FC2ブログ

狙ってはみたものの

前回のアユ釣りの帰りに庭で鉄砲ミミズを捕って帰ってきた。

そのミミズを持ってウナギを狙いに長良川に行ってきた。
以前から計画していて仕掛けを製作。

ウナギ針

ウナギ針にミミズをつけて何本か沈めておく置きバリ釣法です。

場所は藍川橋上流の流れが緩いところ。
一本は竿を出してぶっ込み釣りです。

しかし場所の選定が悪く大失敗。
結果はこれ一匹

ギギ

ギギです

増えているようで夜釣りに行くと必ずといって良いほど掛ってきます。
食べるには小さすぎるので今回はリリース。

長良川のウナギはほぼすべて放流物になるし、その放流も少ないので
釣るのはなかなか大変。
また場所を変えて再チャレンジしてみたいと思います。

うなぎが釣れなかったので、代わりに次の日はタナゴ釣りに出かけた。
場所は前回アブラボテが大量だった川の上流。

今回は餌はシマミミズ。
同じ川なのに今回はヤリタナゴが主流でした。

同じ川でもタナゴの種類で生息場所が違うのですね。
今回のタナゴ釣り

用水のようなところなので私にはそれほど環境が違うと思えないのですがね。

ところで夜釣りで見かけたのがテナガエビ。
以前唐揚げにして食べたことがあるのですが、
あのうまさを思い出し思わずヨダレが・・・

次は置きバリ釣りのついでにエビ掬いをしようかとウナギとエビの
2兎ねらいで行ってみようかと思っています。

盆と正月が一度に来るかそれとも「2兎を追うものは1兎をも得ず」のことわざ
通りになってしまうか?









スポンサーサイト



ニゴイ

コメントありがとうございます。
長良川も覗きに行ってきました。

釣りもやることになるかもしれないので、まずミミズを購入。
ウグイが乗っ込んで来ていないかと以前桜を紹介した藍川橋下流右岸の瀬に向かう。

到着して川を覗くと大型の魚がゆらゆらと泳いでいた。
ウグイかと期待したがよく見るとニゴイだった。

ニゴイ

あちらこちらに魚体があり,じっとしていると足元まで平気で寄ってくる。
釣って写真に収められないかと積んであったルアーの道具を一式を出しシルバーの
スプーンで誘ってみたが全く反応なし。

他のルアーを試してもダメでこの写真だけで移動。

せっかく来たのでと石もよく見てみたがアユ独得の食み跡があまり見られず
アユがいるのか心配になったが対岸では「ていな」という投げ網漁をやっていた。
網漁


その後あちこち回ってみたものの良い場所がなく、結局最後に藍川橋まで戻り
橋の上流左岸のテトラ帯でぶっ込み釣りをすることにした。

仕掛けは海のキス釣り仕掛けをそのまま使用。

キス釣り仕掛け (1)

2本針にミミズを掛けてぶっ込んだ。

しばらくするとなにやらアタリ。
どんな大物がと期待したが、手応えは全くなし。

「おかしいな~、アタリあったのに」とブツブツ言いながら上げるとこんなのが・・・
これ何

全長4センチほどの超大物が。
えさのミミズの方が長いくらいです。

でも、とりあえず釣れてくれたので良しとして
餌を替えて再度投入。

しばらくするとまたアタリ。

今度は前回より明確なアタリで今度こそはと期待して上がったのがこれ。
立派なカマツカ
15センチを超えるカマツカだった。

太っていて顔が短く感じられ最初はカマツカによく似たゼゼラかと思ったが
顔の長さからするとやはりカマツカのようです。

我が家にいるカマツカの3倍ほどもありそうな大きさでした。
食べようかとも思いましたが、家でも飼っていて「カワイイ!」と思っているだけに
食べるにはしのびなく写真だけで帰ってもらいました。

結局釣果はこの2匹だけでしたが久しぶりのぶっ込み釣り。

あらためて、のんびりしていてたまにはこんな釣りも良いものだと思いました。

希少種の群れに出くわす

 多くの県で緊急事態宣言が解除になりましたが岐阜県もその1つ。

もともと川は3密になることはないので行っても大丈夫であると思っていますが
コロナに関わる医療関係者の方々が休みなしで働いていることを思うと
気楽に川を覗きに行く気分になれませんでした。

でも解除になったのでさっそく覗きに行ってきました。
最初は長良川鵜飼大橋上流のいつもガサガサをやるところです。

現地に着いてももちろん私一人。
でもいつものところの流れが変わっていました。
変わってしまった
緩い流れがあるところなのですが今日は全くなし。
魚の姿も見えません。
我が家のカマツカここで捕まえたので、期待していたのですがね。

対岸ではサツキマスを狙っているのでしょう。
一人の釣り師がルアーを投げていました。

鵜飼大橋の釣り師
彼以外まったく人がいないのでコロナの心配は皆無ですね。

ここの探索はすぐにやめ移動することに。

オイカワの毛針釣りをやってみようかとも考えましたが今回はいろんな魚がみたいので
定番の長良支流、伊自良川へ

最初は魚の姿が全く見えず、捕れるのはヌマエビばかり。
諦めかけたところで2センチほどのアブラボテが入り、俄然やる気に。

その後はカワムツやらヨシノボリ系の魚、アブラハヤ、シマドジョウなどが捕れました。
他の魚たち

でも今回見て欲しいのがこれ!
アカザの群れ

アカザです。
川で遊んでいると時々見かけることはありますが、この魚結構な希少種です。

それが川の中で揺れていた黒いゴミ袋の下をガサったら
1度に5匹タモに入りました。

その後も1匹ずつ増え計7匹も狭い範囲の中で捕まえることができました。
産卵のために集まっていたのかな~

この魚、水温の維持など飼育が大変そうなので持ち帰りは諦め,写真だけ
撮らせてもらってお帰り願いました。

結局、持ち帰ったのは水槽に入れるための水草のみでした。
でも楽しかったな~。

緊急事態が解除になったし、川での遊びで3密になることはほとんどありません。
皆さんも身近な川で遊んでみませんか。



アマゴがダメならシジミがある

コロナウィルスの影響がドンドン大きくなっていきます。

岐阜でも梅祭りが中止になり、4月初めの岐阜祭りも中止。
ここでも紹介する事のある桜道ネイチャーランも中止となってしまいました。

市民運動もほぼ停滞状態。

この先どうなっていくのでしょう。
まだ2ヶ月ありますが鵜飼も観覧船を出せるか心配です。

ただ、単独釣行のアマゴ釣りはほとんど人に会わず感染の心配がないので
出かけています。

このような時は自然の中での活動は良いですね。
皆さんも家に籠ってストレスが溜まったら川や山に散策に出かけてみてはいかがですか。

さて、栗巣川のアマゴからサイズアップできないかと竿を出してみていますが
本当に調子が悪い。

数は1~2匹でしかも15センチ以下ばかりの状態。
昨日は我が家の下の吉田川で細かいアタリが数度あったもののボウズを食らいました。

ブログネタに困ったな~と思いながら岐阜へ帰る途中、荒田川近くを通ると
この時期には珍しく水が流れている用水が目に入りました。

軽トラを止めて覗きこんでみるとシジミの貝殻が目に入りました。
もしかしたら生きている貝がいるかもと掘ってみると、いました!

それもザクザク。
少し掘ると

こんな場所です。
用水

写真奥のトンネルの向こうは荒田川です。
U字溝の用水でなかったのが幸いしたようです。

持っていたタモ網で一掬いすると
一掬い

ざっと40個ほど
サイズは大小さまざま。

大きいもので15ミリほど小さい物は数ミリ。
ちょうどメジャーを持っていたので比較してみました。
サイズの比較

ちゃんと世代がつながっているのですね。

ここのシジミを試食しようという気分にはなれませんが、見られただけで
嬉しくなってしまいました。

他にもなにやら動くものがいたので掬ってみると
ヌマエビ
こちらはヌマエビがどっさり。

何か魚はいないかと探ってみましたがこちらは残念。

でも、田んぼを使っていないときも水を流しておくと生き物はしっかりと活動しているの
ですね。
少しで良いので水を残しておいてほしいものです。



釣りやすい栗巣川

暖かくなるとの予報だったので21日の金曜日の午後からアマゴ釣りに出かけた。

前回の失敗でちょっと反省。
今回はまず安全に釣れるところで探ってみようと思い大間見川へ車を走らせた。

ここは川というより用水に近いようなところで渓流釣りという雰囲気が出ませんが
その分釣りやすいです。

道の駅大和から400~500メートル上ったところで入川。
たくさんは降りませんでしたが、雨模様の天気が続いたので平水にもどった状態でしたが
ここで釣るにはもう少し水量が欲しいところでした。

川虫のキンパクを餌に流してみましたが、当たりは全くありません。
付近をあちこち探ってみましたが全くダメなので本日のボウズを覚悟。

40分ほど粘っても相変わらず反応無しのため移動を決定。
時間もあまりないので近いところへと解禁日に見に行った栗巣川へ向いました。

古今伝授の里会館前に着いて川を覗くと平日ということもあり先行者はいず、
上流で工事をしているのかササ濁り状態だったので魚の警戒心も薄れるかもと
ここに決定。

21日の栗巣川1

見たとおりここは安全そうでしょ。
竿は4.5メートルで充分。

解禁から2週間たって、釣り荒れていないか心配でしたが1投目からアタリ。
例のごとくビックリし焦って空振り。

同じようなところを数回流すとやっと掛かり上がったのがこれ
この日の1匹目

朱点がきれいな14センチほどのアマゴです。
これだけ朱点が鮮やかに出るのは明らかな放流物ですね。

リリースサイズですがあとでまとめて放流することにしてとりあえずビクへ投入。

やはり濁りが幸いしたようです。
この日は活性が高く、その後も出そうな流れを流すと確実にアタリがあり
ポツポツ釣れてくれるのですが型が小さいのが残念。

それでも反応があるのがたのしく薄暗くなるまで粘りました。
21日の栗巣川2

仕掛けの目印が見えなくなるまで頑張って最後にビクから網に移してみると
9匹でした。
21日の釣果9匹

カメラが近いので大きく見えますが大きい物で16センチ弱といったところ
規則ではキープサイズは15センチからとなっていますがそのサイズは数匹でした。

なので今回は写真に収まってもらってからすべてリリースしました。
楽しませてくれた栗巣川とアマゴたちに感謝ですね。

栗巣川は気楽に楽しめる川です。
皆さんに来て欲しいですが長く楽しめる川であって欲しいので釣りをされる皆さんも
15~6センチの小型のリリースよろしくお願いします。
夏から秋には大きくなってまた楽しませてくれると思います。

さて次はどこへ行くかな?
長良本流上流部や支流がたくさんあるし、長良中央や下流で他の魚も狙って
みたいし迷います。




プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる