FC2ブログ

アユ解禁前の小物釣り

ようやく梅雨にはいりましたね。

本来なら川遊びに雨は困るのですが、ずっと雨が降っていなくて
どこの川も大渇水状態。

川を覗いても苔がドロドロの状態で1度水が出て川を洗ってくれないと
どうにもなりません。
雨を願っていますが今度の土曜日はコロナで遅れていた郡上のアユの解禁、
降りすぎて竿が出せないのも困りますが、どうなることやら。

今回はアユが解禁になる前に小物釣りに一度行っておこうと思い、タナゴを狙い
に行ってきました。

これまでの場所と違ったところでタナゴに出会えないかと支流へ。
山県市の農業用水に近い川ですが名前は知らないところ。

川を覗いて見ても田んぼの作業で濁っていることもあり魚影はよく見えません。
でも所々で小魚がはねる様子があるので竿を出してみることにしました。

タナゴ仕掛けで餌は市販の黄身練り。
粉末と水を1対1で混ぜ練るというものです。

仕掛けを投入するとすぐに反応があり、釣れてきたのはアブラボテ。
次々に掛かり中には婚姻色が出て尻ヒレなどが色濃く黒くなっているものもいます。

婚姻色のアブラボテ

一応タナゴが確認でき喜んで続けるのですが、
釣れてくるものはほとんどがアブラボテで時々混じるのがカワムツの稚魚。

ヤリタナゴなどほかのタナゴはいないものかと近くをあちこち移動。
探って探ってやっとのことで1匹確保したのがこれ!

婚姻色でたヤリタナゴ


こちらも婚姻色で尻ビレがきれいなオレンジ色になったヤリタナゴ。
でもその後はまたアブラボテの猛襲に遭い結局2時間ほどやってなんとか1匹追加。

その釣果がこれ。
釣れた三種類

カワムツを入れて三種類だけというのは少し残念でしたが、今回はこれまでと
違ったところでタナゴを確認できただけでも上出来という思いで帰ってきました。

でも図鑑、岐阜県の魚類には他にもカネヒラ、イチモンジタナゴ、シロヒレタビラと
いったタナゴがいるとのことなのでなんとか長良川水系で見つけられないかと
今後も釣り歩きが続きそうです。

追記
シロヒレタビラを見つけたいと書きましたが、本日夜、飼っているタナゴに餌をやって
いたらシロヒレタビラの特徴である尻ビレの先が白くなっているタナゴを発見。

シロヒレタビラ

ヤリタナゴは赤くなるので間違い無いと思います。
同じような魚が他にも2匹計3匹いました。

ビックリするやら嬉しいやら。

以前ユーチューブのタナゴ釣りで「太ったヤリタナゴかカネヒラか
よくわからない」と言っている場面がありましたが
私もあらためてタナゴは見分けが大変だなと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる