FC2ブログ

2018年件要請行動

毎年行っている岐阜県への要請行動を今年度も5月31日午後4時から行った。
市民からは今年はいつもより少し多く12名の参加

まず最初によみがえれ長良川の粕谷代表が要請書を県の井上課長に
要請書を手渡した。
2018年要請書

県からは井上課長以下5人が参加した。
県の担当者方


内容は
1, 導水路事業の中止を求める。
2, 河口堰開門調査に向けた取り組みを行うこと。
3, 内ヶ谷ダム建設中止すること。
の3点

ちょうど少し前にメディコス祭りでのヘドロの展示や下流域環境観察会が
あったのでヘドロや観察会の報告書を持って説明。
環境観察会説明

県側の机の上にヘドロをドンと置いて見てもらった。
県にヘドロを見せる

こちらは事実を持って説明したが予想通り国土交通省からの出向の課長とは
全く話はかみ合わずであった。

要請行動やり取り


こちらも県の課長が勝手に返事ができる問題ではないことは承知しているが
導水路事業が水利権のない東濃の渇水対策とは関係ないにも関わらず、
渇水になったらどうするの一点張り。

あの平成6年の渇水でも大丈夫だったではないかと問うとそれ以上の
渇水の可能性も言い出した。
それなら基準はあるのかと突っ込むと、明確な基準など無くただそれ以上の渇水。

無限の危険の可能性を言い出したら国はどんな事業だってできてしまうことになる。
そのくせ福島で危険が現実になったにも関わらず、原発は安全だと言って
再稼働を始める。
結局すべての事業が国がやりたいかそうでないかで決められていく。

課長は岐阜県の職員であり、県として清流長良川を謳い掲げながら、
河口堰付近の泥をヘドロと絶対ヘドロと認めない国交省からの出向だからか
今回持って行ったヘドロもチラリと見ただけで指で触って確かめようともしない。

長良川を守ろうなんていう気持ちはまったく持とうとせず、経済効果さえあればよろしいと
ばかりの県の様子に思わず興奮して声が大きくなってしまった私がいました。

結局、金なんですかね。














スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

現況維持の事無かれ主義。

 1,導水路事業の中止を求める。
2, 河口堰開門調査に向けた取り組みを行うこと。
3, 内ヶ谷ダム建設中止すること。
要請書提出に対する対応、まあ予想通りのお役所仕事ですね。

  先週「石木ダム」建設予定地の佐世保川原(こうばる)郷の「ほたる祭り」のお手伝いがてら視察してきました。
  ぶったまげ!ました。
 石木川、川幅3〜5m程度の小川です。
 ダムで集落を沈める、どう考えてもおかしい。水需要もありえん予測。
現場に行ってその場を体験して、よかったです。なんとか阻止せねば!と思います。
 中止にできないお上。吉野川第十堰問題も現実は中止ではなく、今現在「凍結」状態。今後も活動が必要ですね。
 
プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる