fc2ブログ

鵜飼ミュージアムに行ってきた

 長良川鵜飼ミュージアムで特別展示「長良川に伝わる漁法・漁具」が開催されている
というチラシを見たので行ってきた。

特別展示チラシ

鵜飼ミュージアムには岐阜に住んでいると内容の想像がこれまで行ったことが無かったが
特別展示というので期待していった。

観覧料は500円。
写真撮影は良いか聞くとOKとのこと

2階に上がってすぐ特別展示室があったが入り口には特別展示は撮影禁止とあり
ガックリ。

この展示はあくまで川漁師による漁の紹介
まず友釣りの紹介から始まり、舟から網を投げてとる投げ網漁、流し針漁というはえ縄漁や
餌を付けて沈めておく置き針漁、

以前市民学習会でも展示した筌(うえ)という道具を使った筌漁や魚の習性を利用して
石を組み行う登り落ち漁などが実際に石を組んで、写真や漁具の展示と一緒に
紹介してありました。

あと、もう終わりかけていますが、この時期に行われる瀬張り網漁もあり、
川の中にどのように白いビニールを瀬張りするのかも紹介してありました。

ただ岐阜に住んで長良川で魚釣りをずっとやって来た私にとっては馴染みのある
漁法ばかりでしたので少し残念でした。

特別展示室は広くないので10分ほどで見終わり、常設展示へ移動。

映像で鵜飼の様子を紹介
IMGP0192.jpg

鵜がアユを捕るところも透明な水槽を使ってでビデオ撮影
IMGP0190.jpg

他にも鵜飼の歴史やらアユの年間の生態を写真や図で説明
(もちろんアユの生態説明の川の図には河口堰は描いてありません)

IMGP0195.jpg

鵜飼に関係することが色々と紹介してありましたがでもそれも15分ほど回って終え
30分ほどで出てきました。

鵜飼ミュージアムなので内容がほぼ鵜飼だけというのは仕方が無いのかもしれませんが、
展示内容としてはチョッピリ拍子抜けの印象でした。

実際に、私が展示室を見回っているときも土曜日にもかかわらず数人の方が居ただけでした。

余計なことかもしれませんが、何か工夫しないとこのミュージアムは、この先維持できないのでは
ないかと心配になってしまいましたが、とりあえずこの特別展示は来年1月10日までやっています。

興味のある方ぜひ足を運んでみて下さい。











スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる