FC2ブログ

トークイベント

前回から時間を見つけてはフナ探しに出かけていますが、
寒い時期ということもあってなかなか見つかりません。
春まで無理かと弱気になっています。

さて、14日のトークイベントに行ってきました。

今回、モンベルが協力団体となって宣伝をしてくれました。
モンベル栄店の入り口に大きいポスターが展示してあり、その効果を期待して
いましたがやはり今の若い人たちには環境問題に対する関心が少ないようで
参加は少なめでした。

それでもこれまで長良川河口堰反対運動に関わってきた人たちを中心に25名ほど
参加いただき、協力してきた「河口堰建設に反対する会」としてもホッとしました。

14日トークイベント


話は、このほど出版された天野礼子「川を歩いて、森へ」にそって
これまでの河口堰反対運動の流れやダム撤去の報告などを中心に
天野さんと藻谷さんの対談形式で進められました。

ダム撤去の話は11月に見てきた九州の球磨川の荒瀬ダムの様子。
荒瀬ダム撤去現場

本当にきれいに撤去され川自体も整備され元の流れがあったそうです。
撤去したダムの瓦礫はスライドの写真のダムの導水路部分に埋め戻されたということす。
ただ、近くにまだダムがあるので川全体の回復には次の撤去がどうされるかに
よるようです。

森里川海のつながりの大切さについては、
「日本に健全な森を作り直す委員会」の働きかけで作られた環境省のパンフで紹介。
環境省パンフ

このパンフでは山から海までのつながりの大切さが訴えてありました。

でも縦割り行政の悲しさですね。
環境省がこういった訴えをしても国土交通省のやることは全く逆。
民主党政権で凍結された事業がほとんど解凍され、ダムがどんどんできつつあります。
長良川でも内ヶ谷ダムができつつあり、凍結された事業ではかろうじて
木曽川水系導水路事業が進められずに残っているだけです。

国交省のいつもの言葉である治水のために必要だの理屈と
環境省はどう向かい合うのでしょうか?

天野さんからは環境省の役人の中に本気でやる気のある官僚がいるとの
話がありましたが本当にそうであれば期待したいものです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる