fc2ブログ

やっと2024年が始まった!

 前回の釣行はボウズ。
今回は絶対アマゴの顔を見るぞと意気込んで2日間の夕方2回の釣行を
予定して出かけた。

郡上市街入り口のもりした釣り具でカワムシのキンパクを購入し、1日目の
午後3時ごろ到着。

陽が傾かないと釣れないだろうと作業後、午後5時頃から吉田川に降りた。
水は平水でそれほど寒くなく条件は良さそうだったが、アタリがまったく無く
再度のボウズがチラつきました。

でも今回は粘るのを決めていたので、目印が見えなくなるギリギリまで粘り
半分、感触だよりで合わせたところやっと顔を見せてくれました。

DSCN5191.jpg

型は15センチほどの小型でしたが、2024年初アマゴにほっと一息。
遅ればせながら私の渓流もやっと開始です。

2日目は午後4時頃に大間見川を見に行きました。
でも水が少ないのと川底の石の苔が汚いのとでやる気がなくなり栗巣川に移動。

栗巣川はきれいでしたのでさっそく古今伝授の里付近で竿だし。
ここ釣りやすくて良いですよね。(場荒れも早いですが)
DSCN5198.jpg

ここも明るい間はアタリがありませんでしたが、少し暗くなり始めてから
狙ったところで一発良いアタリがありやる気満々に。

この流れなんて絶対に釣れそうでしょ!
DSCN5199.jpg

一度釣り下ってもどり薄暗くなって再度振り込むと待望のアタリで13~14センチ
ほどのアマゴが来てくれました。

その後も粘ってなんとか1匹追加しましたがこちらは10センチ超えの、
放流したばかり?というチビアマゴでした。

DSCN5201.jpg

今回はすべてリリースサイズとサイズ的には満足できないものの
顔を見ることができたのでOKですね。

前回の小駄良川もそうですが、支流の小河川は雨が降って水量が増えると
良いかと思います。

今回竿を出さなかった大間見川も雨による増水とのタイミングが合えば狙って
みるつもりです。

皆さんもいかがですか?

 ただ釣り具屋さんにはこんなチラシが置いてありました。
危険な場所マップです。
img091.jpg

裏には令和になってからの水難事故が書いてありました。
読むと鮎釣り中の事故がほとんどの様ですが、私も他の河川での渓流釣り中の
事故で亡くなったと聞いた方もいます。
まず安全第一で楽しんで下さい。

さて、安全第一で次はどこへ行くかな?






スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる