FC2ブログ

愛知県河口堰最適運用委員会県民講座に参加

本日開催された愛知県河口堰最適運用委員会県民講座に参加してきました。
内容は以下の通り
県民講座チラシ

オランダのハーリングフリート河口堰開門の報告と
韓国の洛東江(ナクトンガン)河口堰開放に向けた取り組みの報告

始めにオランダから
オランダの報告
1953年2月の北海大高潮でデルタ地帯で甚大な被害が出てその対策として
河口を締め切り、これによって淡水化した水を飲料や農業用水として使う
デルタ計画ができた。

ところがこれにより鮭などの遡上障害、環境の悪化、河岸浸食、ヘドロの堆積といった
マイナス面が目立つようになった。

このためハーリングフリート堰の操作方式の変更をすることになった。
3分の1のゲートを95パーセント開門汽水域を復活させ生態系を再生させることになった。

韓国からは飲料水と工業用水の確保でつくられたナクトンガン河口堰によって
現われた
水質の悪化
汽水域生態系の棄損、シジミやウナギなど汽水域固有種の喪失による地域経済の悪化、
文化財保護地域(渡り鳥渡来地)の棄損
などの問題が大きくなりこれを再生させるため河口堰の開放にむけて取り組むことになり、
その過程と問題点の報告があった。
韓国からの報告
被害の1つの例、
水質の悪化
流れを止めることでアオコのが発生
4大河川事業の被害

韓国環境部の公務員と大学の専門家や民間団体が参加した専門委員会で
4大河川の再自然化に取り組む。

様々な実証試験をしながら少しずつ進めて行く計画でその結果により
水門の開放を推進していくとのことでした。

両方ともまだ開放にむけて模索しながら少しずつ取り組んでいる状況ですが
開放に向けて確実に進んでいるところがちょっとうらやましいですね。

一方で長良川河口堰を開けるどころか、国土強靭化計画を謳い、ダム建設など公共事業を
いままで以上に拡大していこうとしている日本は、どこまでコンクリート化すれば
済むのでしょうかね。
永遠にコンクリート化し続けるつもりなのでしょうか。

でも人ってコンクリート化した人工的な街が嫌いじゃないんですよね。
今日の会場の愛知大学があるささしまライブ周辺を歩いて、たくさんの若者が
集っているのを見てそう感じました。

最先端の人工的な街で自然を取り戻そうという話をする。
なんか皮肉な感じですよね。

しかし時に、便利さは自然に対する畏敬の念を忘れさせてしまう。
コンビニの愛知大学店の前に「ここは海抜1.6メートルです」と表示があった。
すぐ横の中川運河の水面は近かった。









スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる