fc2ブログ

生物多様性シンポその後

 2月1日の長良川中央漁協管内でアマゴ釣りが解禁になり、
今度の11日土曜日には郡上漁協管内の渓流が解禁になります。

ただ私自身は今、前回の生物多様性シンポの流れから淡水の二枚貝に
興味が向いていて釣りへの盛り上がりが薄め。

昨年は中央の解禁の時には成魚放流地点を回ったのですが、
今年は貝探しで行けていません。

以前、解禁までに高鷲方面まで工事がないか様子を見に行けたらと
書きましたがこちらもどうやら無理のようです。
ご勘弁ください。

ただ郡上の解禁日後できるだけ早く竿を出してみたいと思っています。
また報告します。

 さてその淡水の貝についてですが、シンポのあと川瀬先生から
たくさんの研究報告書や資料をいただきました。
全部で20冊以上ありました。

IMGP0544.jpg
(その一部です)

その中にこの冊子がありました。
「名古屋市の淡水貝類」
img030.jpg

中には二枚貝の写真がありました。
img032.jpg

・23イシガイ  ・24オバエボシガイ  ・25マツガサガイ  ・26トンガリササノハガイ
・27カタハガイ  ・28タガイ  ・29ヌマガイ  ・30マシジミ  ・31タイワンシジミ 
・33ウエジマメシジミ  ・34ドブシジミ

読むとこの写真の中のシジミ類を覗くすべての二枚貝が
かつては生息した記録があるものの、現在は「絶滅と記すべき」と
ありました。

実は今週、以前生息を確認したマツカサガイを再び確認しに
関市へ行ってきました。

市街から少し離れた田園地帯ですが、以前より減っていた印象だったものの
確認できましたし、他の場所でもあらたにイシガイとマツカサガイが
見つかりました。
IMGP0540.jpg

イシガイのサイズ
IMGP0538.jpg
稚貝もあり世代が繋がっているのがわかりました。

でも開発や田んぼの整備などで真っ先に影響を受けるのが
こうした淡水の二枚貝です。

新たに見つかるのは嬉しいのですが、長良川流域でも減ってきているのも
事実で、多くが岐阜市のレッドデータに記載されています。

今、岐阜では山県市から岐阜市北部を通り本巣市にかけて中部縦貫道が
建設中ですが、あの周辺も二枚貝が見られるところです。

貝達が影響を受けるのは間違い無いです。

二枚貝がいなくなれば当然タナゴもいなくなります。

将来、名古屋市のように「絶滅と記すべき」とならなければ
良いですが、心配です。

開発と生物多様性の維持、あらためて難しさを感じます。












スポンサーサイト



久しぶりの貝

 寒いですね~
岐阜市の雪はうっすら白くなった程度ですが、道路は凍結しています。

皆さんの所の雪はいかがでしょうか?
これだけ寒いとなかなか釣りというわけにはいきませんね。

寒くなる少し前の暖かい日に何か釣れないかと
長良川に沿って南下してみました。

でも魚がいそうな所は見当たらず、海津市まで来ると
水が流れている用水を見つけ、覗くとやシジミや
なにやら大きめの貝殻が目に入りました。

DSCN3691.jpg

これはガサってみなければと常備している装備で用意し
水の中へ

草刈り用の小型の熊手で底の泥を掘り返していると
出てきました。

5センチ弱のイシガイです。
DSCN3689.jpg

これまで岐阜市より南でシジミとドブ貝以外の貝を見つけたことが
なかったので嬉しくなって掘り進めました。

でも次がなかなか見つかりません。

苦労してやっと見つけたのがこれ。
DSCN3688 (2)

同じイシガイの稚貝です。
サイズは2センチ弱。

世代が繋がっているんですね。
嬉しいです。

これでますます力が入り45分ほど作業をしたでしょうか?

途中、通り掛かった女性の方に
「何してるの?」と声をかけられ、
「貝の調査です」と答え貝とカメラを見せて
納得してもらう場面もありました。

当然ですよね(笑)
変なオジサンがこの時期に用水に入って
ガサガサやっているのですから。

そして最終的に見つけられたのがこれだけでした。
DSCN3694.jpg

稚貝3個を含め8個のイシガイ。

シジミは少し掘ればたくさんあります。
とりあえず3個だけ
DSCN3695.jpg

ドブ貝の殻もあったので探したのですが
生体は見つかりませんでした。

でも久しぶりに新しい場所でシジミ以外の貝を、
それも岐阜市より南で見つけることができたので
帰りの足取りは軽かったです。

もっと南にもいるのかな?

また機会があれば用水を掘り返してみます。











ここからが今年の始まり

 前回の完全ボウズがどうしても納得できないこの私。

残っていた赤虫とミミズの餌を持って長良中央管内を
覗きに行ってきた。

最初は美濃市の冬だけ開かれる月見ヶ原管理釣り場辺り。

まだアマゴが解禁になっていないので
管理釣り場は大賑わいでした。
DSCN3668.jpg
写真右に写る沈下橋の下流は流れがゆっくりで
橋から覗くとカワムツやオイカワらしき魚が結構見えます。

良いポイントなので竿を出してみたいと思いましたが、
この日は車と人が多すぎてちょっと竿を出しづらい雰囲気。

ここは諦め移動することに。

ここがダメなら、以前冬に紹介したこともある
少し下流で長良川に流れ込む用水(川?)を覗こうと
車を走らせました。

場所はこんな所。
DSCN3673_20230117220053a5a.jpg

用水にしては幅がありますが、川の名前を書いた物も
見当たらず、とりあえず用水ということにしておきます。

覗くとこの寒さの中ですがたくさんの小魚が見えます。

さっそく4.5メートルの竿のタナゴ仕掛けに
赤虫の餌で開始。

竿を出してすぐにオイカワが一匹釣れ好調な滑り出し。

ところが後が続きません。
餌をミミズに変えてもダメ。

最後は、ダメ元で釣り具と一緒に常備している
黄身練りの餌を引っ張り出して釣り開始。

幸運にもこれがピタリとはまり、オイカワとカワムツが
ポツポツ掛かり始めてくれました。

こりゃ面白くなってきたなと思った時
目に入ったのがこれ。
DSCN3672_202301172200519af.jpg
川底で何かうねうねと動く物が。

ウナギです。

それも60~70センチほども有り、太さも直径5センチ前後は
あると思われる大物でした。

慌ててカメラを構えたのですが、頭は用水の壁と底の
隙間に入られ写せませんでした。

ここに直接の放流は考えられないので、
長良川から入ってきたのでしょうか?

これだけ大きいということは、
ここで長生きしてきたのでしょうね。

そんなドタバタの中でしたが釣りは好調。
オイカワとカワムツがこれだけ釣れました。
DSCN3677_202301172200565b4.jpg

この寒さの中でこれだけ釣れてくれれば納得ですね。

この結果に、前回のボウズは見なかったことにして
ここからが私の今年の釣りの始まりという
ことに勝手に頭の中で変換(笑)

今年は釣りが好調かも~!!!

でもやっぱり冬場は支流が本命ですね。



2022年釣り納め

 クリスマス寒波襲来でほぼ引き籠もり状態でした。

岐阜市内は15~20センチほどの積雪でしたが
ここ2日ほどの晴天でほぼ無くなりました。

郡上も降ったようですが、安全を考えまだ行けていません。
ただライブカメラで見ると明宝方面は思っていたより
少なそうでホッとしています。

 さて前回で釣り納めかと書きましたが、
天気が良くなり雪も無くなったことで
ウズウズ。

また、荒田川に行ってしまいました。
少し前までいたコイや中型のフナは見えなくなって
いましたがなにやら小魚がたくさん見えました。
DSCN3605.jpg
(白い部分の細長いものが魚です)

これはぜひ確かめなければと
ミミズの餌で釣り開始。

DSCN3611.jpg
6センチほどのセルロイド製の棒浮にモロコ針仕掛け
これ何十年も前の子どもの頃のフナ釣りの仕掛けです。

この日は風が無いので暖かくのんびり。

これだけ寒くなっても魚たちは元気。
投入するたびにウキがピクピク反応。

楽しいですね。
釣れてくるのはメインがタモロコで
時々アブラハヤが混じります。
1時間ほどでこれだけの釣果。
DSCN3608.jpg

竿を出せば何かしら釣れてくれる荒田川。
今年もよくお世話になりました。

さすがに今年の釣行はこれで最後。
2022年の長良川水系での釣り納めです。

来年は長良川本流での釣りを多く取りあげたいと
思っていますが、つい釣れる支流に走りがちです。
どうなりますことやら。

1年間ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。












訃報とアユが居た訳

河口堰建設に反対する会事務局長の天野礼子から
「長島町の大森恵さんが亡くなったと息子さんから連絡をいただいた」と
電話をもらいました。

86歳の生涯とのことでした。

大森さんは河口堰の現場である長島町に住み「長島・河口堰を考える会」代表として
河口堰は無駄であり危険でもあると反対し続けてこられた方です。

反対する会が長島町で何かイベントを実施するときはお世話になるなど
反対する会とも協力し合って現場で一緒に闘い、そのために長島町会議員に
までなられた方です。

反対する会のニュース「ネットワーク」にも何回か記事を寄せていただきあした。
img010.jpg
img012.jpg

img013 (2)
(1999年2月発行のネットワークより)

議会で河口堰についての質問をしたり、様々な集会やイベントなどで発言を
されてきました。
元気な方で反対する会がハッパを掛けられることもしばしばでしたし
逆にこちらのメンバーが選挙応援に行くこともありました。

その頃の上の最初の記事から32年が経過。
亡くなったと聞いてあらためて反対運動の時間の長さを感じます。

長い間お疲れさまでした。
いろいろとお世話になりありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。

 
 ところで前々回の記事で「荒田川にアユがいた!」と書きました。

そのアユ達が気になったので見に行ってきました。
同じ場所に数は減っていましたがまだアユは残って居ました。
そしてそのアユの流入の理由もわかりました。

せっかく行ったのでとアユの現場から少し上流に行ったところで釣りをしました。
IMGP0481.jpg
すると、なんとここにも数匹ですがアユの姿がありました。

ここで釣りをしている時、声をかけてくれた散歩をしていた人と話していて
「アユがいますね」と話すと知っていらして、上流の用水から入ってくると
教えてもらいました。

聞くと納得。
長良川から離れているものの田んぼに水を引くのに長良川から荒田川に
用水で繋がって入るのを忘れていました。

その場所がここ荒田川の最上流です。
IMGP0493.jpg
写真中央から左斜めに行くのが用水で春から夏にかけては水が入ってきます。

長良川にある用水の取水口から入り込んでしまったアユがここ荒田川に
来るのです。
アユは遡上してくるとばかり思い込んでいた私の勘違いでしたね。

一方の釣りの方はミミズでバッチリでした。
IMGP0485.jpg

大きいのは鯉ですが、少なくなった印象のフナが多かったのも嬉しかったです。
IMGP0482.jpg

アブラハヤやタモロコの姿もみられました。

そうそう、他にもお客さんがありました。
IMGP0490.jpg

釣っているのを見て、魚をくれとやって来ました。
あまりの請求にタモロコを献上しましたが、食べても大丈夫なんでしょうかね?

我が家にもマリというメス猫が居るのですが、
お嬢さんなので小さい魚でも骨があるとダメなんですが・・・






プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる