FC2ブログ

シジミの比較

前回、シジミに興味がわいてきたと書きました。

あれから、
まずシジミに違いがあるのか確認してみようと思い
これまでに知っていた荒田川横の用水と平田町の用水、そして木曽三川公園
近くの立田大橋上流の木曽川のシジミを採取してみました。

外殻はこんな感じです。
貝の殻比較
皆さん区別つきます?

平田町のものは大きく、色もしっかりと黒くスーパーなどで売っているものより
立派なサイズです。

荒田川のものはすこし横に長い印象ですがこれらが混ざっていたら
よほどシジミに関心があって詳しい方以外は区別がつかないのではないでしょうか。

木曽川のシジミは汽水域に近いところなのでヤマトシジミかもしれません。
(下げ潮の時だったこともあってか水を舐めてみましたが塩分は感じませんでした。
ただし感潮域ではあります)

あらためて考えたらヤマトシジミとマシジミの区別さえよくわかっていない私でした。

ネットで調べてみたら「タイワンシジミ類調査ガイド」というページがあり
読むと殻の内側の色が違うとのこと。

そこで開いてみたら確かに違いました。
貝の内側比較
左二つは内側が濃い紫ですね。
タイワンシジミの濃色型の特徴らしいです。
(カネツケシジミ型という乳白色のものもあるそうです)

ただし私の場合専門家ではありませんので左2つはタイワンシジミではないかと
いうことでとどめておきます。
先の調査ガイドでも水質や泥質などで色なども変わるので区別が難しいともありました。

メールをいただいた戸田先生にも
「すでに在来のマシジミは失われタイワンシジミに置き換わっているといわれ、
今となってはどれがマシジミであるか明言できない状況にある」と教えていただきました。

すでにそこまで生態系が変わってしまっているのですね。

今回の比較でますます興味がでてきたシジミ。
長良川水系のシジミがどうなっているか知りたくなってきました。

河口堰上流の長良川本流(なかなか見つけにくそうですが)や様々な支流に
ついてどうなっているか今後ゆっくりと調べてみようと思います。

ところで今回シジミのついでにドブ貝も取ってきました。
採取したドブ貝

幅10センチ~12センチほどのものを数個

というのも、
飼育しているヤリタナゴの繁殖を試みようと思っているからです。

とりあえず水槽に入れてみましたが今のところタナゴの反応は今ひとつです。

タナゴ水槽へ

初めてのことなのでどうなりますことやら

いろいろあって家の中でも忙しいこの頃です。












スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる