FC2ブログ

シジミのニュースとアマゴ

ご存じの方も多いかと思いますが3月1日にシジミについてこんな報道がありました。

愛知県は弥富市の水産卸売会社「マルイ」が外国産シジミ180トンを愛知県産偽って
販売したと発表。
2017年から18年にかけて、ロシア産120トンと台湾産60トンのシジミを「木曽川産(愛知県産)」
と表示し販売。
同社は営業を自粛している。

ロシア産は国産と同じ、台湾産は国産よりキロあたり100円高いが
外国産では取引してくれなかったのでやった。
という内容だった。

読んでいて悲しくなってしまった。

関心の無い方なら「産地偽装してけしからん会社だ」で終わりかも
しれません。

でもここに至るまでの経過は私たちが取り組んでいる長良川河口堰の問題
そのものなのです。

昨年9月このブログでも報告しましたが、桑名市議で「シジミプロジェクト・桑名」で
活動しておられる伊藤研司さんから桑名の赤須賀漁協のシジミ漁について
お話を聞く機会があった。
(詳しいことは昨年9月のブログをご覧下さい)

そのときにいただいた河川別シジミ漁獲量の経年変化の資料をあらためて掲載します。
シジミ漁獲量変化

長良川河口堰が運用されて長良川のシジミ漁は壊滅。
その後揖斐川も激減。
(長良川が獲れなくなり揖斐川で獲りすぎとともに
平成20年に完成した揖斐川上流の徳山ダムの影響もあるのではと考えられる)

そして木曽川でのシジミ漁が多くなったそうです。

こうした結果が結局木曽三川すべてのシジミを激減させてしまったのでは
ないかと考えられています。

河口堰の開門調査実現に向けてずっと私たちは河口堰でシジミがいなくなった。
開門調査をして影響や開けて回復状況など調査しましょうと訴えていますが
国や水資源機構は「シジミはいる」と反論してきました。

確かに長良川の河口堰下流の両サイドに少しいるようですが、
生物として生息していてもとても漁として成立する量ではありません。

はらずも今回の偽装問題が私たちの主張が正しかった事を証明したのですね。

報道機関にはこの会社が損をしてまで偽装しなければならなかった根本的な
原因についてさらに突っ込んで取材してもらうことを期待したいです。

さて、2週間郡上に行けず3月になってしまいましたが、
暖かくなったし雨も降って水況も回復、そろそろ天然アマゴも動き出したのではと
1日に吉田川で竿を出しました。

午後4時半過ぎに釣り初め、最初は全くアタリがなくまだダメかと
思い始めたときの5時過ぎに待望のアタリ。

このときはビックリして空振り。(毎年一発目のアタリは空振りでほんと自分でも情けない)

それでもアタリがあった以上期待できると粘ると5時半過ぎに
今年1匹目のアマゴが釣れました。

2019年1匹目
サイズは13センチほどとまだ稚魚といった感じです。

写真だけ撮らせてもらって川にお帰りいただきましたがやっぱり美しい。

その後はアタリが連発。
でもなぜかほとんど同じ流れのところです。

「この流れです」と餌を流す場所を写しながら釣っているとここでもアタリ。
片手に竿、もう一方の手でカメラ。
こんな時にアタルか?と写したのは良かったけど写真はブレブレ。
ゴメンナサイ
掛かった
(写真真ん中の水しぶきが上がっているところが魚です。)

結局5時半から6時過ぎまでに10匹以上釣れました。
ただ小型が多く、キープできたのは5匹だけ。
2019年3月1日

こちらのサイズは17.5センチ~19センチでした。

いよいよアマゴ釣りの本格的なシーズンに突入したようです。
長良川本流は早いかもしれませんが支流はどこも良くなっていると思います。
来てみませんか?







スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

30分ちょとで5匹。気持ちよかったでしょうね。
これからアユ漁が始まるまで、楽しめますね。
プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる