FC2ブログ

いじられた川

10日のNHK「クローズアップ現代」を見られましたか?

昨年の西日本豪雨でダムの放水で逃げ遅れて亡くなった方がいましたが
それを検証する内容でした。

一般的にダムがあれば安心というイメージがあると思います。
しかしそのダムが逆に人命に危機をもたらすことがあることをこの地域の方々は
身をもって経験されたのです。

ダムだけが人命を守るための方法では無く、逆にダムがあることで危険な場合も
あることが証明されたのです。

いままさに岐阜県も治水ダムとして内ヶ谷ダムを建設しています。
本当に大丈夫でしょうか?

毎年岐阜県の河川課に要請に行っていますが。
もう一度検証しなおしたほうが良いのではないでしょうかね。

さて今日12日は川漁師の平工さんが怒りをもって訴えていた
鵜飼舟のために川の流れを変えた現場を平工さんの案内で見に行く予定でした。
しかしこのところの雨で水量が多いので中止となりました。

予定していた時間が空いたので個人的に長良川の様子を見に行ってきました。

ここが平工さんの舟を係留しているところです。
今日は3艘係留してありました。
平工さんの舟係留

ここから200メートル(?)ほど下流が現場です。
鵜飼船工事現場

石を何かに詰めて並べて流れを変え、後ろには石で河原を造り真ん中に流れが
来るようにしてあります。

以前は左岸側ギリギリに流れがあり、この上流は川幅いっぱいの瀬に
なっていて平工さんが川に入り歩いて舟を引きアユ漁をする現場でした。
(今日は水量が多いので広い瀬があるように見えますが、平水になると手前側は河原に
なります。

こんな工事を何も聞かされずされた平工さんは伊勢湾シンポなどで
川を自分たちの都合の良い形に変え都合の良い魚だけを捕る時代に
疑問を呈してきました。

以前の河川課要請の時にも載せました「清流の国ぎふ憲章」
IMGP0966.jpg
県はどこまで本気で考えているのでしょうね。

ついでに今の工事は左岸側でしたが同じ所の右岸側では樹木の
伐採作業が行われていました。

その現場への道路の入り口にはこんな看板が
お墨付き看板
私が気になったのは「国土強靱化対策工事」というところ。

以前に批判し、心配したことがありますが、安倍政権からお墨付きを
もらった国土交通省がこの「国土強靱化」という印籠を手に何でもできると
喜んでいる姿が目に浮かびます。

そして伐採現場がここです。
樹木伐採現場
木を切って大水の時流れやすくするということなのでしょう。

いまコメントをいただきましたが石木ダムもそうですね。
地域住民がいらないと反対しているのに計画は止まらない。

このまま国民は国土強靱化の印籠の前にねひれ伏してしまっていて良いのでしょうかね?
















スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自然エネルギーだからと称して新たなダムがどんどん作られないか心配です。さらに里山の豊かな森が伐採されどんどん太陽光パネルが敷き詰められる。ため池上にも太陽光パネルで水草が育たなくなる。里山環境がどんどん破壊される。こんな状態じゃクリーンエネルギーって本当に正しいのか?と思います。
プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる