FC2ブログ

撮りそこなった~

前回、昨年の10月終わりに吉田川でサツキマスの産卵を見たと書きました。

昨日から郡上に行き畑仕事の合間に川を覗いて見ました。
昨日は到着が午後4時前と夕方ということもあってか全く魚の姿は見えませんでした。

今日28日は午前11時頃に手が空いたので覗いてみました。
するといきなり40センチほどのサツキマスらしき魚が見えました。
産卵行動を取っている様子ではなく流れの中をサッと移動。

産卵行動なら移動することが少ないので後からカメラを取りにいけば良いと
思っていて持っていなかったので慌てて取りに行きました。

でももう後の祭り、その後も30センチほどの魚が見えたりしたものの
撮るチャンスを逃してしまいました。

その後もしばらく眺めているとなにやら魚が2匹ウロウロ。
パーマークが無いのでどうやらウグイの様子。
ウグイらしきペア
中央右に2匹

サツキマスの産卵で産む時の卵を食べに来たのかな?

と言うことはこれからまた期待できるかもしれません。
来週また確認したいと思います。

それでも諦め切れずもしかしたら他の所にいないかとあちこち見てみたところ
こんなものが見られました。
アユの死骸

発電所の水の出口近くの溜りになっているところにたくさんのアユの死骸。
以前にも一度みて漁協に連絡したことがあるのですが発電所の水を落とす時、
下ってきたアユが一緒に落ちショックで死ぬのではないかとのことでした。

今年も上流にたくさんアユが残っていたのでしょうね。

そのアユの上の水面近くにはアマゴの稚魚がたくさんいました。
アユの死骸とアマゴの稚魚
写真右上の黒い棒のような物がアマゴです。

これから冬を迎え来年にはまた大きくなって姿を見せてくれるでしょうか。
いつも期待しているのですが春になるとなかなか姿が見えずいったいどこに
いくのでしょうね。

サツキマスの産卵は来週も期待して覗いてみます。
来週ダメならタイミングが合わなかったのか我家の下が気にいらなかったのかの
どちらかと諦めたいと思います。

ところで郡上からの帰りに道の駅美濃に寄りましたが
このところテレビ等で宣伝していたホテルが目に入りましたので
1枚パチリと撮ってきました。
道の駅美濃ホテル

ここは長良川に面して建っているので雰囲気は良いですね。
流行ると良いですね。

スポンサーサイト



まだまだ賑わしい長良川

 秋も深まってきましたね。
またこれから奥美濃は紅葉で賑わう季節になってきました。

逆に川はこれから静かな時期になっていきます。

でも、今日、関市で用事を済ませ岐阜まで帰って来る途中、
せっかくなので長良川を見ながら帰ろうと千疋大橋沿いに車を走らせていると
川は夏以上の賑わいを見せていてビックリ。

橋の上流側では10人ほどが竿を出していました。
千疋大橋上流

下流側には堰堤があるのですが、その上流で瀬張り網漁、
堰堤上の瀬張り網漁


そして堰堤の下流の瀬では3人ほどが竿出し
千疋大橋下流堰堤下

季節に合わせアユと一緒に釣り師も下ってきているのですね。
まだまだ賑わしい長良川です。

少し見ていましたが残念ながら掛ける所は見られませんでした。
でも数は問題では無いのかもしれません。

とっくの昔に今年のアユ釣りを終了した私はと言えば川の整備。
産卵床の造成

去年10月終わりに我が家の下でサツキマスが産卵行動をしていたのを
ここで報告しました。
当然、今年も来てくれるだろうと期待していたのです。

ところが今年は夏前の大水で石が流れてきて埋まり尾びれで産卵床を作れない
ような状態になってしまいました。

魚たちはその時の状況に合わせどこかで産卵するのでしょうが
どうせ産卵するならやっぱり我が家の下で見てみたいと埋まっていた石を
少し片付けてみました。

余計なお世話にならず戻ってきてくれるのを期待しています。

結果はどう出るかわかりませんが遅くても11月始め頃には報告できると
思います。
お楽しみに。







展示終了と秋の装い

河口堰閉鎖25年展示が10月2日で無事終了し展示資料の撤収作業をした。

どれぐらいの方が見て下さったのかはわかりませんが、
展示を見ていただいてご意見欄に自分の思いを書いて下さった方もいました。

ご意見欄

ほとんどが長良川の環境の悪化を心配して書かずにはいられないという内容でした。
今後の運動にいかせるような活動ができればと思います。

これと関連する催しが開催される予定になっています。
テーマは長良川の魚と生物多様性について
11月15日(日)です。

まもなくチラシが完成するのでここでもあらためてお知らせいたします。

4日~5日にかけ郡上に行きましたが、行く途中こんな風景を見ました。

瀬張り網漁準備

瀬張り網漁の準備です。

早いところではもう漁をしているところもありますが、
ここ鵜飼大橋上流では瀬張りの準備中でした。

ロープを張るための鉄筋を打ち込む音が響いていました。
これが始まるとアユの友釣りが終わりに近づいたな~と思わせてくれます。

ただ吉田川にもアユがまだ残っていて姿を見ることができるので
下流での瀬張り網漁の本格化はまだ少し先のようです。

このあと美濃のスーパーでお昼のお弁当を買い長良川沿いで食べようと
川沿いに北上。

粥川との合流点につくと1人乗り用のダッキーが次々に下ってきました。
ダッキ-隊

ここは友釣りの人気の場所でもあるのですが、この日はすでに数人しかいない状況。

これから秋が深まり釣り人がいなくなると長良川もこの人たちの独壇場に
なりますね。

ただし水温も下がってきます。
でも3月頃でも平気なカヌー乗りなので関係ないですかね。

渓流釣りも禁漁期間に入りアユ釣りも個人的にはだいぶ前に終了。
この後はどうするかな?

本流でオイカワ釣り?
それとも支流でタナゴかな?
まだガサガサも胴長履けば可能か?
迷う!


梅雨末期の大雨その後

先日の鵜飼船の係留場所がどうなったか再度様子を見てきた。

前回は流された船はなかったと書きましたが、その後の報道では
警備船が二艘流されたとのことでした。

この間、降雨はあったものの大雨ではなかったので水位はかなり下がっていました。
長良橋側
水位が高かった時は砂利の堤防の上が少し見えただけでしたが
今回は全体が見えている状況です。

1メートル以上、下がったようです。

その上流側に目をやると堤防を守るために土嚢を置いて苦労された
様子がありました。
土嚢で保護

それでも水位が高いので越水したようです。
前回来たときはこの辺りは堤防が水にかくれて全く見えませんでした。
水の流れた跡
写真中央に砂利が船だまりに出ているところがありますが
ここが堤防が切れて流れができたところのようです。

この奥にも一箇所流れの跡が見えます。

しかし鵜飼観覧船が流されず良かったです。

これだけ水位が下がれば一安心と言うところですが
まだ船は堤防道路にある桜の木にロープで係留してありました。

桜の木の係留ロープ
この後も梅雨前線が上がってきて大雨という予報があるので警戒を
緩められないというところですね。

それにしてもこの長雨いつまで続くのでしょう。
今日の週間天気予報では19日の日曜日も雨とのことでした。

鮎釣りも7月に入ってから一度もできていませんが、20日前後までは
だめかな~?



長良川周辺の桜

花見もままならない今年の桜。
この土・日に郡上に行き、帰りに何カ所か立ち寄って桜の様子を見てきました。

八幡町内の桜はまだ咲き始めたかなという状態ですがソメイヨシノとは違う早咲きの桜が
吉田川の小野橋上流や八幡町の愛宕公園辺りで満開でした。

下って美並の深戸駅付近の桜並木もまだまだ。

美濃橋辺りは1~2分咲きといったところです。

本当なら今日29日にダムバスターズの花見を開催するはずだった関観前の桜は
5分咲き程度かな。
この状態だったらできたとしても1週間早かったかもしれません。
関観光ホテル前

それにしても花見の方は皆無。
車で犬の散歩に来た方が1人だけという状態でした。

いつもなら川にルアー釣り師がいるのですが雨後で少し濁っていたこともあり
それも全くなし。

次に武儀川沿いに走り、長良川に合流する手前の千疋橋上流の桜並木を
見ると下っているはずなのに関観前より少し開花が遅れている印象。

武儀川右岸堤防
何が違うのでしょうね?
日当たりもそれ程違う場所とも思えないのですが不思議です。

その後また長良川沿いに戻り、藍川橋下流右岸の元ゲートボール場にある
4本の桜。
藍川橋下流元ゲートボール場
ここはさすがに関観前より開花が進んでました。

この桜の下、河口堰が閉まる前にはアユが良く釣れた場所なんですよね。
その記憶があるものでつい車を止めてしまいました。

最後は市内の長良橋上流左岸の並木。
ここは良く咲いていて8分咲きぐらいかな。

長良橋上流左岸護国神社前
ここは例年より少ないとはいえそこそこの人出。
護国神社前の河原にある駐車場は混んでました。

これからしばらくは長良川の下流から上流まで順に花見が楽しめそうです。
今の状況を考えると宴会はやめお昼ご飯をお弁当にして人のいない静かなところで
桜と川を見ながらご家族で食べるのは自粛疲れを防ぐためにも
良いのではないでしょうかね。

静かなところでゆっくりと見る桜、もっともこれが本来の花見の姿なのかもしれません。













プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる