FC2ブログ

台風19号による水害

台風19号による被害が甚大です。
50人を超える死者や行方不明の方が出てしまいました。

ほとんどの方が水による被害です。
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げますとしか言葉がありません。

長良川流域は雨、風ともそれ程でもなく様子を見てきましたが平水で濁りもなく
いつもの長良川の流れでした。

実は今回は10月7日に行った岐阜市の鵜飼大橋上流右岸の治水のためという
名目での工事の現状について紹介する予定でした。
紹介は次回以降に回したいと思っていますがこの現場を見て治水について考えるため
先週ある本を読んだら今回の台風19号による大被害。

自分自身あまりの偶然にビックリしてしまいました。

その本というのが私たち「河口堰建設に反対する会」の事務局長・天野礼子の
「だめダムが水害をつくる!?」です。

だめダムが水害をつくる

2005年10月に講談社α新書から出版された
前年2004年夏の水害列島をレポートしたものでこの年の水害の検証を中心に
それ以前の水害もふまえ治水について考察した本です。

ダムは治水に役立たなかったばかりでなく水害をつくった面もあるのではないかと
国土交通省のダム造り一辺倒による治水に疑問を呈しています。

そしたら今日14日の中日新聞でこんな記事がでました。
中日新聞10月14日記事 

ダムの適切な操作が行われなかったことが被害をより大きくしたのではないかと
問う内容です。

昨年の西日本豪雨でもダムの緊急放水により逃げられなくなり
亡くなられた方もいました。

しかし、天野の本によれば、1971年8月四国の那賀川で同じような事が起き
その後1975年には「ダムは洪水を増大させた」と裁判になり地裁では
ダム操作と管理ミスを認め住民勝訴したものの高裁と最高裁で
管理に著しい不当はなかったと住民敗訴になったとあります。

1971年から50年近く経過した今も同じようなことが繰り返されている。

今回の台風被害のことが落ち着いたらダムとそれに伴う川の用水路化だけが
治水なのかしっかりと検証してもらいたいものですね。

長良川にもいままさに内ヶ谷ダムが建設されています。
決して人ごとではありません。













スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる