fc2ブログ

安全と環境を考えるヒント

 川は冬の農業用水を使わず川の水量も少ない時期になると
工事があちこちで盛んになります。

長良川でも郡上に行く途中、156号線の美濃市の板取川との合流点辺りを
通ると長良川での工事現場が目に入ってきます。

岐阜市内の千鳥橋付近でも工事が行われていますが、
ここの工事は川の流れを変えてまでの大規模工事となっています。

DSCN3580.jpg

目的は国土強靭化対策
DSCN3586.jpg

ここから少し上流部では重機による掘削工事の真っ最中
DSCN3584.jpg

板取川との合流点下流左岸側はこのようになっています。
DSCN3587.jpg

堤防の補強工事や河原の樹木の伐採や掘削工事などは
長良川でもよく見かけますが、川の真ん中をここまでいじるのは
少ないですね。

ここは板取川の水が流入するところなので大水に備え大規模な工事が
必要なのかもしれませんが、生き物たちへの影響が心配になってしまいます。

三面張りにするわけではないので一時的な影響で済むと思いますが
安全と環境のあり方を考えると、郡上行きでここを通るたびに
なかなか複雑な思いになります。

そんなことを考えているときこんな記事が中日新聞に掲載されました。

img016.jpg
コピーして一部だけですので興味のある方は中日新聞のHPなどで
検索してみて下さい。

この記事によると
2011年の震災で破壊された直後の干潟では以前の2割ほどの
種類の生物しか確認できなかったが七~九年後には様々な生物が
震災前の水準に回復したとのこと。

ただ防潮堤が新しく作られた地域では生態系が回復しない例も
見られ、今後は新たな防潮堤と生態系の関係も調査する計画とのことです。

生態学の東北大学、占部城太郎教授が

「安全のための防潮堤は重要。
ただ、生物多様性も守りながら整備を進めるにはどうすべきか、
調査していきたい」と語ったとまとめてありました。

これを読んでいて思ったのが河口堰開門調査について。

開門調査をすれば汽水域の復活による生態系の回復や
アユやサツキマス、ヤマトシジミの復活、伊勢湾全体のアサリなど漁業の
環境改善が望める研究ができるのになぜやらないのかな?  
ということでした。

災害からの安全も大切ですが、これからは食の安全保障として
漁業のための環境改善も大切だと思うのですがどうでしょうかね?

国も開門調査考えてみませんかね。






スポンサーサイト



鵜飼大橋上流工事その後

10月21日のここで紹介した鵜飼大橋上流右岸側工事のその後です。

少し前に通り掛かったら、河原に何かが山積みになっているのが目に入りました。
車を止めて堤防からよく見るとどうやら以前紹介した木工沈床が掘り出されて
積んである様子。

工事現場1
少し近づいて
手前の水のある部分に埋まっていたのだと思います。
工事現場2

これまでは石に埋まって上の部分が少し出ているだけでしたが、
丸太を井型に組んで中に石を入れるなどして河原の補強にしていたのです。

今後は河原を平らにして堤防をコンクリートの板で補強し水を流れやすくします。

工事現場4

確かに障害物が無くなるのですから流れやすくはなると思います。
しかしこの木工沈床の石の間は魚やモクズガニなどが隠れるにはうってつけの
場所でもあるんですよね。

工事現場看板

洪水対策というのはわかるのですが、もう少し魚などの生物にもやさしい工法で
できないものですかね?

洪水対策と生物多様性の維持は両立できると思うのですが。

ましてや「世界農業遺産の長良川」と大々的に謳って観光資源にしている
大切な長良川なのですから。

効率よく水を流すだけの用水路の様な長良川を見ることになってしまうのではと
心配になってしまいます。


洪水対策

前回の更新から一週間、台風19号による被害が拡大し続けています。
亡くなった方も本日21日の夕方のニュースでは81名になってしまったとの
ことでした。
まだ行方不明の方もみえます。.
.
片付けもまだまだこれからが大変。
なんとか乗り切っていただきたいと願うばかりです。

ところで、この台風が来る前に長良川で洪水対策の工事をしているということで
市民学習会の有志で見てきました。

というのも工事の計画はわかるが、やり方がおかしいのではと地元の方が
疑問をもっているとのこと。

市民学習会のメンバーもこのところいたる所で長良川がいじられているのを
目にし気になっていたので良い機会だと案内をお願いしました。

中川原地区の公園で集合。
集合

案内していただいたのは地元自治会の酒井さん。

堤防道路にはこんな看板が2枚
工事看板1

工事看板2

河原へ降りていくと伐採された木の根の山
山積みの木の根

近くには丸太が積んでありました。
伐採された木

ところでこの切られた木々ですが、現場の事業者としっかりとした連絡が
取れていなくて工事計画にないものまで切られたとのことでした。

近くには以前、地元の要望でつくられた木工沈床のあともありました。
木工沈床

今は流れが変わってしまったので跡として残っているだけですがこの沈床の前に
並んでいる低木は地元の方が護岸を守るために植えたものだそうです。
これも今回の工事で撤去される予定です。

市内の忠節橋下流には水に浸かって残っていますが、魚や蟹などの隠れ場所とも
なっています。

この辺りには竹林も多く、姫ホタルの群生地だそうでその季節にはホタルの乱舞も
見られるそうですが、それも今回の工事でどうなるか心配されていました。
姫ホタル生息地付近の見学
木曽川上流河川事務所としてはとにかく早く水を流したいようで
堤防をコンクリートブロック張にする予定だそうです。

治水が大切なのは分かりますが長良川が心配です。

台風19号による水害

台風19号による被害が甚大です。
50人を超える死者や行方不明の方が出てしまいました。

ほとんどの方が水による被害です。
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げますとしか言葉がありません。

長良川流域は雨、風ともそれ程でもなく様子を見てきましたが平水で濁りもなく
いつもの長良川の流れでした。

実は今回は10月7日に行った岐阜市の鵜飼大橋上流右岸の治水のためという
名目での工事の現状について紹介する予定でした。
紹介は次回以降に回したいと思っていますがこの現場を見て治水について考えるため
先週ある本を読んだら今回の台風19号による大被害。

自分自身あまりの偶然にビックリしてしまいました。

その本というのが私たち「河口堰建設に反対する会」の事務局長・天野礼子の
「だめダムが水害をつくる!?」です。

だめダムが水害をつくる

2005年10月に講談社α新書から出版された
前年2004年夏の水害列島をレポートしたものでこの年の水害の検証を中心に
それ以前の水害もふまえ治水について考察した本です。

ダムは治水に役立たなかったばかりでなく水害をつくった面もあるのではないかと
国土交通省のダム造り一辺倒による治水に疑問を呈しています。

そしたら今日14日の中日新聞でこんな記事がでました。
中日新聞10月14日記事 

ダムの適切な操作が行われなかったことが被害をより大きくしたのではないかと
問う内容です。

昨年の西日本豪雨でもダムの緊急放水により逃げられなくなり
亡くなられた方もいました。

しかし、天野の本によれば、1971年8月四国の那賀川で同じような事が起き
その後1975年には「ダムは洪水を増大させた」と裁判になり地裁では
ダム操作と管理ミスを認め住民勝訴したものの高裁と最高裁で
管理に著しい不当はなかったと住民敗訴になったとあります。

1971年から50年近く経過した今も同じようなことが繰り返されている。

今回の台風被害のことが落ち着いたらダムとそれに伴う川の用水路化だけが
治水なのかしっかりと検証してもらいたいものですね。

長良川にもいままさに内ヶ谷ダムが建設されています。
決して人ごとではありません。













新しくできたチャラ瀬

7月12日と9月6日の記事で鵜飼船を通すために岐阜市内の納涼台の少し上流
左岸側で河川工事をして流れを変えた現場を紹介させてもらいました。

念のため現場を再度掲載させてもらいます。
流れを変える工事

その後、9月末になって雨が少なく水位が下がった事もあり、工事した現場の
すぐ上流でチャラ瀬ができ船がのぼれなくなているとの情報をもらい
見に行ってきました。

行ってみるとこんな状態
新しくできたチャラ瀬1
写真上下中央右側が上の写真の現場で、その上流30~40メートルほどの所が新たに
チャラ瀬となっていて鵜飼船が上流に航行できなくなっています。

近づくとこんな様子。
新しくできたチャラ瀬2
歩いて川を横断できます。
いったい何のための工事だったのでしょうかね

このチャラ瀬の上流には平工さんの瀬張り網漁の漁場があり準備もしてありました。
平工さんの瀬張り
この写真の切れた右側が先ほどのチャラ瀬です。

これでまた工事?
鵜飼は今月15日で終了だし、さすがに落ち鮎の漁期には工事しないと思いますが
来年の鵜飼開きまでにはやるんでしょうね。

でもまさか
「だから早く徳山ダムの水を流しましょうよ」なんてことにならないでしょうね。

そんな事になったら世界農業遺産の長良川と宮内庁式部職の鵜飼が泣きますよ。












プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる