FC2ブログ

初冬の釣り

コメントありがとうございます。

同じ頃に郡上にいたのですね。
怪しいおっさんを見掛けたら声をかけて下さいよ~

そして、前々回の記事へのコメントでタナゴについて色々教えていただき
ありがとうございました。

有名な場所だったのですね。
全く知りませんでした。

ただ私も商売にしているトリコらしき人たちを見掛けました。
軽ワゴンに魚を活かしておくようないろいろな機材を積んでやって来た2人組の
男性を見ました。

ガサガサの場所もトリコと間違われるといけないので気をつけるようにしたいと
思います。
タナゴ釣りの現場の写真については,特定されるかもとのことなのでカットしました。

さて今回は、
岐阜市内の長良川の支流を覗きに行ってきました。
少し前に通り掛かったとき川を覗いたらたくさんの魚が見えたのでチャンスがあれば
と考えていましたが、少し時間がとれたので魚の種類を確かめてきました。

川幅は狭く、道具は2.4メートルの竿でタナゴ仕掛け。
餌はタナゴグルテンという練り餌。

12月3日の釣り場

何が釣れるか期待して竿を振ったのですが釣れるのはカワムツの稚魚サイズばかり。
やっとなんとかアブラボテが1匹
カワムツとアブラボテ

他にも違う魚がいるはずなんでしょうが、ここまでカワムツが多いとは。

ウォーキングで通りかかったおじさんが声をかけてくれましたが
「ここはカワムツばかりだね」と言ってました。
ならアブラボテがいるのがわかっただけでも良しか?

その方も昔はアユ釣りやったけど河口堰できてから釣れなくなったのでやめたとのこと。
いまは長島温泉の方まで出かけてもっぱらウナギ釣りをしているとのことでした。

今年は30匹以上釣ったとのこと、うらやましい~
でも水のせいもあるのか旨さは今一歩とのことでした。

そうです。水は大事です!!!

タナゴの話もしたら「昔はセンパラ(タナゴのこと)たくさん釣れたけど
川が変わっちゃって今はいないね~」と淋しそうでした。

ただ昔いたというところの場所を聞いたので、時間があれば確認に行ってみようかと
思います。

何気ないおしゃべりからヒントもらえますね。
でも、もしタナゴいても今度は内緒ですよ~。

スポンサーサイト



交流会2019

7日・8日(土・日)に吉野川の「川の学校」の方々との交流会を美並町の
粥川バンガロー村で開催した。

7日はお昼頃に集合、一緒にラフトを楽しんだり粥川中心に川遊びを楽しみました。

7日のラフトメンバー
1日目ラフト1

初参加の方やラフト初体験の方中心なので出発前にはセーフティトークや
トロ場での練習が必要。
1日目ラフト2

お手伝いを終えた私は粥川でオオサンショウウオ探し。
ところが見つかりません。

魚は、以前アユが小さいから心配と報告しましたが、今回も数は沢山いるものの
やはり小さい物ばかりという感じでした。
粥川の中

夜はいよいよ交流会本番。
夜の交流会1

乾杯のあと、各地からそれぞれが持ってきた食材や持ち込まれたさんの長良川アユや
当日獲れたアユ、オイカワ、ウグイなどを焼き食べながら懇談。

川の学校のメンバーが行ってきたユーコン紀行の映像を見たり、長良川河口堰や吉野川のこと
石木ダム反対運動についてのことなどが話題になったり。
夜の交流会2

吉野川のメンバーは若い人が多く、24年前の1995年に運用され始めた河口堰の
建設反対運動については知らない様子。

高木代表がその経過を話したり、その後の吉野川の可動堰建設計画反対運動との
関係が話題になったりしていました。

こうしたことが今後も出てくるだろう無駄な公共事業への問題意識を持つきっかけに
なってくれれば良いですね。

もちろん川の話だけで無く人生、恋愛、趣味、そして無駄話と夜遅くまでの交流でした。

2日目も午前中はダムバスターズのメンバーがラフトで案内。
2日目ラフト1

今回はビギナーではあるものの経験者が多くちょっと余裕?

2日目ラフト2

この日はラフトに最高な川の状態でコマーシャルラフトも多く結構な行列
2日目ラフト3

でもきれいでしょう。

これを橋の上から撮るとこんな感じ。
2日目ラフト4
やっぱり長良川いいですね~

こうして正午ごろまで楽しんで解散。
終了間際に聞くと前日私が潜ったところでオオサンショウウオが2匹見られたとのこと。

え~昨日潜ったのに!と悔しがっても後の祭りでした。
来年こそは必ず見るぞ!!!

吉野川の人たちと来年の再会を約束して別れた後、反対する会のメンバーは昼食。

女性メンバーがこんな粋な計らい。
川流しそうめん1


バンガローの少し上流の粥川で流しそうめんです。
川流しそうめん2

川の水でやることに抵抗のある人は誰もいず競い合ってそうめんを掬いパクパク。
粥川の水は冷たくて最高に美味しかったです。

来年もまた再会できるのを期待してま~す。



今年のアユ釣り終了かも

前回紹介した鵜飼観覧船流出の新聞記事のその後が気になり
22日に現場を見てきました。

修復は進んでいてほぼ復旧した様子でした。
係留場2
長良橋直下のこの辺りはなんとか決壊せずに済んだようで以前と変わらず
の様子。

決壊したのは係留場でも上流側がひどくこちらはこのときも修復作業が
進められていました。
係留場1
砂利が高く積まれほぼ完成した様子でこれで一安心といったところですね。

ただこれからが台風シーズン本番
今後も大雨に気が抜けない期間が続く関係者の方々ですね。

さて、今日25日は釣りをやりたいと友人夫婦がお子さんを2人連れて
遊びに来ました。

このところ毎年夏にやってきて吉田川で遊んできたのですが
今年はこれまでの雨で水位が高くいつも子ども達が遊ぶ河原が水の中。

お父さんアユ釣りを経験したいと期待していたのですがこれも今日の吉田川では
子連れでは難しく、仕方が無いので子ども達が遊べる所を探して車で吉田川と
長良川の合流点まで行きました。

本流左岸側で子ども達が水遊びできるところを探したところで
父さんはアユ釣り体験あきらめ餌釣り。

結局ミミズを餌にウグイやらカワムツを3匹キープ。
仲間入り3匹
こちらは池に仲間入りです。

周りではアユ釣り師が20~30人並んで竿を出していましたが私たちがいた
10時~12時半までの間誰一人として釣り上げた人がいませんでした。
アユ釣り体験したかったお父さんも現状をみて竿を出さなかったけど
これでは仕方が無いかという様子

私自身もこのシーズン中盤以降まったく竿出せていなくて状況が
良く分かりませんでしたがここまで釣れないとなるとさすがにビックリでした。

今週も雨の予報が続いています。
この調子だと私のアユ釣り、今年はもう終了になりそう(泣)










やっと水を得たカッパに

連日の酷暑の中、ダムバスターズのカッパ達が水に戻ってきました。
ラフトには暑さと水量が最高の状態。

午後から顔を出せたので写真に収めてきました。
遊遊広場から出船。
遊遊広場から出船

今年はアユ釣りの状態が良くないのか釣り師達は少なめで
ラフトにはちょっと助かります。

さあいよいよ瀬に突入です。
瀬に突入

どうです。
この気持ち良さそうな様子。
気持ち良さそう1

気温が37度前後の中でのこれは最高でしょうね。
気持ち良さそう2

でもこのとき5人乗ってたはずが見えたのは4人。
おかしいなと思っていたらこの状態。

あれ1人消えた?

船酔いなのか、酒酔いなのか、ただのサボり病なのか

でもどう見ても船酔いには見えませんよね。

途中の岩場ではダイブにチャレンジ。
ダイブ
6~7メートルの高さでしょうか?
自分の目線からだともう少し高さを感じるので結構ビビります。
それが証拠に飛び込んだのはこの彼1人でした。

その下流の橋の上から撮ると私に気づいて余裕のV
余裕のV

これこれ寝てりゃ余裕ですわね。

暑い中気持ちの良さそうな写真を撮ってばかりではつまらないので
私も粥川に戻ってオオサンショウウオ探し。

去年いたところに行ってみたのですが川が少し変わっていて残念ながら
発見できませんでした。

また次回の楽しみかな?

でも魚たちは元気。
19年8月4日粥川
アユ、アマゴ、カワムツなどがたくさん泳いでいました。
ただアユが小さいのにはビックリ。

多くが12~13センチほどでした。
今年は雨が多く苔が生える間がなくて餌不足だったのでしょうかね?
8月には大きく育ってくれるのでしょうか。
ちょっと心配です。

ところで、気持ち良さそうと粥川に入ったのですが、やっぱり長良本流より
水温は低いのでしょう。
冷たくて長くは入っていられませんでした。

これもアユの成長に関係あるかもしれませんね。




水が引いた長良と小物釣り

先日の大雨で水が出てから長良川の様子を見に行けていなかったが
少し時間ができたので行ってみた。

場所はいつもガサガサをやるところの鵜飼大橋から500メートルほど上流。
水が引いた長良川

まだ水は多少高く手前の草の生えているところまで流れがあった。
ただ、草の倒れ方を見てみると多いときはこれより1メートルは
高かったと思われます。


小魚が入ってきていないかと試しにガサってみましたがまったく
魚はつかまりませんでした。
ここは前回話題にした鵜飼船を通すための工事現場から少し上流。

移動のときその現場を見てみましたが今回の増水でだいぶ元に
戻ってきている様子でした。

この現場については、長良川市民学習会の有志で12日に川漁師の平工さんに
案内してもらって見学することになっています。

実施できたらまたあらためてここで報告したいと思います。

この水況で本流でのガサガサはあきらめ支流で小物釣りをやることに
決定。

こちらも多少水は高かったものの釣りには支障なく川を覗くと
魚がたくさん見られました。

支流の水中の様子

さっそく2メートルの竿のタナゴ仕掛けで餌は黄身練り(卵黄を小麦粉で練ったもの)

1時間ばかりの釣りでしたがここも安定の釣果
本日の釣果
オイカワ、アブラバエ、カワムツ、アブラボテの4種類が遊んでくれました。

本当は少し大きめのフナが欲しかったのですが今回は釣れず残念。
他の支流で探さないといけないようです。

昔はどこでも釣れたフナですが最近はめっきり減ってきたようです。
これも時代ですかね?
プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる