FC2ブログ

ウグイの乗っ込み

前回郡上に行ったとき、畑仕事をしていると橋の上が何か騒がしかった。

すぐに頭に浮かんだのが稚鮎の放流。
稚鮎放流
写真ではよくわかりませんが、この橋の上から川までホースがぶら下がっています。
そこから稚鮎を川に流し込むのです。

しばらくすると近くの組合員の方が川に入った魚の様子を見に来たので
話を伺った。

今年は口明方地区は琵琶湖産を放流したそうだ。
漁協の地区支部から要望がでたらしいとのこと。

帰ってから漁協のホームページをみるとあちらこちらに1.8トンの琵琶湖産を
試験放流したとあった。

「長良川のアユ」といっても釣り師の評判はいまいちの様子。
ここでも良く書きますが、吉田川はここのところ調子が悪い年が続いている。

県の魚苗センター産を入れても冷水病に罹ったり、残ってもずっと群れていて
追わず釣れなかったりの状態である。
このため釣り師が来ないこともあってか吉田川沿いのオトリ屋さんがドンドン
無くなっていく。

なので追いが良いという琵琶湖産を入れて欲しいという要望がでたのだろう。

その方は良いアユが入ったよと言われたが、次に行ったとき我が家の下にアユは
見えなかった。
湖産アユは遡上性が強いと言っていたので上ってしまったか?

解禁が6月13日の土曜日と1週間伸びたのでそれまでに下流で放流したアユが
我が家の下まで上ってきてくれるのを期待しているがどうなることやら。

もう1つ、
少し前に車で板屋川の近くを通りかかることがあった。
この川は長良支流の伊自良川に合流する川である。

この日なぜか気になって車を止めて覗いてみたら50センチ近くもある魚が
バシャバシャやっていた。

板屋川のウグイ2 (2)
写真中央の魚で、最初はニゴイかと思ったがよく見るとウグイだった。

どうやら乗っ込みで遡上してきて産卵の様子。
板屋川のウグイ2 (1)

川底を尾びれで掘るような仕草をしたり、すでに産卵を終え守ろうとしているのか
近づく魚を追い回していたりした。

以前は長良川でもたくさん見られ、納涼台近くでルアーで良く釣ったものであるが
最近は減り、代わりにニゴイが多くなった印象だったので岐阜の西郷地区まで
上ってきているウグイに何だかホッとした。

支流のここまで上ってきているのなら長良橋辺りでも見られそうなものだがどうだろうか?
時間があれば橋の上から覗いてみようかと思っています。






水槽の掃除

自粛のゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?

私も本来なら釣りやガサガサで忙しいこの時期ですが今年は様子見です。

ならばと、散歩がてらに近くの荒田川を覗いたら鯉の産卵に混じって
大型のフナの乗っ込みも見られました。

長良川も5月といえばオイカワのカガシラ釣り(毛針)ができるし、
ルアーも良い時期です。
支流ではタナゴやフナも狙えそうです。

でも我慢!というところですが、
釣りやガサガサの前にやることあるでしょ!と言われそうなのがタナゴ水槽の掃除。

暖かくなり水温が上がって苔の生えるペースも速くなり3つある水槽が
こんな状態。
清掃前

これはアブラボテの水槽。
ガラスやポンプに苔がつき放題。
もっと早めに掃除すれば良いのですが結構大変なのでついつい
伸ばしてしまいがちになります。

というのも水槽は3つあり特にヤリタナゴの水槽は60センチ水槽。
これ大きくて大変です。

ですがこの際なので思い切ってやる気に。

道具はこんなものを使います。
掃除道具
使い古しの歯ブラシや100円ショップで買ったナイロンたわしなど
できるだけ安い道具を使うようにしています。

洗う場所ですが、水槽が置いてある近くに70センチ×70センチほどの
足洗い場があるので助かります。

魚を網で掬って移動させ、水を抜き、砂利を洗い、水槽の苔をきれいに取り
また水を入れ魚を戻すという作業です。

3つの水槽のうち2つは45センチほどの幅の大きさなので作業が楽なのですが
60センチ水槽は大変。
ほぼ水が空になるくらい減らさないと持ち上がらず棚から洗い場まで下ろせません。

ただ我が家はまだ長良川の伏流水と言っても良い井戸水を使っているので
カルキ抜きをしなくて良いことは助かっています。

結局2日間に分けて作業することに。

でも洗い終えるとやっぱり気持ちが良いですね。
清掃後
近いうちに水草を仕入れてこようかと思っています。

これでしばらくは大丈夫です。

私にとっては自粛の大きな効果の1つだったかも。










シジミの比較

前回、シジミに興味がわいてきたと書きました。

あれから、
まずシジミに違いがあるのか確認してみようと思い
これまでに知っていた荒田川横の用水と平田町の用水、そして木曽三川公園
近くの立田大橋上流の木曽川のシジミを採取してみました。

外殻はこんな感じです。
貝の殻比較
皆さん区別つきます?

平田町のものは大きく、色もしっかりと黒くスーパーなどで売っているものより
立派なサイズです。

荒田川のものはすこし横に長い印象ですがこれらが混ざっていたら
よほどシジミに関心があって詳しい方以外は区別がつかないのではないでしょうか。

木曽川のシジミは汽水域に近いところなのでヤマトシジミかもしれません。
(下げ潮の時だったこともあってか水を舐めてみましたが塩分は感じませんでした。
ただし感潮域ではあります)

あらためて考えたらヤマトシジミとマシジミの区別さえよくわかっていない私でした。

ネットで調べてみたら「タイワンシジミ類調査ガイド」というページがあり
読むと殻の内側の色が違うとのこと。

そこで開いてみたら確かに違いました。
貝の内側比較
左二つは内側が濃い紫ですね。
タイワンシジミの濃色型の特徴らしいです。
(カネツケシジミ型という乳白色のものもあるそうです)

ただし私の場合専門家ではありませんので左2つはタイワンシジミではないかと
いうことでとどめておきます。
先の調査ガイドでも水質や泥質などで色なども変わるので区別が難しいともありました。

メールをいただいた戸田先生にも
「すでに在来のマシジミは失われタイワンシジミに置き換わっているといわれ、
今となってはどれがマシジミであるか明言できない状況にある」と教えていただきました。

すでにそこまで生態系が変わってしまっているのですね。

今回の比較でますます興味がでてきたシジミ。
長良川水系のシジミがどうなっているか知りたくなってきました。

河口堰上流の長良川本流(なかなか見つけにくそうですが)や様々な支流に
ついてどうなっているか今後ゆっくりと調べてみようと思います。

ところで今回シジミのついでにドブ貝も取ってきました。
採取したドブ貝

幅10センチ~12センチほどのものを数個

というのも、
飼育しているヤリタナゴの繁殖を試みようと思っているからです。

とりあえず水槽に入れてみましたが今のところタナゴの反応は今ひとつです。

タナゴ水槽へ

初めてのことなのでどうなりますことやら

いろいろあって家の中でも忙しいこの頃です。












のんびり花見と嬉しいメール

コメントありがとうございます。
あの頃はニコルさんの記事を翻訳などしていただいて大活躍でしたね。
懐かしい限りです。
また大活躍していただけるような運動の盛り上がりがあると良いのですが、
現状は厳しい方向にばかり向かっています。
でも、諦めませんけれど・・・

さて9日・10日と郡上に行き畑の準備をしてきた。

行く途中、美並辺りの桜は満開を過ぎ花びらが散り始めていましたが、
郡上の家に着くと予想通り満開、この満開を予想して買っていったのがおにぎり。
お茶とおにぎりでのんびり花見をしてから作業を開始。
ベランダからの花見

一人だけの花見なのでコロナの3密は関係なしです。
透明な川の水と満開の桜、そしておにぎり。
言うことなしですね。

次の日は大和町にある長良川沿いのスーパーに買い出し。
裏の釜淵橋から下流を見るとこれまた見事な満開の桜並木でした。

釜淵橋下流の桜
たぶん白鳥町辺りまで満開だと思います。

次に郡上に来るときは散り始めで満開は高鷲以北ですね。
あらためて桜の時間は短いと思います。

さて、タイトルに嬉しいメールと書きました。

10日に静岡大学の戸田先生から、少し前に掲載した荒田川のシジミについて
連絡をいただきました。
(お名前等を出すにあたりご本人の了解をいただいています)

内容はあのシジミの写真を見て
「タイワンシジミのように思います。そうであればあまり喜んでもいられないかも」
とのことでした。

何も知らなかった私はシジミが身近にいることに単純に喜んでいましたが
そうも言っていられないことに気づき、その後の先生とのやり取りを含め
シジミについてすこし勉強させていただきました。

マシジミの雄性生殖という珍しい生殖様式ですでにタイワンシジミに置き換わっている
と言われていることや差が小さすぎて別種とは言えないという見方もあり
どれがマシジミであるか明言できない状況にあるとのことでした。

タワンシジミがどのように侵入してきたのかは、直接輸入した、何か他のものに
混ざって入り定着したなどいろいろな可能性があるとのことでしたが、
2019年の2月にここでも取上げたシジミの産地偽装問題を思い出しました。

木曽三川でヤマトシジミが捕れなくなり、2012年頃から台湾産とロシア産を
輸入し混ぜて木曽川産として販売したという内容でしたが、輸入した物を畜養する間に
幼生などが排出され広がっていく可能性を考えるとロシアのシジミも
加わって交雑し生態系への影響が心配されますね。

岐阜市内の荒田川も以前ドブガイとシジミを取上げた平田町の用水も
最終的には長良川に繋がっています。
長良川の生態系を考えるについて、今回戸田先生からご連絡をいただき
シジミについてあらためて興味がわいてきました。

いろんなところを探ってシジミを比較し、ここで問題提起できればと思っています。
それにしても発信したことがこのように返ってくるのは嬉しいですね。
川をガザるのにも一段と力が入りそうです。

ところで今回連絡いただいた静岡大学の戸田先生は化学の先生とのことですが、
静岡の佐鳴湖の環境改善にも取り組まれていて外来生物の駆除や
ヤマトシジミ再生プロジェクトに関わっていらっしゃるとのことです。

中には外来種駆除の一環で「とって食べる」という活動をしていて私も検索して
みましたがミシシッピアカミミガメを調理して食べるコーナーもありました。

私自身はご遠慮したいところですが、興味のある方
「とって食べる」で検索すると出てくるそうです。







2020年初アマゴ

解禁日に撃沈した初アマゴ釣り。

なんとかまず1匹の姿を見たいと15日土曜日夕方に吉田川で再チャレンジしてきました。
この日は暖かさに加えて風も無く、解禁日の釣りづらさとは比べものにならないくらい
楽ちんに竿を振ることができました。

こりゃ今日は爆釣か!と期待したところまでは良かったのですが
いつも釣れるはずのところでも当たりがなくウロウロ。

挙げ句の果ては川側に倒れかかっている竹の先に仕掛けを絡ませる始末。

ここまでは私の場合良くある事なんですが、この日はプラス災難のおまけつき。
この仕掛けを取ろうとして少し岩場を登り竹を倒そうとしがみついて揺すったところ
根元からバキッと折れ墜落。

岩でしこたま後頭部を打ちました。

幸い平らな岩だったのと打ち方が良く大丈夫でしたが、たまたま隣の畑の方が
上から現場を見ていて「大丈夫か?」と心配される始末という情けなさ。

その後もまったくアタリが無く、暗くなってきて今回もダメかと諦めかけたとき
待望の初アタリ。

焦らず対応でき釣れたのがこの1匹。
2020年初アマゴ

15センチほどの小型でしたが、ここまでが大変だったので嬉しさも倍増。
写真だけ撮らせてもらってリリース。

あわてて現場を撮影したのですが暗くなっていてよくわからないかも。
本日の場所

でもこの1匹でやっと渓流釣りが始まった実感がでました。

後頭部の打撲も36時間過ぎても大丈夫なようですので一安心。
3月頃からが本格的シーズンなので今回の経験を元に安全第1で
釣行したいと思います。

あと、長良川のイベントを2つ紹介。
1つ目は
以前、岐阜大学の向井先生が編集された図鑑「岐阜県の魚類」の第2版が
出ることになり出版報告を兼ねて「よみがえれ長良川2020」シンポが
開催されます。
長良川生物多様性シンポ

テーマは長良川と生物多様性についてです。
申し込み等は必要ありません。

もう1つは毎年恒例の長良川下流域観察会です。
2020年下流観察会

今年は講師の先生の都合などで少し早くなり5月10日(日)
こちらは船に乗船するので定員があり予約申し込みが必要です。
問い合わせ・申し込みは
よみがえれ長良川実行委員会・武藤さんまで 携帯 090-1284-1298

昨年は天気が悪く、カニ採取調査ができませんでしたが今年は
できると良いですね。

私もスタッフとしてお手伝いに行きます。
長良川の生物多様性もそうですが長良川の環境の変化・悪化を実際に
現場に出かけてみて確かめる良い機会です。

ぜひご参加下さい。
申し込みお待ちしています。

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる