FC2ブログ

久しぶりの河口堰とメディコス祭り

今日5月13日のメディコス祭りに展示するため11日(金)に河口堰下流の
ヘドロを採取に行ってきた。

河口堰現場にいくのは久しぶりだった。
今回はスタッフ以外にも中川ゆうこ岐阜県議が同行。

いつもの六華苑近くの駐車場付近から乗船。
乗船場

河口から4キロ地点の揖斐川と長良川(河口堰下流)の泥を採取。
採泥作業中
揖斐川はシジミは少なかったもののきれいな砂。
長良川はいつも通り酸化還元電位がマイナス372の数値を示すヘドロ。
5月11日ヘドロ
粕谷先生曰く錆びたくぎを入れるときれいになる状態。
もちろんシジミは生息できずどぶ臭いにおいがします。

中川県議もヘドロの状態を確かめていました。
ヘドロ確認中の中川議員
長良川のアユが農業遺産となって喜んでいる他の県議(市議もです)全員
に確かめてもらいたいもんです。

これを今日のメディコス祭りのよみがえれ長良川のブースで展示。
一緒に長良川クイズもやってもらいました。
クイズ出題中
河口堰は何年経つか?
鮎の産卵場所はどこ?
など河口堰と導水路に関するクイズとアンケートをお願いしました。

この中でちょっとショックだったのは鮎の産卵場所は郡上~関、岐阜~羽島、
伊勢湾の3つのうちどこでしょうの質問で郡上~関の答えが一番多かった
ことでした。
3分の2くらいは郡上~関と答えられました。

もちろん正解は岐阜~羽島。

今日来られた方は岐阜市内とその近郊の方がほとんどだと思います。
長良川=鮎というイメージを持っているはずの岐阜県民が自分たちの
身近の長良川で鮎が産卵しているのをご存じないということ。

鮎の産卵場所を知らないということより長良川やそこで生きる鮎などの魚達には
関心がもたれていないことが分かったことが私にとってはショックでした。

この状態で今後導水路計画が動き出したとしたら、あっという間に
鵜飼の会場に徳山ダムの水が流れているという状況になってしまうのでは
と考えると怖くなってしまいました。




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる