FC2ブログ

やっと水を得たカッパに

連日の酷暑の中、ダムバスターズのカッパ達が水に戻ってきました。
ラフトには暑さと水量が最高の状態。

午後から顔を出せたので写真に収めてきました。
遊遊広場から出船。
遊遊広場から出船

今年はアユ釣りの状態が良くないのか釣り師達は少なめで
ラフトにはちょっと助かります。

さあいよいよ瀬に突入です。
瀬に突入

どうです。
この気持ち良さそうな様子。
気持ち良さそう1

気温が37度前後の中でのこれは最高でしょうね。
気持ち良さそう2

でもこのとき5人乗ってたはずが見えたのは4人。
おかしいなと思っていたらこの状態。

あれ1人消えた?

船酔いなのか、酒酔いなのか、ただのサボり病なのか

でもどう見ても船酔いには見えませんよね。

途中の岩場ではダイブにチャレンジ。
ダイブ
6~7メートルの高さでしょうか?
自分の目線からだともう少し高さを感じるので結構ビビります。
それが証拠に飛び込んだのはこの彼1人でした。

その下流の橋の上から撮ると私に気づいて余裕のV
余裕のV

これこれ寝てりゃ余裕ですわね。

暑い中気持ちの良さそうな写真を撮ってばかりではつまらないので
私も粥川に戻ってオオサンショウウオ探し。

去年いたところに行ってみたのですが川が少し変わっていて残念ながら
発見できませんでした。

また次回の楽しみかな?

でも魚たちは元気。
19年8月4日粥川
アユ、アマゴ、カワムツなどがたくさん泳いでいました。
ただアユが小さいのにはビックリ。

多くが12~13センチほどでした。
今年は雨が多く苔が生える間がなくて餌不足だったのでしょうかね?
8月には大きく育ってくれるのでしょうか。
ちょっと心配です。

ところで、気持ち良さそうと粥川に入ったのですが、やっぱり長良本流より
水温は低いのでしょう。
冷たくて長くは入っていられませんでした。

これもアユの成長に関係あるかもしれませんね。




スポンサーサイト



水が引いた長良と小物釣り

先日の大雨で水が出てから長良川の様子を見に行けていなかったが
少し時間ができたので行ってみた。

場所はいつもガサガサをやるところの鵜飼大橋から500メートルほど上流。
水が引いた長良川

まだ水は多少高く手前の草の生えているところまで流れがあった。
ただ、草の倒れ方を見てみると多いときはこれより1メートルは
高かったと思われます。


小魚が入ってきていないかと試しにガサってみましたがまったく
魚はつかまりませんでした。
ここは前回話題にした鵜飼船を通すための工事現場から少し上流。

移動のときその現場を見てみましたが今回の増水でだいぶ元に
戻ってきている様子でした。

この現場については、長良川市民学習会の有志で12日に川漁師の平工さんに
案内してもらって見学することになっています。

実施できたらまたあらためてここで報告したいと思います。

この水況で本流でのガサガサはあきらめ支流で小物釣りをやることに
決定。

こちらも多少水は高かったものの釣りには支障なく川を覗くと
魚がたくさん見られました。

支流の水中の様子

さっそく2メートルの竿のタナゴ仕掛けで餌は黄身練り(卵黄を小麦粉で練ったもの)

1時間ばかりの釣りでしたがここも安定の釣果
本日の釣果
オイカワ、アブラバエ、カワムツ、アブラボテの4種類が遊んでくれました。

本当は少し大きめのフナが欲しかったのですが今回は釣れず残念。
他の支流で探さないといけないようです。

昔はどこでも釣れたフナですが最近はめっきり減ってきたようです。
これも時代ですかね?

こんな看板が

大チョンボです。
せっかく書いたのに9日の下流域環境観察会の報告が下書きのままになっていて
公開されていませんでした。

本日2つ公開となります。
アユ解禁日の釣行から行けずにいましたが1週間前の13日に本流を覗いてきました。

八幡町から川沿いを走ったのですが釣り人が少ない。

いつも賑わう万場橋辺りも人がいません。
万場橋から下流を見る
(だいぶ下流に1人だけ見えます)

結局白鳥まで行き、メダカ釣り具でオトリを買い、聞くとやはり白鳥から下流は
釣れていないので上流へ行かないとダメとのことでした。

ただ上流は人が集中するのでなかなか入るのが難しく、結局高鷲まで行き
竿を出した。

午後からの釣行だったので午前中に入られていて釣果は厳しいかもと思いましたが
石のきれいそうな所を探して誘うとポツポツと掛かってくれて午後2時から6時までの
4時間で10匹でした。

6月13日釣果

渇水気味で苔が腐っていた状態だったのでまずまずだったのかもしれません。

その後情報を聞くと、本流も吉田川も上流が良いとのこと。
明宝もよく釣れていたらしい。

ただあれから雨が降ったので状況は変わっているかもしれません。

本日久しぶりに伊自良川でガサガサをやってきましたが少し水が高く、
長良川も同じ状況でした。

今日、川に着くと岸付近にカゴが仕掛けてありました。

亀捕獲カゴ

スッポン漁でもしているのかと思いましたが近くまで行くとこんな看板が目に
入り納得。
看板

まだ亀は入っていなかったので仕掛けて時間が経っていないようでした。


なので少し離れたところでガサりましたがこの川は安定の成果。

6月21日ガサガサ
大きいカワムツとシマドジョウ、アブラボテ、かわいい小型のドンコ数匹などが
獲れました。

かわいいドンコを持ち帰って育てることも考えましたが肉食系なので
我慢してすべて放流してきました。

暑かったので水の中にいれば少しは涼しいかもと出かけたのですが
ウェッダーなんで水の中でも暑くて濡れてもいないのにズボンは汗で
ベッタベタでした。

やはりこの季節はアユ足袋と水着でないとダメですかね。
でも肌がでてるとヨシ系の草で切れるんですよね。
工夫が必要です。



2019年アユ釣り解禁

6月2日郡上のアユ釣りが解禁となった。

昨年は冷水病が出た事もあり我が家の下の吉田川に姿が見えず
解禁日の釣行をとりやめたが今年は小さめの様だが姿は見えるので
何匹かでも釣れればと竿をだした。

朝5時から釣り始めたがそのときには少し下流のポイントにすでに人がいて
解禁日を感じさせた。

川に降りると自分の姿のせいか上からそれまで見えていたアユが見えなくなり
つれるんかいな?と心配になるほど。

でもそこは解禁日、竿を出してパタパタと3匹掛かった。
だがここからが大変。

やる気のあるアユはまだ少なく、ここではこの後全く反応なし。
仕方がないので移動できる範囲であちこち探りなんとか
お昼までに15匹に到達できた。

でもアユは14匹。
というのもこんなお土産が・・・
2019年アユ解禁日釣果
間違って掛かってくれた21センチのアマゴ。
まだアユが小さい時期だけに立派に見えます。

本流の長滝あゆパークで釣っていた弟から電話があったが
こちらは良くなくて10匹。
釣友に聞いても午前中で一桁の人も多い様子とのこと。

どうやら低調な滑り出しの様でした。
思っていたより気温が低かったことも影響しているのかな?

放流アユは長良川で捕ったアユから生産した魚苗センター産F1稚魚がほとんどだが
今後どうなっていくのでしょうか?

吉田川については今のところ冷水病は大丈夫の様ですが
こちらも心配ですね。

帰りに八幡の町中を通って川の様子を見て来ました。
八幡橋(学校橋)の上流側
学校橋上流側
下流側
学校橋下流側
夕方なので釣り師は1~2名でしたが、橋の上には釣り人以上の数のギャラリーが
いました。

私もここで釣ってみたい気もあるのですがキャラリーが多いとプレッシャも大きそうなので
ヘボ釣り師としては二の足を踏んでいます。

もっとも地元の釣り師でいっぱいでなかなか入るのも難しいかもしれません。
今日の通称町裏と呼ばれる釣り場はすごい人だったようです。

人気のある場所はのんびり釣り師には向いていないかもね。

それにしても寒かった解禁でした。
こんなに寒い解禁は久し振りなのではないでしょうか。

暑くなって釣果が上向くと良いですね~















濁りと釣り

21日(木)は久しぶりの本格的な雨。
長良川も濁っていた。

前回の餌が残っていたので釣りを予定していたが吉田川もこの濁り。
久しぶりの濁り

我が家の下は川幅が狭いので水位の変化が大きい所ですが、
そこで50~60センチほど増えていた。
なので次の日に期待しこの日の釣りは諦め庭仕事。

次の日の朝、少し早めの7時頃に起床。
(郡上に来ると寝過ごす事が多くこれでも早いのです)

すぐに川を見ると良い具合にササ濁り状態。
ササ濁りになる

さっそくこんな時に最高の秘密の場所へ。
最初は反応が無くダメかと諦めかけたがこれまでの実績を信じて頑張ると
待望のアタリ。

これが思ったより大きく焦って手前に引き寄せようとしたら
竿の先には木の枝が・・・

案の定仕掛けが絡んで痛恨のバラし(泣)

それでも一度は針掛かりしたのだからと気を持ち直して竿を降り続けると
再びアタリ。
21センチのアマゴでした。

そして次何投かしたところで目印が変な動きをしたので合わせると
竿を握る手にずっしりとした重み。

今度は慎重に上空の木の枝を避けながら引き寄せ網へ。
今度はイワナでした。
結局釣れたのは2匹だけでしたがこのイワナ29.5センチありました。
良型イワナとアマゴ

ヒレを見ると2匹とも成魚放流物がのようでしたが、この場所は成魚放流
していないのでに増水によって上流から下ってきたようです。

この条件で2匹は良い方でしょう。
1匹バラしたのは悔しいけどこれも釣りですね。


今回増水したのでこれで少し暖かくなる長良川支流の小河川も良いかも
しれません。
きっと良い釣りができると思いますよ。

もしできなかったときは私の情報のせいではなく皆さんの腕ということです。
腕前までは責任持てませんのでよろしく。






プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる