FC2ブログ

特定秘密保護法と河口堰

特定秘密保護法が成立した。
そしてこの問題の陰に隠れるようにして「国土強靱化基本法」も成立した。

昨年の総選挙の後、12月17日に「選挙と河口堰」をこのブログに載せ予想していたことだが、予定通り官僚支配の動きが着実に進んでいる。

法律の条文を作るなど事務作業はすべて官僚がやる。
国会で出てきた「保全監視委員会」、「情報保全諮問会議」、「情報保全監察室」、「独立公文書管理監」なども官僚が考え、そのトップには官僚のトップが座る。

民主党政権をつぶしてきた官僚たちにとって自公政権は持ちつ持たれつの願ってもない有り難い政権である。

これで「導水路計画反対!」「河口堰を開門せよ!」「情報を出せ!」と住民が言えば
「国土強靱化の一環ですから」、「特定秘密にあたりますから出せません」との返事が返ってくるのでしょうか?

そしてこの返事に納得せず騒ぐと石破発言ではないけれど「それはテロです!」となるのかな?

でもこの政権を作ってしまったのは国民なんですね。

11月29日の雑誌「週間金曜日」で猪瀬都知事借金問題の記事の最後に佐高 信さんの言葉として「本物のニセモノを支持した人たちの責任も残る。434万票も猪瀬に与えた愚かなる都民は、他人事のように捉えないで、猛省すべきだ」とありました。

佐高さんと魚住昭さんとの対談集で「だまされることの責任」という本がありますが、圧倒的多数の国会議員を自公に与えてしまった国民も反省すべきですね。





プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる