早く水温上がらないかな

先日郡上に行った時、夕方2時間ほど寒水川で竿を出してみました。

でもアタリは無くボウズ。
「平日だし人もいないのに少しは釣れてもいいはず」と変だなと思っていたところ、
帰ってから釣りに行く途中で買ったスポーツ新聞の釣り情報を見て納得。

前日に寒水川に入って10匹釣れたとの情報が掲載されていました。
小さい川で前日にこれだけ釣り荒れたら釣れないはずと自分の腕のせいでは
なかったと慰めました。

本日名鉄の新岐阜駅の中を歩いていたら船頭の平工君のポスターが目に入り
思わず携帯でパチリ。

駅のポスター
以前にも見たことのある温ぱくのポスター。
大きくて立派なものでした。
名古屋に行った時には見てないけど他の土地にも貼ってあるんですかね。

さて今年は岐阜周辺での釣りも紹介できればと思って長良川漁協の
遊漁証を購入しました。

下流の遊漁証

一緒に規約ももらってきました。
遊漁規約
ちょっと見にくいですがこれで鮎釣り以外はできます。
岐阜近郊なら少し時間を見つければ行けそうかもと考えていますが
まだ水温が低いので4月ごろからかな?

規約の裏に漁場地図が載っていました。
漁場地図
あらためて見てみてビックリでした。
長良川の支流の割と大きい糸貫川、板屋川、伊自良川、鳥羽川など
が対象に入るのはわかるのですが、境川や早田川などどぶ川と言っても
過言ではない川にも漁業権があるのですね。

境川などには禁漁区もあるんです。
ほんとびっくり。
昔は境川にもよく白ハエ釣りに行ったものですが、今では釣り人なんぞ
見かけません。
禁漁区を作る前に魚の住める河川環境を取り戻すのが先のような気がするのですが、
これも今の世の中の流れの中では要求するのも難しいのかもしれませんね。

ああ~タナゴが釣りたい。










スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる