fc2ブログ

2023年はボウズから始まった

 暖かい日になったので釣りに行ってみた。
場所は決めていなくて、長良本流の下流部をめざした。

ミミズと赤虫の餌を買い、長良川の右岸堤防道路を南下。

どこか釣りができそうな所を探しながら走るのだが、
堤防から川側に降りるところはすべてチェーンの車止め
があり降りることができない。

木曽三川公園の駐車場に入ってみたが、釣り禁止の看板が
有りダメ。
結局長良川と木曽川を繋ぐ船頭平閘門の長良川左岸で
竿を出すことにした。
DSCN3665.jpg

ここはバスやブルーギル、ヘラブナで有名な場所で
ミミズでやればブルーギルくらいは掛かるだろうと
安易に考え4.5メートルの竿で開始。

DSCN3664.jpg

ところが、全くウキに変化がでず、
30分ほどこの状態のまま。

その後、近くをあちこち移動して竿を出してみたが
どこでやっても全く反応なしでした。

結局1時間ほどいて退散。

帰りに、以前タイリクバラタナゴとフナが捕れた用水にも
寄って赤虫で竿を出したがこちらも反応なし。

今回は本当に完全ボウズ
写真もただの風景写真2枚となってしまいました。

なんとも情けない更新となってしまいました。

初めての釣りがこれだと、何だかこの1年を
占っているようで、2月の郡上のアマゴ解禁がこわい~




スポンサーサイト



初めての郡上八幡城

 長良川流域の住民さん、コメントありがとうございます。

私たちが環境面でのデメリットを訴えると必ず返ってくるのが、浚渫による洪水対策面
でのメリットです。

でも、私たちも洪水対策の浚渫に反対しているわけではなく、浚渫して対策すれば
河口堰を開けても塩害は起きないというのが主張です。

この点については、愛知県の河口堰最適運用検討委員会が開けて調査だけでも
してみたらと提言しているのですが、まったく聞く耳を持たないのが国側です。

三重県も国と同じ姿勢です。
自分の県の会社がアサリの産地偽装をしなければならないほど被害をうけて
厳しい状況なのにです。

これらを見ていて、私たちはどうすれば良いのか考えると本当に「う~ん」ですね。


さて、私が毎週郡上に通うようになって25年ほどになりますが、
まだ郡上八幡城に行ったことがありませんでした。

これにあらためて気付かされたのが今回行って我が家から見た川向いの
山の紅葉でした。
DSCN3513.jpg
午後3時頃着いて車から降りると目に入ったのがこの風景。

山頂付近が燃えるようでした。

この風景に刺激されて今回は紅葉を目的に出かけてみようと決意。(大げさすぎ?)

場所は町中に毎年この季節にポスターが貼ってあり目にしていながら
まだ行ったことのない八幡城。

この日は平日でしたが観光客の人が多い八幡町内でした。
八幡城の駐車場もお城近くはほぼ満車。

中腹にある駐車場もかなりの車でした。
ここに車を止め歩くのですが、紅葉うぃ見ながら歩くとはいえ
これが結構大変でした。

でも近くまで来ると、来て良かったと思える景色が広がります。
DSCN3517.jpg

どうです。
ポスターのように綺麗でしょ!

間近からのお城の全貌は
DSCN3523.jpg


入場券を購入して入ると木造のお城で、歩くとギシギシと音がして昔を歩いている
という感じがして良い雰囲気を醸し出します。

DSCN3525.jpg

中には八幡城の歴史が紹介してあり、甲冑なども展示してあります。
DSCN3527.jpg

天守閣から見える八幡町です。
DSCN3524.jpg

城主はこの景色を見ながら何を思っていたのでしょうね?

今回は紅葉狩りメインでしたが、作業ばかりの郡上行きではなく、たまには観光メインの
郡上行きも良いですね。

まだ少しの期間、八幡城の紅葉楽しめそうですし、せせらぎ街道も美しいと思います。
来て見ませんか?
ただし、週末は混むかもしれません。


ところで岐阜への帰り道、道の駅に寄ると洲原神社の垢離取祭のポスターが置いて
ありました。
img008.jpg

こちらは祭りといっても地味ですが荘厳な雰囲気の中で行われます。
こちらも興味のある方見学してみて下さい。















長良川も秋ですね~

 10月15日で今年の長良川鵜飼も終了。
長良川も鵜飼が終わると秋本番という感じです。

観覧船が係留してある湊も静かになったと思い、ブルーギルかバスを狙って
釣りに行ってきました。

湊も舟の役目が終わり静かな雰囲気かと思いきや後片付けなのでしょうか?
係留してある舟の横で女性の方が何人か集まり長靴などを洗っていて
思いの外賑やかでした。
DSCN3457.jpg


湊の奥でも数人で舟に乗って作業をしている男性の方達が見えました。
係留作業でしょうか?
DSCN3459.jpg
今年は鵜飼が中止になる日もなく、観覧者の方も増えたとのことで
来年への期待も有り、後片付けにも力が入るのではないでしょうか。

さて釣りの方ですがブルーギル狙いということで動物性の餌が良いと思い
家にあったこれを持って行きました。
DSCN3460.jpg
ちょうどこの日までの消費期限だったカマボコです。

カマボコを餌にするのは初めての試み。
期待して以前ミミズで釣れたところで竿を出してみましたがこれがさっぱり。
全くアタリがありません。

しばらく粘ってみたのですが何の動きもないウキを見ているのに飽き
1時間ほどで移動。

魚がいないのかカマボコの餌が悪いのか確かめたくて魚が確実に見える
支流の両満川にいきました。

フナらしき魚と細長い魚が見えたのでさっそく竿出し。
すると掛かってくれました。
DSCN3463.jpg
細長い魚の正体はアブラハヤでした。

やはりカマボコでも釣れるんですね。
湊で反応がなかったのは、たまたまカマボコ餌に合う魚がいなかったからのようです。

でもバスとギルは以前釣ったことがあるのでいるはず。
またチャレンジしてみたいと思います。

そして秋といえば落ち鮎の季節。
長良橋下流でもガリの方が川の中で竿を振っていました。
IMGP0459.jpg

皆さん体力ありますね~
私も以前はやったのですが、この時期に川に入って、
結構重いオモリを付けた仕掛けとこの仕掛けを振り回すための重い竿を延々と
振り続ける作業をやる元気がなくなってしまい止めました。

これであと少しの期間の瀬張り網漁やガリが終わればいよいよ冬の始まりです。

そして郡上ではサツキマスの産卵が始まる時期です。
今年は畑下で産卵行動見られるかな?

見ることができたらまた報告します。














秋を感じる台風一過

 長良川流域では18日夕方から19日明け方にかけて台風14号が最接近し
通過していきました。

昨日美濃加茂まで行く用事があり、ついでに足を伸ばして郡上の家の点検と
風で落ちていると思われる栗の収穫に日帰りで行ってきました。

岐阜市では雨がそれほど多く降りませんでしたが、上流では降ったようで長良川や吉田川は
かなり増水。

亀尾島川との合流点の法伝橋辺りはこんな状況。
DSC_0074.jpg
増水し茶色に濁った水が激しく流れていました。

我が家の近くの橋の上からみた吉田川も同じく濁っています。
DSC_0071.jpg
左岸側の草の色が変わっているのでわかると思いますが
これでも高いときからは50センチほどは水位が下がっています。

でも、通常の大雨の時の増水の範囲内といった様子でしたし家も無事で
ほっと一安心。
なにせ築古年というボロ屋ですから何かあるとすぐ不具合が出で修理が必要に
なるんすよね。

予想通り、栗も風であおられたくさん落ちていました。
でもまだ落ちずに木にしがみつくように残っているイガも有り、
相当揺れたはずなのに意外と強いものだな~と感心。

隣の田んぼでは稲刈りが行われていて、まさに秋真っ盛りといった感じでした。
DSC_0072.jpg

増水でアユが落ち始めているのでしょうか?
帰りには美並のヤナでアユを拾っている風景も見られました。
DSC_0076.jpg

ヤナの人はヤナが流されるような大増水でなくてホッとされているのでは
ないでしょうか。
流されると何百万円単位の被害が出ると聞いたことがあります。

今回の郡上行きは、台風がもたらした秋を感じる1日になりました。

今日は21日、あと少しで渓流釣りも禁漁期間に「入ります。
もう1回ぐらい行きたいですがどうなりますかね。









今年もぼっち花見だ!

 コメントありがとうございます。
アマゴ釣りの運は使い果たしたようなので今後は良い報告期待しないで下さい。

 さて、岐阜市は桜の満開宣言がありました。
皆さんのところはいかがでしょうか?

桜は昨年、郡上に行く途中に美並の子宝温泉の対岸の桜並木の下でお弁当を
食べながらぼっち花見をしましたが、今年は花見を目的にして
ぼっち花見をしてきました。

場所は関観光ホテル裏の長良川の河川敷です。
蕾も混じっていて満開ではないものの7割位が咲いていて、雨後の濁りがとれた
長良川の水とのコントラストが美しかったです。
IMGP0324.jpg
(上流から鮎の瀬橋を望む)

平日なので花見の人は誰もいず、貸し切り状態。
この桜の下に車を止め、お弁当を食べました。
IMGP0326.jpg

このところ我家でプチブームになっているのがこのお弁当用キャンプセット。
IMGP0328.jpg

3リットル用水タンク、ミニコンロ、湯沸かし用鍋、と食器セットです。
コーヒーやお茶も入っています。

これだと、かさばらないのでドライブなどに出かける時は必ずこの一式を携行
します。
お弁当は行った先のご当地弁当をテイクアウトし味噌汁はインスタントを持参。
これだけ揃っていればほぼなにも困りません。

屋外だし、ソーシャルディスタンスも考える必要もなくコロナ予防ができます。

ただし今回は地元のスーパーの398円の赤飯弁当です。
それでも桜を見ながら赤飯を食べるのは春のお祝いといった感じで
気持ちが良いですね。

目の前の長良川を覗くとまだ水温が低いので魚はたくさん見えませんが
コイがゆったりと泳いでいました。
IMGP0330.jpg

もう少ししたらニゴイが産卵のために集まってくるかもしれません。

桜前線はこの調子だと今度の4月2・3日の土日は美濃市付近までが見頃かな?
美並町より上流はその1週間後位が見頃になると思います。

皆さんも大人数での花見は控えながら出かけてみませんか?






プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる