fc2ブログ

返り討ちの小駄良川と複雑な思いの吉田川

 14日から一泊で郡上に行き、久しぶりに竿を出した。

14日は夕方竿を出すために午前中から出発。
到着してすぐにジャガイモの植え付けを開始。

準備はしてあったが、畝を立てたりマルチを敷いたりで結構時間が掛かり
川に降りられたのが午後5時前ごろ。

水は少し高め。
DSC_0119.jpg

まだ明るかったので早いかと思ったが、一振り目から当たり出た。
ところが油断していて掛かりがあまく痛恨のバラし。

それでも魚がいることはわかったので、同じ所を流すと再度のアタリ。
思ったより引きが強くビックリしたが、今度は確実にと慎重にやり取り。

釣れた魚を見て再度ビックリ。
DSC_0123.jpg
25センチ近くのシラメでした。

これに味をシメ再度同じ所を流すと今度は同じようなサイズのアマゴ。
結局暗くなるまで粘り、一ヶ所で6匹の釣果でした。

DSC_0127.jpg
型がまずまずなのは4匹。(2匹は放流サイズでリリース)

家に帰って採寸してみると約24センチでした。
DSC_0128.jpg

大きい2匹はたぶん上流で成魚放流されたものが増水で下ってきたものだと思います。
少し小さい2匹は昨年稚魚放流されたものだと思います。

これだけ活性が高いならと今日は以前撃沈した小駄良川に行ってみました。
前回ボウズだった良く入るところに到着すると先行者が上がってきたところ。

諦めて上流へ。

同じ場所の上流側
DSC_0131.jpg

下流側
DSC_0132.jpg

しかしここもすでに入られていたようで、ヨシが倒されていて歩いた跡が
くっきり。

せっかく来たのだからと竿は出してみたものの、カワウがいてアウト。
当然アタリなど出もせず撤収となり完璧な返り討ちにあってしまいました。

それならと、昨日釣れた吉田川に戻ることにして、明宝手前まで来て
川に降りようとしたところ足に違和感が・・・

これ、釣りあるあるです。
DSC_0134.jpg

靴底のフェルト剥がれで完全にノックアウト。
結局明宝の道の駅で昼食を食べて帰ることになりました。

でもここの蕎麦屋さんのランチ、3種類の蕎麦が食べられて味も美味しく
満足でした。

半分ぐらい食べてから写真を撮っておけばと思ったのですがほぼ跡形も無く
後の祭りでした。
でも皆さんここに寄ったときは食べてみて下さい。

蕎麦もですが小鉢の肉じゃがやデザートも優しい味で美味しいと思います。



スポンサーサイト



ニジマス流出の顛末と貝探し

  前回、釣り堀から長良川本流にニジマスが流出したことをお知らせしました。
これにともない2月20日から休業していた釣り堀ですが、長良川の生態系に与える影響を
心配する声が大きく、再開を断念したことが判りました。

img095.jpg

約3,000匹が逃げたと推定され、残った魚を回収して終了。
来年からについても玉田和浩漁協組合長は「やらん」と明言したそうです。

その玉田組合長の言い訳が「大丈夫か?」と突っ込みを入れたくなるようなものです。

「世界農業遺産の長良川の鮎を守るため、川に注目してもらおうと始めたことが
あだになった。鮎に影響はないが、外来種というと一緒にとらえられてしまい、
誤解を招くのでやめた。」

と言ったそうです。
魚食性もある外来種を放流して「長良川の鮎を守るため」
これが長良川漁協の組合長の言葉です。

たとえ鮎への影響が大きくないとしても、
長良川でニジマス釣ったら釣った人にとっては
「世界農業遺産の長良川のニジマス」になるでしょ!

岐阜県のHPで世界農業遺産清流長良川の鮎と検索すると
3番目に「川に息づく生き物たち」という所で
生物多様性が保たれていますと宣伝しています。

玉田組合長は岐阜県の古参の県議でもあるのです。
これでは県が観光客から詐欺だと言われても言い訳できないでしょう。

しかし、今回のことでとりあえず来年以降も中止となったことで岐阜県民として
ほっとしています。

でもこんなことがこれからも起きかねませんので目を光らせて起きたいと
思っています。

さて次はお知らせを一つ
よみがえれ長良川実行委員会では次のイベントを企画しました。
img096.jpg

温暖化で海の環境がおかしいということを良く耳にします。
しかしその前に変わりつつある伊勢湾に注ぐ川との関係はどうなのか?

そういったことを「海の博物館」館長の平賀大蔵さんやフリーライターの新見貴資さん、
長良川の川漁師の平工顕太郎さんをお招きして学びたいと思っています。
img097.jpg

予約不要、参加費無料ですが資料代500円です。
たくさんの方の参加をお待ちしています。

おまけです。
貝探しに行ってきました。
支流伊自良川水系の用水です。
タナゴがいる所なので貝もいるとは思いましたがいろいろ見られました。
DSCN5214.jpg

オバエボシガイ、ササノハガイ、マツカサガイ、イシガイ、シジミの5種だと思います。
ただ左の大きい貝
DSCN5217.jpg
オバエボシガイだと思うのですがこんなに大きいのは見たことが無いので
自信がありません。

30分ほどガサってこれだけ見つけられました。
DSCN5218.jpg

近くでは工事が行われていました。
この用水もいつまで貝が生きられるか心配です。
貝がいなくなればタナゴも消えます。


2024年もボウズから始まる

 前回、掲載した長良橋の釣り堀の件が記事になっていました。

img090.jpg

オープンということで知事や市長、県会議員である漁協組合長がくるので
動員が掛かっていたようですね。

この記事のなかで組合長が「釣り愛好家を増やし清流長良川を知ってもらいたい」と
語ったとありました。

その清流長良川にニジマスを放流しながら、知事もこの県会議員でもある組合長も
導水路を早く造ってくれ(徳山ダムの水を流してくれ)と国に要請しています。

オープンイベントは盛り上がったように書かれていますが、
本当にこれで良いのでしょうかね?

 ところでまったく知らずにいましたが、今年は郡上も2月1日にアマゴ釣りが
解禁となっていました。 (例年は中央漁協より1週間ほど遅い)

もう一つ、やはり郡上も年券が値上がりしていました。
そして高齢者割引は無くなり若者は25歳未満が無料となったそうです。

ここでも若い釣り愛好家を増やしたいということですね。

漁協も苦しいということの現われなのでしょうか?
余裕があれば高齢者割引はそのままにしておけば良いのですから。

そんな郡上のアマゴ釣りに7日夕方、行ってきました。

場所は小駄良川。
DSCN5147.jpg

良さそうに見えるでしょ~

下流側
DSCN5148.jpg
ますます良さそうに見えるでしょ~!

でも結果はボ~ズ
30分ほど流してもまったくアタリすらありませんでした。

諦めてさらに下りました。
DSCN5149.jpg

「釣って下さいね」とばかりに川に降りるハシゴまであります。

ところがここでもアタリすらありません。
パーフェクトボーズ!!!

雨が降って水が出たらリベンジしてやる!







長良橋あたり

 いつもコメントありがとうございます。

 私も、鵜飼のオフシーズンは長良橋周辺の宿にとって観光の目玉がないので
何らかの手を打つのは大切な事だと思います。

私も管理釣り場を開設することで冬場の観光の方がふえるのであれば
それも良いかと思います。

ただ問題は放流する魚ですね。

岐阜市の「生物多様性プラン」という冊子には、生物多様性の大切さが訴えてあり
その中の「市民にできること」というところに
「ペットや他地域で採った動植物を野外に捨てない」と明記してあります。

長良川のアユだってその遺伝子を守るために長良川で採取したアユから卵を採り
受精させて稚鮎を作っています。

それなのに長良川に流入するかもしれない場所の管理釣り場にニジマスの放流は
おかしいのではないかと思っています。

いただいたコメントにもありましたが、シラメはこの周辺でも釣れることがあります。
だったら、放流するのはシラメにするべきだと思います。

その釣り場ですが、開設までに1週間ほどということで再度見に行ってきました。
長良橋下流側です。
DSCN5063.jpg

こちらは上流側
DSCN5065.jpg
水の取り入れ口が作ってあります。

鵜飼シーズンは船の出入りがあるのでまた広げるということでしょうか?

まだ釣り場を区切る網の設置や看板など釣り場を案内するものは何も
ありませんでした。

また開設したら見に行くつもりです。

この日は釣り堀の上流の川の真ん中でも工事をしていました。
DSCN5066.jpg

洪水対策には見えませんが鵜飼の船が通りやすくするためでしょうかね?

 さて本日24日は岐阜市は久しぶりのまとまった降雪となりました。
積雪13センチとのこと。

せっかくなので雪の長良橋周辺を見に行ってきました。

グランドホテル前から下流の長良橋までの風景です。
DSCN5081.jpg

長良橋下流からの金華山に向けての風景
DSCN5095.jpg

本当は岐阜城も入れたかったのですが雪が降っていて霞んで見えませんでした。
残念!!







釣れなかったけれど.・・・

 お正月明けに岐阜新聞のWEBニュースで長良川漁業協同組合が
川原町近くの長良川左岸に釣り堀を開設するという記事を見つけた。

 さっそく場所を確認しに行ってきた。
場所は鵜飼観覧船乗り場で観覧船を停泊させておく湊になっているところです。
DSCN5049.jpg
いままさに工事の真っ最中。

下流側
DSCN5048.jpg

オープンは2月1日の予定で営業期間は鵜飼のオフシーズン。
「アングラーズフィッシングパークナガラ」の名称で岐阜市の釣り具メーカー
「ジークラック」が運営するとのこと。

目的は、
・釣り人口の裾野を広げ、子どもから大人までの様々な人に長良川の釣りの
 魅力を知ってもらう。

・鵜飼のオフシーズンに観光客が長良川と間近に触れ合うことができる
 新たな観光コンテンツとする。
 (鵜飼のオフシーズンに観光客を呼び込める場所にしたい)

料金は男性3,500円 女性と高校生が2,400円で半日券や釣り具の貸し出しもある
とのこと。

ここまでは良いのですが、
釣りの対象魚を見てビックリ。

「網で囲った中にニジマスを放流してルアーで釣ってもらう」とあり、
思わず「オイオイ」と、独り言で突っ込みを入れてしまいました。

あれだけ「世界農業遺産」と謳っておいて、鵜飼の中心そのものに
ニジマスを放流とは、開いた口がふさがりません。

釣りに来た人は釣れた魚を見て「長良川のニジマス」とのイメージを持って帰るわけです。

ましてや釣り堀の開催期間中に大水が出たら、当然網から逃げ
長良川に入るわけです。
結果的に長良川に放流するのと同じ事になります。

世界農業遺産の長良川を謳うなら、放流するのは最低でもシラメ(銀毛アマゴ)
ではないでしょうか?
シラメなら岐阜市の長良川に居ても不思議ではないです。

どうしてニジマスなのか訳がわかりません。
コスト面? 釣りが難しくなる?

考え直してもらえませんかね?


 本日17日は今年の初釣行。

餌はミミズを用意。
いろいろ回って魚が見えたのは鏡島大橋下流で長良川に合流する両満川。
覗くと小さいけれど魚はいっぱい。
DSCN5056.jpg
見たところ小型のオイカワかカワムツのようです。

これだけいれば掛かるだろうとさっそく竿を出してみましたが
餌に寄ってくるものの咥える様子はなく、ヒマ~

日差しの暖かさにぼんやりしていると上流に2人の若者がガサガサをやりに
入りました。

DSCN5059.jpg

ガサガサ系ユーチューバーかとも思いましたがカメラは持っていないし
何をしているのか気になって釣りをやめ声を掛けてみました。

聞くと2人は岐阜大学の教育学部の学生さんで研究のためヨシノボリを
採取しているとのことでした。

目的はヨシノボリに寄生する寄生虫を調べるためで、2007年頃に長良川水系で
初めて見つかったそうで学名に長良川が付いているそうです。
DSCN5060.jpg
上の太い文字が名前です。
(どうやって読んでいいのか判りません)

50個体のヨシノボリから寄生虫を持っている割合を調べるとのことでした。

寄生されるとお腹がぷっくりと膨れるそうで、その写真もみせてもらいましたが
確かにエラのすぐ後ろのところが異様に膨らんでいました。
今のところ他の魚には見られないとのことで一安心。

思わぬ学びの場になった楽しい出会いでした。





プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる