FC2ブログ

アユ釣りとあゆパーク

今年のアユ釣り解禁は6月3日の日曜日だったが
都合が悪く解禁日には参戦できなかった。

8日になってやっと時間ができ釣りに出た。

例年なら解禁日の2週間前になると我が家の下の
吉田川でも放流されたアユが石の苔を食む姿がよく見られるのだが、
今年は少し姿は見られるものの冷水病が出たという話もあり、
アユのハミ跡で石がピカピカになることはなく吉田川での初釣りは諦めた。

ということで、
今年は郡上に通い始めて初めて長良川本流で我が解禁を迎えることとなった。
情報はそれなりに得ていて白鳥町辺りが比較的良いとのこと。

白鳥町まで向い、めだか釣り具でオトリを購入し状況を聞くと
奥美濃大橋周辺から市街地の本流が良いと教えてもらった。

でも情報を聞くのは皆さんも同じ。
川を覗くと平日だというのに入川する隙間はなく川を見ながらどんどん上流へ。

長滝まで行ったところであゆパークが開設したということに気づき
寄ってみた。

以前あった道の駅を建て替えその横にあゆパークを造った。
この施設は長良川河口堰建設補償関連施設。

あゆハウスが管理棟で研修施設やレストランもあります。
里川あゆハウス

中にはモニターがあり長良川システムという長良川の自然や文化などの
映像が流されていました。

管理室

周辺には魚釣り広場のプールがありイワナが泳いでいた。
これを釣らせるようです。
魚釣り広場

その横に人工河川のつかみ取り広場
魚つかみどり広場

味わい広場のバーベキュー棟や長良川で釣りができるところも整備
全体図はこうなっています。
全体図

個人や団体向けに魚すくいや釣り堀、鮎のつかみ取り、鮎釣りなどの体験が
できるプログラムが組まれています。

鮎塾なんて年12回で50,000円だそうです。
釣りなんて昔は大人や友達から自然に伝わってきたものですが、
いまは遊びも習うものになってきたのですね。

長良川の鮎を売り込みたい、将来遊漁証を買ってくれる釣り師を増やしたい
など気持ちはわかるのですが一通り見てパンフレットをもらいそれを眺めながら
これで大丈夫?やっていける?と感じてしまいました。

学校などに研修施設として使ってもらうようにお願いしたりするんでしょうね。

さて、釣りですが高鷲村の入り口の藤ノ森大橋上流でやり
雨が降らず水量が少なくドロドロに腐った苔に悩まされながら17匹の釣果でした。

へぼ釣り師としてはまずまずの結果かな。
でも吉田川がこのままダメで毎回白鳥町辺りまで遠征しなければならないとすると
大変。 

アマゴなら道具少なくて楽なんですがね。
こんなこと言ってるから釣果が伸びないのはわかっているんですが
困った~。






スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる