FC2ブログ

農業遺産パンフと新聞記事

郡上からの帰りに岐阜県が目指す「世界農業遺産」認定に向けての
パンフレットを見つけたのでもらってきた。

その表紙には大きく「清流長良川の鮎」とある。
農業遺産パンフ

その裏面には「長良川システム」として
源流から海へ繋がりそしてまた源流に戻ってくる循環図が写真で紹介されている。
遺産パンフ裏

折しも11月14日の中日新聞の「全国育樹祭開催1年前特集」として
こんな広告記事が入っていた。

広告1

その3ページ目にはこんな記事があった。
「命のバトンをつなぐ恵みの清流」
広告2
そこには昨年紹介した河口堰右岸側のプールで人工ふ化させ
伊勢湾に返すものや県の魚苗センターでふ化・生育させたものを
放流するものを含めての量を合わせても,多かった時に1千トン超
あったアユの漁獲量が450トン程度に減少とあった。

そうしたところ、本日11月16日の中日新聞朝刊ニュースを問うで
「世界農業遺産めざす長良川流域」と題した記事が掲載された。

中日11・16


そこには2013年のアユの漁獲量は218トンでピーク時の1992年に比べて
8分の1ほどに落ち込んだあとあった。

その原因として
山林の荒廃による「長良川の水量が減っていることも一因」とあげられていた。

この3つのパンフレット及び記事の中ではどれも森・川・海のつながりを訴えている。
しかしそのどこにも動脈瘤のように長良川の流れを断ち切っている
河口堰という言葉が無かった。

これまでも「河口堰の開門調査実施を!」と訴えてきて、
愛知県でも河口堰開門調査を検討する会議が開かれているのだから
知らないはずがないのにどれも意図的に河口堰を出すのを避けている。

先ほどアユの漁獲量のピーク時が1992年とあったが、
河口堰が閉じられたのは1995年なので本格的な建設工事が
開始されたのがその前だとすると、河口堰が最大の
影響を与えているのは経験的に明らか。

でもそれをわかりながらあえて避け
「世界農業遺産認定にむけて」とパンフを作るのはやっぱり変なのでは
ないでしょうかね。

こんなパンフレットを持っていって他県や世界の人に訴えても
「でも長良川って河口堰があるんじゃないの?」と言われたら
岐阜県民としてどう返事をすれば良いのでしょうか?

「あれは三重県長島町と桑名市にあるのだから岐阜県は関係ない」と
でも言えば良いのでしょうか?
困った~。

お知らせ
長良川DAY報告がやっとできHPに掲載しました。
お手伝いいただいた方、写真などで御協力いただいた方ありがとうございました。

長良川DAY2014報告

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる