FC2ブログ

イカン!何でもタナゴに見えてきた

台風12号の影響、皆さんの所はいかがでしたか?
岐阜は土曜日の長良川花火大会は延期になるなど行事に影響が出たものの
風も雨もそれほどひどくなく過ぎてくれ助かりました。

豪雨災害を受けた西日本地方も復旧に影響があったもののさらなる大きな災害に
繋がることがなかったようで良かったです。

でもまだ7月なんですよね。
これからが本格的な夏と台風の季節です。
今年はどうなることやら・・・・
これだけ暑いと台風もたくさんできそうですし心配ですね。

さて、前回からタナゴが気になり始めるとどうしても長良川水系で見つからないかと
少しの時間を見つけてはあちらこちら探しています。

少し前に郡上からの帰り道遠回りをして長良川の支流の伊自良川に合流する
鳥羽川を覗いてきました。

ここには入江になっているところがあり、ヘラブナ釣り場があります。
見て回っていたら小さい魚がチョロチョロしていたのでタナゴ仕掛けで
釣りをしてみました。

餌はタナゴグルテンという練り餌です。
糸を垂らしてしばらくするとアタリがあり、合わせると釣れてきたのはオイカワでした。

それでも諦めず打ち返すと今度は何か平たい魚が釣れてきたので、思わず「タナゴ!」と
声が出てしまいました。

でもよく見ると
ブルーギル
5センチほどのブルーギルでがっかり。

その後は集まってきてしまったのか釣れる魚はブルーギルばかり。
即、退散となりました。


金曜日にも帰りに武儀川に寄り道。
テトラ近くの澱みをガサってみました。

小さなウグイの稚魚などに混ざってこんな魚が捕れました。
鮒だと思うけど

鮒だとは思うのですがヤリタナゴかもという淡い期待をもってしまうと
逃がすことができず持ち帰り水槽へ


帰ってよく見ると鮒の稚魚に見えるのですが・・・・
どうも「何でもタナゴに見える病」にかかったようです。

今日は各務ヶ原から岐阜市内へ流れる境川に2時間ほど散策。
同じくタナゴ仕掛けでやってみたものの釣れたのはモロコとオイカワだけ

オイカワとモロコ

ただこの川の魚の数は半端なく多いです。
小物釣りだけなら十分楽しめます。

木やJRの鉄橋などがあり日陰もあります。(列車が通るととんでもなくうるさいです)
一度いかが?

それにしても在来タナゴはいずこに









スポンサーサイト

やっと出会えたタナゴだけど・・・

暑い(熱いの方がよいかも)ですね。

七夕の頃の大雨から一転、酷暑続き。
岐阜は40度に届きそうな勢いです。

皆様くれぐれも熱中症にはご注意を!

こんな暑さでも魚好きにはじっといていられない季節。
以前近くの長良川に繋がる川に繋がる用水でガサガサをやって鮒が見つかり
飼い始めました。

いろんな魚たち
よく見るとニゴイの稚魚?やモロコの稚魚、アブラバエの稚魚らしきものも
いました。
他にもシマドジョウも

でもまだ見つかっていないのがタナゴ類。
なんとか見つけたいと長良川を南下しながら探しに行ってきました。

もちろん本流でタナゴ類を見つけるのは難しいので堤防下の用水を
探るのですが、千本松原辺りまで行ってみたものの捕まらず
捕れたのはカマツカの稚魚。(これはまだいなかったので確保。)

長良川サイドを諦めて3川公園で揖斐川を渡り帰りがてら揖斐川沿いに北上。
途中揖斐川の堤防の下にあった用水を覗くと水深10センチほどの中に
魚がいっぱい見えたので確認のためにガサガサをやってみた。

網をあげてみてビックリ。
たくさんのタナゴと鮒でした。

即飼育決定!

帰ってから図鑑「岐阜県の魚類」で調べると捕れたのはタイリクバラタナゴらしい。
たいりくバラタナゴ
中国からソウギョと一緒に入ってきて1950年頃には多数生息していたとのこと。

子どもの頃センペラと呼んでいて鮒を釣っていると掛かることがありましたが
これでした。

外来種というのもちょっと残念でしたが、捕れた場所が揖斐川に繋がる用水ということ
も残念。

このタナゴ、在来種のタナゴ類と交雑などを介して在来タナゴの存続を脅かすということで
重点対策外来種になっています。

県によっては飼育に届けが必要だそうです。
逃がさずしっかりと飼育するのが義務のようです。

結局タナゴ専用の水槽が必要になり予定にない増設となってしまいました。
増えた水槽

でも魚を見ているときれいですよね。

でもこうなると今度は在来種のタナゴを見つけたいのが本音。

長良川に繋がるどこかに絶対いるはずですね。
まだまだガサガサの旅は続きます。



川洗い

関東ではもう梅雨明けとのことでしたが
この地方では飛騨川流域でかなり雨が降り被害が出たところもあったようです。

ここでもよく書くのですが雨は降りすぎても降らなくても困るのが生活。
被害が出てしまったことは残念ですがこの雨がなく関東のように早めに梅雨明けしてしまうと
飛騨川や木曽川のダムを水源にしているところは水不足で大変なことになっていたかも
しれません。
関東ではすでにこの夏の期間の水不足が心配がされています。

うまくバランスをとって降ってくれると良いのですがなにせ自然のことですからね。

長良川流域でも上流の郡上市辺りでかなり降ったようですので
岐阜市内の長良川の様子が気になって見てきました。

確かに増水して濁流が流れていましたが予想したよりは少ない状態でした。
この程度の増水は年に何回かあります。

鵜飼舟乗り場です。
鵜飼舟乗り場

多いときなら手すりの所まで水がきて乗船場のコンクリートが見えないことも
時々あります。


タモが積んであったのでこの程度なら濁りで魚が岸辺に寄り
捕れるかもと対岸に渡って河原に降りる階段のところでガサガサをやってみました。
ガサガサの階段

結果は数センチの小魚がたくさん。
何の稚魚

オイカワかアブラバエかウグイのどれかの稚魚だと思いますが小さいのでよくわかりません。
写真だけ撮ってリリースし下流へ。

忠節橋下流ではテトラ帯に沿って生えている木が水に浸かっていました。
忠節橋下流
昔は(木がこれほど多く無かったですが)これで濁りが取れると木と堤防の間の
流れの中で友釣りをしたものです。

今回見て、この雨長良川にとっては結構恵みの雨になりそうです。

このような川を洗う水が出ることはここしばらく無かったので
これで水が落ち着くと鮎釣りにも期待が持てるようになるかも。

川を洗うことは魚の成長にとっても必要なことですからね。

ところでタモを積んでいった本当の目的はの長良川の支流である荒田川に
つながる田んぼの用水でガサガサをやってみることでした。

こちらの結果は「やっとフナが捕れた!」でした。
やっと見つけたフナ

2センチほどの小さい物ですが数匹捕れました。
フナを見てこんなにほっとするなんて思いませんでした。

このフナ持ち帰って飼育で~す。
大きくなってくれよ!











ガサガサに行ったら大物が・・・

とても4月とは思えない暑さですね。

この暑さにつられたわけではないですが、岐阜市内の長良川へ
ガサガサに行ってきました。

最初は入江のようになっているところへ入り、流れのないテトラの下など探ってみました。
すると、身体にスジが無かったのでヌマエビでしょうか、小さいエビがたくさん捕れました。

魚が捕れないので少し流れのあるところへ移動。
するとオイカワかカワムツらしき魚の稚魚とヌマチチブがとれました。

ガザガサの成果

その後、もう少し大きい魚を探してチャラ瀬の瀬肩へ行くと水深10センチ~20センチ程の
ところで50センチ前後の大きな魚が背びれを水面から出して群れているでは
ありませんか。

この写真ではわかりませんがこの場所でこんな川底の状態ということです。
二ゴイの産卵?

ウグイか!とあわてて車に戻り積んであったルアー釣り1式を準備
ガサガサは中止して急遽釣りに変更。

ところが「見える魚は釣れない」の言葉通りルアーを色々変えて試すのですが
なかなか掛かってくれません。

そのうち上流から2人乗りのダッキーが気持ち良さそうに下ってきて、
「すいませ~ん」と目の前を通過。

2人乗りダッキー

遊ぶならあっちの方が良かったかな~と思いながら
それでも30分ほど粘ると金色のスプーンのルアーに待望のアタリ。

すごい力でグングン流れの強い方に出て行こうとするのでここでバラシたら
何のために粘ったのか。
少なくとも正体を確かめて写真におさめなければと必死でやり取り。
何とか川原に引き上げました。

正体は45センチほどのニゴイでした。
車からメジャーを持っていくのを忘れたので私のての大きさから想像下さい。

婚姻色のニゴイ
普段のニゴイはマゴイと同じようなグレーという感じの色をしていますが
今回のニゴイは少し黄色が出ていました。
婚姻色が出ているのですね。

産卵で集まってきているのでしょう。
釣りあげた後、ちょっと食べてみようかということが頭に浮かびましたが
産卵時期らしいということで今回はやめておきました。

またチャンスができたら味見してみます。

でも正体がわかって満足の1匹で終えました。



寒~い中の1匹

2月11日に解禁した2018年のアマゴ釣り。

釣りには行きたいもののその後も寒さは厳しく恐れをなして様子を見ていました。
でもこのところ少し暖かい日が続いたのでやっと出かける気になりました。

午前中早く着いても凍結した水道が出ない恐れもあるので午後からのんびり出発。
途中八幡市街の手前にある森下釣り具で遊魚証とエサの川虫を購入。

家に着いて水道の元栓をひねると凍結していなくて出るものの、
修理していないのでまだ途中で水漏れが起きるため、屋外の元栓で
調節しなくてはならず不便な生活を強いられています。

必要な水を鍋や風呂に溜め一晩生活するための水を確保してから川へ。

雪は融けて少ないので川岸を歩くのは心配ありません。
2月22日吉田川
ですが、4時半過ぎになり陽が落ちると良~く冷えます。

水温は測っていませんが充分冷たく、アマゴは出てくれるかいなと不安。
写真の所から探りだしたものの予想通りまったくアタリなしで少し上流へ移動。

この時期は瀬には出ていなので流れが緩いトロ場と言われる所が
良いのではと思い必死で繰り返し振り込み。

久しぶりに竿を振るので腕はプルプル震えるし、手足は冷たくなってくるしで
あらためてアマゴ釣りの厳しさを感じました。

なかなか何の変化も見せない目印に焦りながら、低水量で顔を出している石を
渡りあちこち探っていると目印が止まるアタリが出てびっくり。

今回は半年ぶりのアタリにも動揺して空振りすることなく無事に合わせることができ
待望の1匹。

2018初アマゴ
釣りあげた時はこの時期特有のサビが出ていて他の魚かと思いましたが
水槽に入れるとまぎれもなくアマゴでした。

サイズは14センチ前後とリリースサイズでしたが苦労して上げただけに
寒さも吹っ飛びました。

サンキューとお礼を言いながら写真を撮らせてもらって放流。
これで満足してそそくさと川から退散してきましたが、川から上がるとなると
やっぱり寒く、仕掛けを仕舞うのにも手がかじかむし足は震えるしで大変でした。

本日、帰る時に土曜日だから釣り師が出ているかとちょっと寄り道をして
栗栖川を覗いてきましたが、成魚放流日でもないためか釣り師は
見られませんでした。

雪も吉田川と違って多かったです。
古今伝授の里前
古今伝授の里(フィールドミュージアム)前でこの状態。

その時の気象条件もあるのでしょうけど一つ山を挟むとこんなに雪の量が違うんですね。

今年の郡上は釣り師の「きれいな魚を釣りたい」との声もあって成魚放流を少なめにし、
昨年秋に少し大き目の稚魚を放流したとのこと。

そりゃそうですよね。
横で放流するのを見ながらヒレがボロボロのアマゴを釣っても楽しくないですから。

今年の結果が良いといいですね。
期待しましょう。






プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる