬でどこかに隠れるのでしょうね。



猛暑の中のガサガサ

暑いですね~。
岐阜は連日38度~40度弱の猛暑です。
なのでお盆期間中は外に出ずもっぱらクーラーのお守でした。

その時間を利用して長良川河口堰をやめさせる市民会議(反対する会・岐阜)の
HPの表紙写真変更しました。
(私は写真を撮ってきただけでPCに詳しいメンバーにやってもらったのですが)

ちょっとベタですが、岐阜を知らない方にもわかりやすいように岐阜城と長良川です。

HP表紙

岐阜城の写真小さいので字も加えてもらいました。
ただし中味は全く変わっていません。

ところが変更してすぐにTシャツとステッカーの注文があり、勝手に表紙を変えた効果かと
喜んでいます。

さてお盆週間が過ぎ、じっとしているのにも飽きてきた私
久しぶりに長良川水系伊自良川にガサガサに行ってきました。

あの大雨はどこへといった感じで水は少なく渇水状態。
以前はたくさん生えていた水草も刈られていて魚の姿が見えず心配になりました。

案の定、ガサってもなかなか魚は入らず、ザリガニやヌマエビばかり。
たまに入ってもカワムツやアブラハヤの稚魚程度。

なので瀬に移動し両脇の草むらを攻めてみました。

すると10センチ以上もある大きなドンコが入ってビックリ。
その後もポツポツはいって計3匹

ドンコ3匹

その途中にはアカザも飛び出てくれました。
アカザ

こちらは9センチほどとアベレージサイズ

そして最後に捕れたのがこれ!
スナヤツメ
スナヤツメです。

何年か前に見たことはあるのですが自分で捕まえたのは初めてです。
長さは12~13センチ

帰ってから岐阜県の魚類図鑑を見たら北方種と南方種の2種類いるそうです。
これがどちらかはよくわかりませんが両方とも岐阜県や岐阜市の絶滅危惧種に
指定されていました。

今回ももちろんすべて写真だけ撮らせてもらってリリース。
環境が維持されて数が増えると良いですね。

ところで環境保全といえばこんなものを見つけました。
長良川にかかる千疋大橋の近くの用水です。

用水の魚道

30センチほどの用水に魚道があったのです。
面白くてすぐに撮影。

こうすると魚が長良川と田んぼの用水を行き来できるのですね。
こんな心配りが全国に広がるといいな~。


魚観察行脚

あと少しで梅雨明けしそうですが梅雨前線もなかなか粘りますね。

長良川で魚と遊ぶ機会がありませんが、雨の止み間を狙ってあちこちへ
魚の観察に出かけています。

今回は2日間に分けて岐阜市の北部と安八町に行ってきました。

安八町は新幹線の線路の少し南の用水。
安八の用水

着いて、水面を見ていると小魚の動く様子があり、面白そうなのでさっそく
魚キラーを仕掛けました。

30分ほどしてワナを上げると
デブなカダヤシ

入っていたのはタイリクバラタナゴとカダヤシ、他に小鮒でした。
ここにもバラタナゴいたんですね~
結構あちこちに広がっていそう。

もう一方のカダヤシは外来種ですが生命力が強いのかそのデブいこと。
産卵の時期?
これだけいるとメダカは負けてしまいますね。

もう1日は岐阜市の北部
小川に流れ込む田んぼの用水の出口のワンドになっているところ
良い場所

見ていると結構大きな魚がたくさん泳いでいるのが見えたのですぐワナを投入。
上がって来たのはほとんどがモツゴで他にはオイカワと,カワムツが少しでした。
モツゴとカワムツ
(写真はモツゴとカワムツ)
不思議なことに、どこにでもいる印象があるタモロコがいませんでした。

帰りには以前シロヒレタビラを釣ったことのある用水で試し釣り。
再度確認
確認できたのはヤリタナゴとアブラボテだけでシロヒレタビラには
残念ながら出会えませんでした。

捕まえて持ち帰る訳ではありませんがそれでも魚の観察は面白い!





新たな仲間?

なかなか梅雨が明けませんね。

だいぶ落ち着いてきた長良川ですがまだ水位は高めです。

下がったら川に立ち込んでのあんま釣りなどやってみたいと思っていますが
雨が続いてなかなか行く機会がきません。
今週も雨の日が多いようですので梅雨明けは月末ごろになりそうです。

なのでもっぱら岐阜市内の支流をウロウロしています。

先日、以前掲載したことがある魚キラーというワナを荒田川に流れ込む
用水に仕掛けてみました。

この日の用水

30分ほど沈めてあげてみると前回はタモロコばかりでしたが
今回はいろいろ入っていました。

20年7月15日の成果

フナ、タモロコ、モツゴ(クチボソ)そしてなんとタイリクバラタナゴ。

ここ最近荒田川では見たことがなかったので上げてビックリでした。
外来種というのが残念ではありますが、でもタナゴがいるということは
繁殖に欠かせない淡水貝がここにはいるということですね。

そしてちょっと期待したのが写真右上の魚。

あらためて1匹で写してみました。
ムギツクかと?

口はモツゴでハッキリとした黒いライン。
もしかしてこれってムギツク?

でも黒いラインがムギツクよりは細いような気がするし、
とりあえず連れて帰って水槽に入れました。

あらためて図鑑で調べてみましたがやはりラインが細い。

水槽にいる魚を図鑑と比べようと見ると、あれ?
ラインが消えている。

モツゴに変身?

こんなにハッキリと黒いラインが消えるなんて・・・・
やはりモツゴだったのですね~。

新しい仲間が増えたと喜んだのですが、ぬか喜びでした。

ちなみに岐阜県の魚類第2版にはムギツク載っていません。
もしこれが本当にムギツクだったなら新発見だったのですがね~
プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる