FC2ブログ

まだ姿見えず

先週釣りに使った餌の川虫を冷蔵庫で保管しておいたら
1週間たってもまだ生きていたので使わないともったいないと思い
吉田川の支流の寒水川と気良川に釣行。

寒水川のつり場まで川沿いに道路があるのですが、
走っていると途中に異様な光景が目に入りました。

寒水の埋め立て地
川沿いの土地が産廃の残土で埋め立てられていたのです。

産廃処理場があるのは知っていましたが昨年来たときは
ここまで埋め立てられていなかったのでビックリ。

いつもの釣り場はここから車で3~4分ほど上ですが
これを見てやる気が削がれてしまいました。

それでもせっかく来たのだからと車を走らせ現場に到着。
2月16日寒水川
川を渡る橋の上から下流側を見た写真ですが、ここは人家もあるので埋め立ても
できずそれほど大きく変わっていませんでした。

雪や雨が少ないので川は渇水状態。
竿を出してみましたが3箇所ほど流してみてもアタリはまったくなく
即退散しました。

すぐに見切りをつけて時間があったので気良川へ。
2月16日気良川
こちらは下流から旅館もたくさんあるし民家もあるので変わらない様子。

この写真のところで竿を出してみましたが、ここも厳しく1回のアタリすらありません。

5時頃には雪は舞い出し寒さも厳しさを増すしで30分ほどでギブアップ。
結局今回も渓魚の顔は拝めませんでした。

まだ早いようです。
雨が降って水量が回復し水温が上がるのを待たなければいけないようです。

ここがこれだけ水がないとすれば長良川本流へ入る小さい支流もここ以上に
水がないので釣るのは大変かもしれませんね。
まとまった雨が欲しいです。

それにしても寒水の埋め立て残念です。
郡上から和良へ行く堀越峠までの途中にも産廃で埋め立てたところがあります。

山間部はこれから人が住まなくなりこういった所が多くなって行くのでしょうね。
仕方の無いことなのかもしれませんがなんだか寂しい気持ちになります。



スポンサーサイト

2019年アマゴ解禁でびっくり

2月10日(日)は2019年のアマゴ解禁日。
成魚放流を狙わないのでゆっくりと岐阜を出て川沿いに郡上へ向かった。

156号線を走っていると美並町の鉄橋下で釣り人発見。
どうやら成魚放流場所らしい。
2019年解禁1

到着したのが11時過ぎということもあって釣りきられたのか
見ている間にアタリは見られませんでした。

そのまま川沿いに北上していたら、ラフティングのスタート地点の3段の瀬で
カヌーをやっているのに出くわしビックリ。
大丈夫1
天然アマゴもまだ本流には出てきていないというのに
この寒さの中、水に浸かるとは・・・
見ていたこちらが身震いしてしまいました。

もうほとんど中毒としか言いようがないですね。

この少し上流ではサップ隊も
大丈夫2
いくらウエットスーツを着込んでいるとはいっても手は濡れますよね。
鮎釣りだってウエット着て水に浸かっていると腰を痛める心配があるくらいなんです。

余計なお世話とわかってはいますが、ホント大丈夫かと心配になるほどです。

そんな心配をしながら美並橋までいくとこちらはフライ釣り隊がずらりと並んでました。

2019年解禁2
こちらは足元が少し水に浸かるくらいなので心配なし。
でも釣れたところはここでも見られず残念。

で私はといえば年券と川虫のキンパクを買って吉田川のいつもの場所で竿だし。
2019年吉田川
やはり天然はまだ動き出していないのか、アタリすらない完全ボウズでした。
ここまで完璧なボウズだと悔しさも浮かばず。
3月になってからですね。

でも小さいので良いから姿だけ見たかったな~(本音)

ただ新聞によれば小さい支流で天然が見られた所もあったようなので
また寒水や神路(かんじ)、栗巣など出かけてみたいと思います。








2019年初ガサガサ

東海地方ではインフルエンザが大流行していますね。
愛知県は全国1位で岐阜県は第3位とのこと。
雨がなく乾燥がひどいのも原因の1つのようです。
皆さんもできるだけの対策を。

長良川に今年初めてのガサガサに行ってきました。
川も雨がなく大渇水。

今日やったワンドになっているところもいつもならもっと水位があるのですが
途切れてしまい干上がってしまったり水たまりになっているところがありました。

こちらはなんとか本流の流れと繋がっています。
現場の様子1

でもこちらは完全に水溜まりとなっていました。
現場の様子2

水溜まりがほぼ干上がった所にはサギでしょうか?
鳥の足跡がたくさんありました。

鳥の足跡

魚の死骸は全くなかったので、鳥にとってのこの時期の貴重なエサ場となって
いたようです。

さてガサガサの結果はと言うと
この水温の低さの中で、こんな所水溜まりのような所でも魚たちを
たくさん見ることができました。

浅いところなので大物は見えませんが2~5センチほどのものが一掬いで
たくさん捕れます。
一掬い

これだけ魚が見られると楽しいですね。
観察ケースもすべて入れることができないので一部だけ

成果の一部

1匹の大きい物はオイカワです。
あとの小さい物は小さすぎてわかりにくいですが、ほとんどがオイカワと
カワムツだと思います。

1匹模様が明らかに違う物がいて連れて帰ってきました。
図鑑「岐阜県の魚類」で調べてみましたがコウライモロコみたいにも
見えますがまだ小さすぎてよくわかりませんでした。

うまく大きくなってくれるとハッキリすると思います。

現在飼育している魚は3つの小型水槽にシマドジョウ、カマツカ、フナ、カワムツ、オイカワ
タイリクバラタナゴ、アブラボテ、ヤリタナゴ?、タモロコ、、ウグイ、モツゴ
アブラハヤがいます。

今年も始まった魚捕り。
あらたな種類増やせるかな?

ドンコやナマズなど魚を食べるものはいっしょに飼えないし、
環境的に難しいアマゴやイワナも飼育困難なので今後増やしていくのは
難しいかもしれませんね。

でもチャレンジしてみますよ。







カマツカが仲間入り

久しぶりに長良川などをガサってきた。

最初はいつもの岐阜市内の鵜飼大橋上流。

ワンドの中をガサると小魚がたくさんタモに入ってきます。
秋の魚たち
オイカワの稚魚?、アブラバエ、ヨシノボリ、スジエビなど。
10センチほどのナマズも捕れましたが、病気にかかっていてカビが生えたように
なっていたので即放流。

しばらく探ってみても魚の種類が増えないので移動。

あちこち探し歩いて着いたところが、これまた行きつけの武儀川下流部。
ここはテトラが入っていて隠れるところがあるためかいろんな魚が見えます。

オイカワ、カワムツ、アブラバエ、スジエビ、そしてドンコも見えました。
でもテトラが邪魔してガサガサで捕るのは難しい場所。


そんな中運良く捕れたのが、私が子どもの頃からスナクジと呼んでいるカマツカ。
武儀川のカマツカ

7センチ弱の稚魚です。
これは我が家の水槽の魚たちの仲間にいれなければと持ち帰ってきました。

タナゴは気が荒いそうなので避け、鮒やシマドジョウのいる水槽へ入ってもらいました。
仲間入り

うまく育ってくれるかな?

ほんとはオイカワやカワムツ、ウグイなども飼ってみたいのですが
水槽をもっと大きくするか増設する必要があるので今回は見送りました。

でも小さな水槽ですが魚が元気に泳いでいるのを見ていると結構癒やされますね。
タナゴなんて朝になると餌をもらえるのがわかって集まってきます。









四苦八苦で交流会追加報告

持っていたPCがあまりにも古くなってウインドウズ10版を買ったのはいいけれど
中身が変わりすぎていて年寄りには扱うのが大変(泣)
何をやるにも一つ一つ調べ四苦八苦しながら必死。

いつも交流会でカメラを担当してもらっている方から写真をCD-Rで送って
もらいましたがPCに入れても作動せず、古いPCにあったマイ・コンピューターは
どこにいったと一人で大騒ぎ。

なので追加の報告が遅れてしまいました。

学習コーナーで反対する会の代表の高木が河口堰反対運動の歴史など少しお話。
ここに来ていた吉野川のメンバーは若い方が多く、物心がついた頃にはすでに河口堰が
運用されていて運動は知らない方がほとんど。
そんなことがあったんだ~という感じ。
代表の話

夜のキャンプ
若者達多いでしょ。
若者達

こちらは反対する会のコーナー
こちらにも若者いるけど・・・・
キャンプ風景1

夜遅くまで川の話から人生?の話まで
キャンプ風景2

次の日の川の中
前日とは違う場所。
オオサンショウウオ顔出してますね。
オオサンショウウオ追加1
今年は3箇所で見ることができましたが粥川の短い流れの中で
いったいどれだけのオオサンショウウオが生活しているのでしょうね?

今年は魚が少ないという印象でしたがそれでもアマゴやアジメドジョウなど
は見ることができました。
オオサンショウウオ追加2
やっぱきれいだね。
あらためていつまでも守りたい川だと思います。

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる