FC2ブログ

これから何があるかな?

今度の土・日は「よみがえれ長良川」で忙しそうなので早めの更新です。

コメントありがとうございます。

「冷水病のアユは食べることができるか?」
「原因は?」とのことですが、
さすがに冷水病で死んでしまった魚は食べたことがありません。(笑)

アユは元気だったものでも水を切った後の管理が悪いとすぐに色が変わって白くなり
食べる気にはならないです。

でも冷水病に罹ってもすべての魚が死ぬわけではなく、
治るものもいるようです。

釣っていると、治る途中のアユが掛かることがあります。
傷が癒えて肉が盛り上がり傷があった跡だけが残っています。

私も何回か釣って食べたことがありますが、煮たり焼いたり火を通すので
特に問題ありませんでした。
私の舌が鈍感なのかもしれませんが味も変わりません。

もちろん商品としては価値は無く流通しないと思います。
でも塩焼きなど焼き目がついたらわからないと思います。

原因は細菌で海外の魚の病気だったようです。

昔琵琶湖産の稚アユを購入して放流していた時に
その中にこの病気に罹っていた魚がいて広まったと言われていますが、
琵琶湖にはどうしてきたのかなど良くわからないのが実情のようです。

その病原菌が川の環境やウグイなど他の魚に残っていて
アユ(人口産は無菌アユ)を放流すると感染し、水温が急激に下がると発症するようです。

今年の場合、本流で解禁前に雨で急に水温が下がった時があったので出たようです。
吉田川はもともと本流よりは水温が低いので少し水温が下がっても
温度差が小さいため本流ほどひどくならずに済み、解禁時に良く釣れたのでは
というのが釣り人の話です。

今日の川は昨日からの雨で増水。
7月1日
我が家の下も水位が1m以上高くなり濁流でした。
(ここは川幅が狭いので水位が高くなりやすいのです。)

問題はこの濁りが取れたあと魚が残ってくれているかですね。
本流は濁りはあるものの、それほどの増水ではないので、川が洗われ
かえって良いかもしれません。

いよいよ「よみがえれ長良川」まであと少し。
7月4日の河口堰周辺の環境観察会と鵜飼観覧船での交流会は
定員に達し予約受け付けを終了しました。
ありがとうございました。

7月5日は予約は必要ありませんし、入場無料なのでこぞって参加下さい。
お待ちしております。

7月に入り始まるのが郡上踊り。
道の駅に寄ったら「郡上踊り」と白鳥踊り」の日程表があったのでもらってきました。
踊り日程表
郡上踊りは7月11日の「おどり発祥祭」から始まります。(7月は8回)
白鳥踊りは7月9日の長滝白山神社の「白鳥の拝殿踊り発祥際」(7月は6回)

実は郡上に通いだして20年になるのに一度も行ったことが無いのです。
ゴメンナサイ。

今年は見るだけでもと思っていますが・・・・・

あと、「郡上八幡 上方落語の会 番外篇」というのがあるそうです。
落語会チラシ
先日亡くなった桂米朝さんを偲んでの会のようです。
案内人は俳優の近藤正臣さん。

近藤さんは郡上で毎年落語の会を企画されていて
今回も司会を務められるようです。

落語好きな方おいでになりませんか?












スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる