FC2ブログ

2020年郡上アユ解禁

13日の土曜日に郡上のアユの解禁となった。

私もやるつもりで前日の金曜日の午後から出かけたがあいにくの大雨。
川を見ながら北上するがもうすでに水は増え濁りも出始めていた。

解禁日も雨の予報。
雨に弱い私は、この調子では吉田川は竿が出せないだろうと早々に諦め
釣具屋に寄ったが年券のみを購入しオトリは買わず家に向かう。

着いてさっそく川を見ると水位は1メートルほど高く、濁りが入っていた。
我が家下釣りにならず

解禁日の日も吉田川は同じような状態。
なので、午前中は雨の合間を縫うようにして庭の整備やら倉庫の片付けをやり
午後からは本流の様子を見がてら大和まで買い出しに行った。

本流もやはり同じような状態で濁りがあった。

大和の高速下少し下流です。
大和の高速下流

ところがさすが解禁日、この状態でも状態でも大和のスーパー裏で
竿を出している人がいました。

大和スーパー裏

しばらく見ていましたが残念ながら釣る場面は見られませんでした。

その後スーパーで買い物をしていると、釣りキチの弟から電話。
午前中は竿を出せたが日曜日もやりたいので泊めてくれとのこと。

夕方やって来た弟に釣果を見せてもらい話を聞いたが
釣った場所は長滝の道の駅裏。

本人は20数匹だったが釣友は40以上釣った人もいたとのことでした。
さすが雨などよほどの大雨でない限り気にしない釣りキチ。

釣れたのは琵琶湖産の放流物とのことでした。

湖産放流物

大きめの稚魚を入れたようでこの時期にしては立派なサイズで
大きい方が18センチほどありました。
掛かったときのアタリの感じと体長の割に体高があるのが湖産らしいとのことでした。

私は魚を見ながら「雨でめげるような軟弱では釣れませんわね~」と独り言。

その後解禁日をあちこち釣り歩いている弟に長良川水系の情報を聞くと
津保川上流と長良中央は冷水病も少し出ていてあまり良くなかった。

板取川上流は冷水病がかなり出ていて解禁日でも一桁のひとが多かった
様子とのことでした。

湖産は冷水病には強いようで、今回釣ってきたものの中にはいませんでした。
やはり無菌状態で育苗された稚魚は弱いのでしょうかね?

何にしてもいよいよ始まった長良川でのアユ釣り、今年は湖産の試験放流の
結果も含めどうなりますやら。

良い結果になると良いですね。

わたしも年券が漁協へのただのカンパにならないように
頑張って川に出たいと思っています。







スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる