FC2ブログ

2020年環境観察会

9月に河口堰関係のイベントが2つ開催されます。

1つは河口堰閉鎖25年 パネル展です。

1995年に長良川河口堰が閉鎖されて今年で25年が過ぎました。

この間長良川は世界農業遺産に認定されたと大きく宣伝されていますが
ここには河口堰のある下流域は含まれていません。

25年の間汽水域を失った長良川は徐々にそして確実に環境が悪化しています。
その変化などををパネルにして皆さんに紹介しようという企画です。

日時  9月18日~10月2日
場所  JR岐阜駅内  ハートフルG 1階通路  (図書館向い)

ぜひ覗きに来てください。

もう1つは下流域環境観察会
コロナの影響で延期されていましたが9月27日(日)に開催します。
20年観察会チラシ

参加費 1,500円(学生500円)

船に乗り川底の状態を比較したり、カニを捕まえたりして河口堰のない
揖斐川や木曽川との環境の比較をしながら観察します。

詳しい問い合わせや参加申し込みは よみがえれ長良川実行委員会 
武藤 仁 までお願いします。
携帯 090-1284-1298
メール  mutohitoshi@yahoo.co.jp

参加お待ちしています。

さて前回の更新からずっと暑い日が続いていましたがこの間も
ちょこちょこ魚を探しに出かけていた私です。

そしてやっと見つけたのがカネヒラというタナゴ
カネヒラ

ただ喜んで良いのか複雑なところなのがこの魚を釣った場所。
この魚を探して長良川水系から徐々に西に行くうちに根尾川近くまで行き
そこで見つけたのです。

それも1ペアだけ。

あとはいくら釣ってもオイカワとタモロコばかり
オイカワとモロコ
まさかこの用水に2匹だけということはあるまいと頑張ったのですが
他には確認できませんでした。

日をあらためて近くの用水を覗いてみたのですがカネヒラだけで無く
よく見られるアブラボテなどほかのタナゴもまったく見つかりませんでした。

まさに私にとっては奇跡のカネヒラペアでした。

ただほかの用水を探っていて嬉しいこともありました。
それは大量の小鮒たちが見つかった事です。
新子フナ

赤虫を餌に3~4センチの新子のフナがたくさん釣れました。
最近こんなにたくさんの新子のフナを見ることがなかったので釣っていて何だか
ほっとしました。

こうした場所が無くならないと良いですね。

ちなみに、この中から3匹だけ水槽の仲間に入ってもらいました。










スポンサーサイト



シンポ中止の緊急告知

先日、このブログでご案内した2月29日(土)午後の
「よみがえれ長良川2020」シンポジウムは、現在のコロナウィルスの感染拡大状況を
ふまえ中止することになりました。

参加を予定されていた方にはご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

状況が好転し落ち着いたあと、あらためて企画された時にはよろしくお願いいたします。

なお、5月10日(日)の長良川下流域環境観察会は現在のところ実施予定ですが
今後の状況によって変更される場合もあります。
また、変更があった場合はこのブログにて報告させていただきます。

シンポと講演会

これまで名古屋や四日市で開催されてきた伊勢湾シンポが
今年は豊橋で開催されます。

2018年2月10日(土)13:30~
会場 豊橋市民センター
資料代500円

伊勢湾シンポ3
基調講演は沖縄で蝶類の研究をされている宮城秋乃さん(アキノ隊員と呼ばれているとのこと)
テーマは「生物多様性と開発~生き物の視点から」

地域からの報告として
表浜の取り組み、三河湾の干潟・海岸の保全活動、豊川水系の開発と環境について
桜丘高校生物部の会場展示もあります。
お近くの方ぜひ参加下さい。


また、次の日は、アキノ隊員にせっかく沖縄から来ていただいたので豊橋だけではもったいない
と岐阜市民会館でも「生き物そして沖縄」をテーマに語っていただきます。

生き物そして沖縄
2月11日(日)午後2時~4時半
会場 岐阜市民会館会議室80
資料代500円
沖縄の生き物の現状についてお話が聞ける良い機会ですよ。

さて、今度は講演会ではなくお祭りのお話。
私がいつも犬の散歩で出かけ、ここでもときどき紹介することがある
岐阜駅裏の清水川。

いまその川を渡る道路の横に鬼が立っています。

清水川と鬼

身長は7~8mといったところでしょうか?
毎年少しずつ顔が変化するようで今年はすこし怖く作られていますが
「ゆっくりはしろう」のやさしいたすきをかけて交通安全を願ってくれています。
立てられた鬼

この鬼、近くの玉性院(加納天神町3丁目)で2月3日に開催される
厄払いの豆まき(12:00~18:00)やつりこみ祭り(19:00~20:00)の
宣伝で1月中旬に立てられます。

赤鬼にふんした厄男を神輿に、おかめにふんした厄女を御所車に乗せ
町内を練り歩いた後、本堂にかつぎ込み、お祓いをして無病息災を祈る行事
だそうです。

クライマックスは赤鬼が担ぎ手の中に飛び込み、もみくちゃにされながら
本堂につり込まれる所だそうです。

当日は人出も多くお店も出てとてもにぎやかですよ。
駐車場はありませんがJR岐阜駅から徒歩5分の所なので
とても便利です。
厄払いや無病息災の祈願に来てみませんか?

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる