2016年度 県要請

本日5月27日に「よみがえれ長良川実行委員会」が岐阜県に
「長良川の環境改善を求める要請」を行ったので参加してきた。

内容は
1 導水路事業の「検討の場」において長良川の環境悪化の危惧を表明し、
  事業の継続・推進の発言をやめること
2 長良川河口堰開門調査を検討すること。
3 ダムによらない伝統的防災施設施策の充実をはかり、内ヶ谷ダム建設事業の
  再検討を行うこと。
の3点

2016年要請
応対していただいたのは三戸雅文、県土整備部次長兼河川課長

昨年も6月10日に同じように行ったが、今年もお返事は全く同じ。
1 導水路は東農の渇水に役立つし渇水時の長良川の環境改善に役立つ。
2 開門すると塩害が起きる。
3 内ヶ谷ダムは治水に必要。
また詳しく書くのは大変なので、興味のある方は昨年6月のブログで確認下さい。

2016要請話し合い

どれだけ話し合っても暖簾に腕押し状態。
勝手に課長が考えを言えないことは分かっているがここまで同じ答えとは。

ただずっと要請に参加していて私が感じたのは、
この課長さん国交省から出向されているいわばエリートの方で
これらの事業の費用対効果が悪いことはしっかりと分かっていらっしゃると思います。
(国交省がそう思っているということでもありますが)

だからこそ暖簾に腕押し状態でやり過ごそうと考えておられるのだと感じました。
もし本当に費用対効果と環境を考えても必要な事業と思っておられるなら
粕谷代表や武藤事務局長の具体的な意見にもっと具体的な返事をされるはず。

それをただその場をかわせば良いと思われる対応をされるのは事業の弱味を
知っているからで具体的な話しになると困るからではないでしょうか。

だって優秀な官僚の方ですから不備な点が分からないはずはない。

たとえば導水路事業で岐阜県に水利権はなく、あくまで環境改善が目的。
しかし一般には東農の渇水に役立つと宣伝する。
そうすればマスコミもそのまま報道するし県民は納得すると考えているようです。

中部地勢が愛知県の開門調査検討委員会を無視しようとするのも同じですね。

もし本当に自信があるなら開かれた場で話し合い、本当に必要で良い事業はどういうものか
一緒に検討し工夫していけば良いのですから。

私も国交省の理屈をそのまま言うだけの返答に、失礼だったかもしれませんが
「県は日本の出先機関ではないのでもっと自治意識を持ってほしい」と言ってしまいました。
でもそれは岐阜県職員の方々に岐阜県職員としての誇りを持って仕事をしてほしいという
応援する意味です。

県庁2階玄関の受付横には「清流の国ぎふ憲章」が掲げてあります。
清流の国ぎふ憲章
(あわてて写したので反射で見にくくごめんなさい)
そしてその横のモニターではミナモちゃんが清流の国の宣伝をする動画が
流れています。

この憲章を飾りにするのではなく気概を持って実現してもらいたいと願っています。


スポンサーサイト

今週の動き

コメントありがとうございます。
動物は我が家の広くない敷地で見たものだけでモグラ、狸、鹿、猿、イタチ(?)、ハクビシン
ヘビ数種などいろいろです。
でも特に困っているのが猿とモグラです。

そして先の大寒波、
皆さんのところはいかがだったでしょうか?
九州では水道管が凍り、破裂して断水被害が出たところもあったようですし
北陸から北海道にかけて大雪になった所もあったようです。

郡上も気温が低くなったようで直後に点検に行ったところ水道の蛇口辺りが少し凍ったらしく
蛇口をひねると赤水(水道管の錆)が出ました。
しかしこれはマイナス8度前後になると時々あることで水を流せば消えるので問題ありません。

幸い雪はほとんど降らず、前回のブログから増えていませんでした。
でも雪降ろしは本当に危険な作業ですね。

この冬も雪降ろし中に雪に埋もれて亡くなった方がいました。
私も気をつけたいと思いますが、雪国の方お互いに気をつけましょう!

さて、この1週間は長良川関係の動きが2つありました。

1つ目は
1月25日に以前に申し込んでいた導水路についての岐阜市との懇談が実現。
市の担当部署である基盤整備部長の吉村さん他2名の方が応対してくれました。

整備部長との懇談
あらためて要請書を渡し、要請に対する答えを聞いてから懇談に入りました。

結論から言えば昨年11月11日の導水路事業の関係地方公共団体の幹事会で
岐阜市が言った「環境への配慮も含め検討を進めていっていただきたい」という
言葉しか返ってきませんでした。

「徳山ダムの水を長良川に流されて被害を受けるのは岐阜なんですよ。」
「岐阜市が考える環境への配慮とは具体的に何ですか?」
「独立した自治体としてはっきりと伝えるべきではないですか」
など訴えたのですがまったく言葉は変わりませんでした。

まあ整備部長さんが個人的に岐阜市の考えを述べるわけにもいかないので
仕方がない面もあるのですが、岐阜市の姿勢は余りにも他まかせという感じ。

公開討論会の要望についても「考えていない」とのこと。

こんなことでは岐阜市民が知らない間に揖斐川の水が半分混ざった所で
鵜飼をやってるなんてことになってしまうのではないでしょうか?

もう1つは今日(31日)開催された伊勢湾シンポ。
朝から参加及びお手伝いに行ってきました。
伊勢湾シンポ資料
会場は四日市のじばさん三重の6階ホール。
近鉄駅からも近く、隣は四日市公害と環境未来館があり場所は最高。
過去の経験から公害問題には熱心な街であるようですね。

じばさん三重

よみがえれ長良川の共同代表・粕谷志郎さんの挨拶から始まり。
シンポ開会挨拶

基調報告では伊勢三河湾流域ネットワークの高山さんの報告。

講演では海の博物館館長の石原さんの「伊勢湾の環境の今」をテーマに
様々な環境汚染の歴史お話。

1957年頃に製紙汚水が流され木曽川が黒い水になったそうです。
私もかつて木曽川でこんな事件があったのは知らなくてビックリ。
こんな水が伊勢湾に流れれば湾内全体が汚染されるはずですね。
1957年頃の黒い水の木曽川

シンポでは3名の方が報告
伊勢湾パネルディスカッション

四日市大学教授の千葉さんは「伊勢湾の海流と答志島のゴミ」について

伊勢湾の海流の流れがこんな風になっていてゴミが答志島に集中するそうです。
伊勢湾の潮流

他にも
四日市ウミガメ保存会の森さんの「ウミガメが上がる浜づくり」の活動についてのお話。

皆さん、四日市の浜辺でウミガメが産卵するって知ってました?
これも私は全く知りませんでした。

そしてこのブログでもおなじみの向井先生の「木曽三川の魚たちと伊勢湾」のお話。
とにかく盛りだくさんでした。

三重県で何かアクションを起こせないかという思いから始まったこの試み。
初めての三重県でのシンポジウムでしたが、100名定員に130名の参加者
と大盛況でした。
満員の参加者
最後にアピールを読み上げ採択。

今回は伊勢湾の様々な問題の中での河口堰ということで、中心テーマではありませんでしたが、
今後これをきっかけに、河口堰開門調査の動きが三重県にも広がっていくと良いですね。
だって河口堰は三重県桑名市にあるのですから。







ご案内

冬らしくなってきましたね。
郡上市も場所によっては雪が降っているようです。

我が家の軽トラも冬用タイヤに交換しなければ!

さて、昨日「よみがえれ長良川」の忘年会があり参加、
長良川関係のこれからの予定のチラシが3枚手に入ったのでご案内です。

1つ目は導水路裁判について。

明日12月5日開催という直前になってしまいましたが、
こんな動きがあるということを知っていただくという意味で載せます。

御存じかと思いますが、
導水路裁判は9月17日に「愛知県の負担金支払いは不当ではない」という一審判決を支持し
名古屋高裁は控訴棄却という判決をしました。

これを不当判決として「導水路はいらない!愛知の会」は上告します。
その決起集会が明日開催されます。

と同時に記念講演として今本博健さんの講演会もあります。
導水路裁判上告 決起集会
直前ですが、時間のある方は参加下さい。
また厳しいと予想される上告裁ですがぜひ今後も注目下さい。

2つ目は「河口堰に反対し、長良川を守る県民の会」の学習会について

今月13日に短時間の年次総会とともに開催されます。
県民の会学習会

こちらは長良川市民学習会の代表の粕谷志郎さんの講演
月刊「議会と自治体」2015年10月号に発表した論文
「よみがえれ長良川ー河口堰閉鎖20年の実態と再生への展望」についてのお話。

どなたでもご自由に参加できるとのことです。

3つ目は来年1月31日に開催される「伊勢湾流域圏の再生」シンポジウム。
以前から愛知県での河口堰開門調査の検討会について三重県での関心が弱いという
意見がありました。

そこで三重県でアクションを起こし関心をもってもらいたいと
「よみがえれ長良川実行委員会」中心に「伊勢・三河湾流域ネットワーク」、
「中部の環境を考える会」、「四日市ウミガメ保存会」と協力。

この4つの団体が共同主催という形で河口堰開門調査を含めた伊勢湾流域の
再生を考えるシンポジウムを開催することになりました。

伊勢湾シンポ
日時 2016年1月31日(日) 13:30~16:30
会場 四日市じばさん三重6Fホール
    資料代500円

「伊勢湾の今の環境」についての講演や「答志島の漂着ごみの問題」、
「四日市でのウミガメが上がる浜つくり」、「木曽三川の魚と伊勢湾」をテーマにした
シンポジウムが開催されます。

初めての三重県での試みでどれくらい関心を持ってもらえるか心配ですが、
木曽三川や伊勢湾の問題は東海3県が協力しなくては解決していきません。
ぜひたくさんの方に来ていただきたいと思っています。

資料準備のためにできれば予約下さい。
詳しくはよみがえれ長良川のHPで見ていただき予約もお願いします。

三重県以外の皆さんの参加も待ってます。
予定を開けておいてください!

導水路事業が解凍される?

民主党政権時代に検証の対象事業となり、凍結されていた導水路事業。
平成23年のパブリックコメントの実施以来動きが止まっていました。

この4年間全く動きが無かったことですでに中止となったと思われていた方も
多かったのではないでしょうか。

ところがどっこいその事業に4年ぶりに動きがあった。
今月の11日に第3回幹事会が関係自治体の担当部長や副市長などが参加して
開催されたのです。

内容は
・構成員から頂いた対策案に関するご意見及び検討主体の考え方。
・パブリックコメントで頂いた対策案に関するご意見及び検討主体の考え方。

この中の
構成員は関係自治体

対策案というのは「ため池案」や「地下水利用案」、「既得水利の合理化・転用」などの
代替案のこと。

検討主体というのは国土交通省中部地方整備局と水資源機構中部支社です。

話し合われた内容はまだ発表されていませんが、ほとんどが導水路推進の立場の構成員の中で
動き始めたことだけは事実です。
しかし、このことはまったくマスコミにも報道されず住民はなにも知らないのでは
ないでしょうか。

そこで市民学習会ではまず岐阜市で市長宛てに要請書を出せるような機会を作ってもらうよう
下のような要請書案を持って本日市役所にお願いに行った。

市長宛て要請文

秘書課に行く前にまず凍結前に関心を持ってもらっていた市会議員回りをました。

最初は無所属クラブの田中、服部、松原、高橋の4氏
無所属クラブ
次は共産党の堀田、原、井深の3氏
(ゴメンナサイ写真撮り忘れてしまいました)

最後は市民クラブの鷲見、富田の2名
市民クラブ
(写真は鷲見議員)

皆さんとても熱心に聞いてくださり、今後協力いただけるとの力強いお返事を
もらいました。

このあと秘書課に行きましたが、初めて入った秘書課が珍しくて思わず写真を1枚。

秘書課
(写真内の人物は市民学習会の武藤さん)

秘書課の方にお願いすると、担当部である基盤整備部に連絡
広域事業推進課管理監の岡本さんと事業推進係長の川浪さんにと打ち合わせ。
そこで市として対応していただく機会を持てるようお願いしました。
基盤整備部の方

結果は、検討して後日お返事いただけるとのこと。
また決まりましたら報告します。

それにしても気がついたら長良川に揖斐川の溜め水が流されていて、
長良川なのか揖斐川なのか分からないということにならないよう
しっかりと動きを監視したいものですね。









内ヶ谷ダム工事現場

コメントありがとうございます。

カメラはペンタックスのOptioのW80という機種です。
古いもので、昔よく言っていたいわゆるバカチョンカメラです。

1m程までなら水中で使えますし、10×5センチほどの大きさです。
川関係の写真を撮影することが多いのと常に持ち歩けるという小ささが気に入って
ずっと使っています。

大日岳の写真がきれいだと言っていただけたのは嬉しいですが、
腕とは関係なく、光の状態が良かったのだと思います。(笑)

今回は長良川市民学習会の仲間が「雪が降る前に見たい」と
内ヶ谷ダムの現場に行き今の状態を撮影してきてくれたので
お伝えします。

これまでにもお伝えしましたが内ヶ谷は郡上八幡町に入る手前で
長良川に合流する支流、亀尾島川沿いにあります。

険しく、行くには途中で車を止め、川に入ることができる装備で
ヒルに気をつけながら歩かなければ行けませんでした。

今は工事のために車両進入禁止となっていて
そこに車を止め2キロ歩くと谷沿いに工事用の仮設道路が造られているそうです。
工事現場への道路
ダム建設用の車両が通れるようにするための道路ですね。

そして現在のダム建設現場。
本体を作る前に川の流れを迂回させなければいけないので
そのための工事をしています。

作業現場の様子
上の写真ではわかりにくいですが右上に小さい看板があります。
これが「ダムの天端」になるところだそうです。
ダムの高さは81.7m

下の写真は転流工の呑み口
ここに水を流して迂回させる訳ですね。
転流の呑み口

このダムは治水ダムですが、その水位を下げる効果というのは
美濃橋付近で13センチ、関市千疋大橋付近で10センチ、
岐阜市千鳥橋付近で5センチとされているそうです。

岐阜市でわずか5センチですよ。

市民学習会で学習会などを開いて治水効果に疑問を持たれるダムに
平成15年計算で340億円の事業費。
22年までにはすでに工事用道路建設だけで179億円使ってしまっている。

あれから震災や東京オリンピックだので建設費用はウナギ登り
いったい完成する頃にはいくらかかっているやら。

これが長良川を世界農業遺産にと言いながら流域の美しい自然をつぶしていく
岐阜県の現状なんですね。

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる