FC2ブログ

長良川の恵み

電話があり、「カニ食べない?」と言われたので詳しく聞くと
長良川のモクズガニをもらったけどたくさん過ぎて食べきれないとのこと。

モクズガニを食べたことはあるものの、いつ食べたか記憶にないほどで
これはぜひいただきに行かなくてはとさっそく茹でてもらっているという
居酒屋さんに車を走らせた.

到着して少し待ち茹であがったカニを見てビックリ。
大小様々なカニが10数匹。

その中から友人宅に3匹、我が家に2匹選んでいただいてきました。

もくずガニ

サイズは写真の状態で甲羅の幅が8.5センチで
左右の足の幅が20センチ近くあり私が今まで見たものの中では大きいものです。

中にはこれより大きい甲羅のサイズが13~14センチほどあるものも
いてビックリでした。

あとで図鑑で調べてみたところ甲羅の幅が平均5.5センチとあったので
やはりモクズガニとしては大物だったようです。

写真に収めてからさっそく調理。

なにを隠そう私めは今からウン十年前、学生時代に名古屋のカニ料理店で
3年半ほど調理のバイトをしておりました。

特にこの間の2年ほどは出刃包丁を手にカニを捌いておりました。
腕は確かですぞ。

ですので家にはマイ出刃があり、その腕をいかして捌いたものが下の写真です。
わが道具と捌いたカニ

モクズガニは足が小さく薄いので捌くのが大変でしたが、
なんとかここまで仕上げました。

1匹は茹でガニそのままで、もう1匹は味噌汁に入れて賞味しました。

味はカニですからうまいに決まっていますよね。
味噌は甘みがあり、身もカニ独特の匂いと味。
特に爪は身もびっしりと詰まっていて美味しかった!

今度はいつ味わえる機会に恵まれるでしょうかね?
自分で捕りに行くしかないのですが、長良川ではこれも最近は少なくなって
きているようです。

以前はテトラが沈めてあるところで潜れば必ずと言って良いほど
見ることができたものですが、最近はしつこく探さないと見ることができなくなりました。

というのもこのカニ、秋から冬に産卵のため海に下り、
汽水域で繁殖し夏に小ガニとなって河川をのぼるそうです。

ですので河口堰がありカニにとって生きていくのが難しい長良川では
減るのは当たり前なのかもしれません。

長良川の豊かだった食文化はこうして少なくなっていくのでしょうね。
何とか河口堰を開けて守りたいものですね。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

味は越前ガニとかと同じような味ですか?
川にいるカニは土臭くありませんか?
プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる