FC2ブログ

アマゴがダメならシジミがある

コロナウィルスの影響がドンドン大きくなっていきます。

岐阜でも梅祭りが中止になり、4月初めの岐阜祭りも中止。
ここでも紹介する事のある桜道ネイチャーランも中止となってしまいました。

市民運動もほぼ停滞状態。

この先どうなっていくのでしょう。
まだ2ヶ月ありますが鵜飼も観覧船を出せるか心配です。

ただ、単独釣行のアマゴ釣りはほとんど人に会わず感染の心配がないので
出かけています。

このような時は自然の中での活動は良いですね。
皆さんも家に籠ってストレスが溜まったら川や山に散策に出かけてみてはいかがですか。

さて、栗巣川のアマゴからサイズアップできないかと竿を出してみていますが
本当に調子が悪い。

数は1~2匹でしかも15センチ以下ばかりの状態。
昨日は我が家の下の吉田川で細かいアタリが数度あったもののボウズを食らいました。

ブログネタに困ったな~と思いながら岐阜へ帰る途中、荒田川近くを通ると
この時期には珍しく水が流れている用水が目に入りました。

軽トラを止めて覗きこんでみるとシジミの貝殻が目に入りました。
もしかしたら生きている貝がいるかもと掘ってみると、いました!

それもザクザク。
少し掘ると

こんな場所です。
用水

写真奥のトンネルの向こうは荒田川です。
U字溝の用水でなかったのが幸いしたようです。

持っていたタモ網で一掬いすると
一掬い

ざっと40個ほど
サイズは大小さまざま。

大きいもので15ミリほど小さい物は数ミリ。
ちょうどメジャーを持っていたので比較してみました。
サイズの比較

ちゃんと世代がつながっているのですね。

ここのシジミを試食しようという気分にはなれませんが、見られただけで
嬉しくなってしまいました。

他にもなにやら動くものがいたので掬ってみると
ヌマエビ
こちらはヌマエビがどっさり。

何か魚はいないかと探ってみましたがこちらは残念。

でも、田んぼを使っていないときも水を流しておくと生き物はしっかりと活動しているの
ですね。
少しで良いので水を残しておいてほしいものです。



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる