シンポと学習会に参加

2月11日は郡上のアマゴ釣り解禁日ですが、この寒さの中成魚放流を
釣る気にはならず10日は豊橋で開催された伊勢湾シンポ、11日は
岐阜での「生き物そして沖縄」の学習会に参加してきた。

豊橋駅で降りたのは何十年ぶりでしょうか。
シンポへの参加なんですがちょっとした旅行気分でウキウキでした。

シンポへの参加者は70名程でした。
伊勢湾シンポ20181

基調講演は沖縄の山原で蝶の研究をされている宮城秋乃さん。
テーマは「生物多様性と開発~生き物の視点から」です。

伊勢湾シンポ20182
今、ヘリパッド建設で揺れているやんばる地域における動物や昆虫などへの
影響について報告されました。

建設のための森の皆伐や訓練による影響で希少種の生き物がますます
住みかを奪われ絶滅の危機に瀕する可能性が高くなることを自分で
撮ってきたビデオで紹介。

地域に流れる何本かの川についても工事による赤土の流入で
汚されるのではないかと懸念されていた。

詳しくは近く「よみがえれ長良川」のHPで報告されると思うので
そちらを見ていただきたい。
地域の報告は三河湾周辺で活動されている方達から。

うまく撮影ができずすべての方えを映像で紹介できませんがご容赦ください。

設楽ダム建設反対運動に携わった市野和夫さんからは「豊川水系」全体の
問題について報告。

三河湾の六条潟など干潟・海岸の保全活動をしている加藤正敏さんから
三河湾における干潟や浅場の変遷についての報告。

伊勢湾シンポ20183
日本有数のアサリの漁場であった地域の漁獲量が減ってきているとのこと
(ただ全国的に減っているので愛知県の全国シェアは高まっている)

表浜海岸
(遠州灘海岸の一部で、愛知県の南東部に位置する40キロの海岸
わかりやすく言えば湖西から田原市の伊良湖にかけての太平洋側の海岸線)
からは田中美奈子さんが表浜をまるごと博物館として自然環境だけでなく
歴史や文化、地域の暮らしなどについて活動していることを報告。

伊勢湾シンポ20184

桜丘高校生物部からは豊橋市の向山大池の生物と生態系の考察
伊勢湾シンポ20185
魚などの生き物を採取して研究。
ここでも外来種の問題が話題になりました。

日曜日は岐阜の市民会館で前日と同じく宮城秋乃さんで「沖縄そして生き物」と題して
学習会。
せっかく沖縄から来てもらったので岐阜でも聞かないともったいないと開催された。

前日と重なる部分もあったがよりへリパッド建設による問題点や建設反対運動に
重きをもった内容になっていた。

平和の問題でもあるので関心が高いのか定員分の椅子では足らず、追加してもらう
状況でした。
満員の岐阜会場

ビデオではオスプレイなどが訓練する場面がたくさんあり、先日沖縄で墜落した
戦闘ヘリそのものも撮影されていた。

生き物そして沖縄1

軍事訓練を撮影するときのエピソードや過去の選挙での生々しい話、
先日の名護市長選挙での感想など地元に住んでいる人でないとわからない話なども
聞くことができた。

兵器は人を殺す道具であることを考えると基地建設は動物や昆虫だけでなく
人を始めとしたすべての生命を奪う活動であることがよくわかった講演であった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる