FC2ブログ

濁りと釣り

21日(木)は久しぶりの本格的な雨。
長良川も濁っていた。

前回の餌が残っていたので釣りを予定していたが吉田川もこの濁り。
久しぶりの濁り

我が家の下は川幅が狭いので水位の変化が大きい所ですが、
そこで50~60センチほど増えていた。
なので次の日に期待しこの日の釣りは諦め庭仕事。

次の日の朝、少し早めの7時頃に起床。
(郡上に来ると寝過ごす事が多くこれでも早いのです)

すぐに川を見ると良い具合にササ濁り状態。
ササ濁りになる

さっそくこんな時に最高の秘密の場所へ。
最初は反応が無くダメかと諦めかけたがこれまでの実績を信じて頑張ると
待望のアタリ。

これが思ったより大きく焦って手前に引き寄せようとしたら
竿の先には木の枝が・・・

案の定仕掛けが絡んで痛恨のバラし(泣)

それでも一度は針掛かりしたのだからと気を持ち直して竿を降り続けると
再びアタリ。
21センチのアマゴでした。

そして次何投かしたところで目印が変な動きをしたので合わせると
竿を握る手にずっしりとした重み。

今度は慎重に上空の木の枝を避けながら引き寄せ網へ。
今度はイワナでした。
結局釣れたのは2匹だけでしたがこのイワナ29.5センチありました。
良型イワナとアマゴ

ヒレを見ると2匹とも成魚放流物がのようでしたが、この場所は成魚放流
していないのでに増水によって上流から下ってきたようです。

この条件で2匹は良い方でしょう。
1匹バラしたのは悔しいけどこれも釣りですね。


今回増水したのでこれで少し暖かくなる長良川支流の小河川も良いかも
しれません。
きっと良い釣りができると思いますよ。

もしできなかったときは私の情報のせいではなく皆さんの腕ということです。
腕前までは責任持てませんのでよろしく。






スポンサーサイト

また魚の仲間が増えた

今日は風もなく暖かい1日になりました。

これだけ暖かいと体がウズウズ、思わずタモ網を持って長良川へ行き
3時間ほど遊んできました。

以前のガサガサの時からは雨が降って少し水は増えていましたが
それでもまだ渇水状態です。

今日の所はこんな状態。
2月24日現場

このテトラの奥に流れが入っていてテトラの隙間を覗くと小魚がたくさん
いました。
テトラの隙間から

ただ、隙間だけにタモ網が入りにくく捕るのに一苦労。

それともう1つ大問題だったのが長靴。
足の付け根まである物だったのですがもう何年も使っていて古くなり修理しながら
使っていましたが新たに穴が空いたようで、少し深いところにいくと水が侵入。

いくら暖かい日といっても水温は低く、靴の底には水が溜まり靴下が
ベッチョベチョで冷たいこと。

それでもせっかく来たのだから我慢しあちこち覗いて良いところを見つけ、
タモを置いて待ち伏せ、上流側から棒で追い込むと数匹ずつですが確実に捕ることが
できました。

ほとんどの魚はオイカワでカワムツが少し。
カワムツとオイカワ
稚魚なのでなかなか区別しにくいのですが一番上の大きいのはカワムツですね。

そうした中偶然見つけたのがカマツカ。
これもうまく捕まえる事ができました。
5センチのカマツカ

体長は5~6センチ。
いつ見てもかわいい顔ですね。
すでに我が家の水槽には同じくらいのサイズのカマツカが1匹いますが
1匹では寂しいので仲間に入ってもらうことに。

あとよく見ると小さいヨシノボリが捕れていました。
ヨシノボリはまだいないのでこれも加わってもらいました。

あとはリリースして終了。
川は面白い!

これから暖かくなるともっといろんな魚が出てくるので楽しみ~
長良川本流から支流、そこに流れ込む用水までガサる予定です。

さっそく帰りには釣具屋によって長靴新調してきました。

まだ姿見えず

先週釣りに使った餌の川虫を冷蔵庫で保管しておいたら
1週間たってもまだ生きていたので使わないともったいないと思い
吉田川の支流の寒水川と気良川に釣行。

寒水川のつり場まで川沿いに道路があるのですが、
走っていると途中に異様な光景が目に入りました。

寒水の埋め立て地
川沿いの土地が産廃の残土で埋め立てられていたのです。

産廃処理場があるのは知っていましたが昨年来たときは
ここまで埋め立てられていなかったのでビックリ。

いつもの釣り場はここから車で3~4分ほど上ですが
これを見てやる気が削がれてしまいました。

それでもせっかく来たのだからと車を走らせ現場に到着。
2月16日寒水川
川を渡る橋の上から下流側を見た写真ですが、ここは人家もあるので埋め立ても
できずそれほど大きく変わっていませんでした。

雪や雨が少ないので川は渇水状態。
竿を出してみましたが3箇所ほど流してみてもアタリはまったくなく
即退散しました。

すぐに見切りをつけて時間があったので気良川へ。
2月16日気良川
こちらは下流から旅館もたくさんあるし民家もあるので変わらない様子。

この写真のところで竿を出してみましたが、ここも厳しく1回のアタリすらありません。

5時頃には雪は舞い出し寒さも厳しさを増すしで30分ほどでギブアップ。
結局今回も渓魚の顔は拝めませんでした。

まだ早いようです。
雨が降って水量が回復し水温が上がるのを待たなければいけないようです。

ここがこれだけ水がないとすれば長良川本流へ入る小さい支流もここ以上に
水がないので釣るのは大変かもしれませんね。
まとまった雨が欲しいです。

それにしても寒水の埋め立て残念です。
郡上から和良へ行く堀越峠までの途中にも産廃で埋め立てたところがあります。

山間部はこれから人が住まなくなりこういった所が多くなって行くのでしょうね。
仕方の無いことなのかもしれませんがなんだか寂しい気持ちになります。



2019年アマゴ解禁でびっくり

2月10日(日)は2019年のアマゴ解禁日。
成魚放流を狙わないのでゆっくりと岐阜を出て川沿いに郡上へ向かった。

156号線を走っていると美並町の鉄橋下で釣り人発見。
どうやら成魚放流場所らしい。
2019年解禁1

到着したのが11時過ぎということもあって釣りきられたのか
見ている間にアタリは見られませんでした。

そのまま川沿いに北上していたら、ラフティングのスタート地点の3段の瀬で
カヌーをやっているのに出くわしビックリ。
大丈夫1
天然アマゴもまだ本流には出てきていないというのに
この寒さの中、水に浸かるとは・・・
見ていたこちらが身震いしてしまいました。

もうほとんど中毒としか言いようがないですね。

この少し上流ではサップ隊も
大丈夫2
いくらウエットスーツを着込んでいるとはいっても手は濡れますよね。
鮎釣りだってウエット着て水に浸かっていると腰を痛める心配があるくらいなんです。

余計なお世話とわかってはいますが、ホント大丈夫かと心配になるほどです。

そんな心配をしながら美並橋までいくとこちらはフライ釣り隊がずらりと並んでました。

2019年解禁2
こちらは足元が少し水に浸かるくらいなので心配なし。
でも釣れたところはここでも見られず残念。

で私はといえば年券と川虫のキンパクを買って吉田川のいつもの場所で竿だし。
2019年吉田川
やはり天然はまだ動き出していないのか、アタリすらない完全ボウズでした。
ここまで完璧なボウズだと悔しさも浮かばず。
3月になってからですね。

でも小さいので良いから姿だけ見たかったな~(本音)

ただ新聞によれば小さい支流で天然が見られた所もあったようなので
また寒水や神路(かんじ)、栗巣など出かけてみたいと思います。








2019年初ガサガサ

東海地方ではインフルエンザが大流行していますね。
愛知県は全国1位で岐阜県は第3位とのこと。
雨がなく乾燥がひどいのも原因の1つのようです。
皆さんもできるだけの対策を。

長良川に今年初めてのガサガサに行ってきました。
川も雨がなく大渇水。

今日やったワンドになっているところもいつもならもっと水位があるのですが
途切れてしまい干上がってしまったり水たまりになっているところがありました。

こちらはなんとか本流の流れと繋がっています。
現場の様子1

でもこちらは完全に水溜まりとなっていました。
現場の様子2

水溜まりがほぼ干上がった所にはサギでしょうか?
鳥の足跡がたくさんありました。

鳥の足跡

魚の死骸は全くなかったので、鳥にとってのこの時期の貴重なエサ場となって
いたようです。

さてガサガサの結果はと言うと
この水温の低さの中で、こんな所水溜まりのような所でも魚たちを
たくさん見ることができました。

浅いところなので大物は見えませんが2~5センチほどのものが一掬いで
たくさん捕れます。
一掬い

これだけ魚が見られると楽しいですね。
観察ケースもすべて入れることができないので一部だけ

成果の一部

1匹の大きい物はオイカワです。
あとの小さい物は小さすぎてわかりにくいですが、ほとんどがオイカワと
カワムツだと思います。

1匹模様が明らかに違う物がいて連れて帰ってきました。
図鑑「岐阜県の魚類」で調べてみましたがコウライモロコみたいにも
見えますがまだ小さすぎてよくわかりませんでした。

うまく大きくなってくれるとハッキリすると思います。

現在飼育している魚は3つの小型水槽にシマドジョウ、カマツカ、フナ、カワムツ、オイカワ
タイリクバラタナゴ、アブラボテ、ヤリタナゴ?、タモロコ、、ウグイ、モツゴ
アブラハヤがいます。

今年も始まった魚捕り。
あらたな種類増やせるかな?

ドンコやナマズなど魚を食べるものはいっしょに飼えないし、
環境的に難しいアマゴやイワナも飼育困難なので今後増やしていくのは
難しいかもしれませんね。

でもチャレンジしてみますよ。







プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる