FC2ブログ

岐阜城と梅

23日に免許の更新で午後から金華橋北にある講習センターに行ってきた。
無事更新終了して、帰りは運動を兼ねて歩いて帰ることにした。

金華橋を歩いて渡っているとき岐阜城を見上げると、
雨上がりという条件がピタリとはまり、岐阜城が天空の城状態になっていた。

ガラ携しかなく写真は不鮮明ですが
天空の城
下の方に雲がもう少し多いともっと雰囲気が出るのですが
これでも充分カッコイイ岐阜城でした。

そして次の日は、暖冬の今年の梅はどうかいなと岐阜市内の梅林公園までウォーキング。
予想通り咲いている木の数は少ないものの咲き始めていました。

白梅が早咲き種らしく、多く咲いていました。
2020年白梅

紅梅は3~4本といったところ
2020年紅梅
木の種類によるようです。

でも今から咲き始めると3月初旬から中旬にかけて開催される梅祭りの頃には
咲き終わってしまっているのではと心配になってしまいます。

この調子だとアマゴも天然が早めに動き出しそうで今から期待しています。




スポンサーサイト



冬でも元気

1月も後半に入りましたが今年は本当に雪が降らないですね~
この先も暖冬が続きそうなのでこのまま春になってしまいそうです。

こんな冬は郡上へ通い始めてから初めての経験です。

先日郡上から岐阜へ帰るとき、いつも通る武儀川沿いの道に車を止め
川を覗いてみました。

テトラの組んである中を覗いて歩くと何者かの動きが目に入りました。
あらためてよく見ると大きなモクズガニがあわてて隠れるところでした。

石の陰に隠れたのを確認していつもトラックに積んであるタモを取りに行き
掬いました。
武儀川のモクズガニ
オスで足を広げれば20センチ以上は確実にあります。

この時期が旬らしいので一瞬持ち帰って食べようかとも考えましたが
モクズガニといえば海と川を行き来する生き物で、頑張ってここまで来たのかと
思うとかわいそうになり今回は放流することに。

逃がすためにバケツから出すと食べようと思ったのが伝わった?
ハサミを振り上げ激怒されました。
怒るカニ

でも逃がしてから思い出しましたが、モクズガニも放流している
と聞いたことがありました。
これも河口から来たのではなく放流された1匹だったかも。
食べれば良かったかな~

今度チャンスがあったら食ってやる!

次の日は時間があったのでガサガサへ行きました。
今回は津保川に繋がる幅2メートルほどの用水。

水は少なく狭いところで流れの幅50センチほど
魚が見えたのでさっそくタモを入れてみましたが、すべてカワムツ。
冬でも元気なカワムツ
他の魚が見られなかったのは残念でしたがこの寒さの中でも元気。
カワムツは強いですね。

どうりで下流から郡上までいるはずと納得して帰ってきました。

次は他の魚がみたいな~。
でもこの時期に用水にタモ持って入りバシャバシャやっているオジサン
不審者に見られそうです。



生物多様性EXPO

1月11日・12日に開催された生物多様性EXPOに本日12日に行ってきました。

会場の国際会議場イベントホールに到着すると考えていたより
人が少ない印象。

でも聞くと11日はシンポジウムがあり、さかなクンの講演やら大村愛知県知事が
顔を出したりしてすごい人だったとのこと。

それにしても私の期待度が高すぎたようです。

ブースは川、海、森、里などの各ゾーンに別れていてわかりやすかったです。
川のゾーン


長良川のブースはいつも通りの展示がされていて覗いてくれる人が多く
今年用にリニューアルしたパンフレットもドンドン出ていきました。
長良川のブース

個人的には川のゾーンに興味があるので時間を見つけてじっくりと覗かせてもらいました。
ちょうど隣が三重県のタナゴの保護活動に関わっているところでヤリタナゴの生体を
持ち込んで展示。

私も飼育していることを話したりして情報交換。
亀山の方でしたがタナゴ減っているとのこと。
どこでも同じですね。

他にもイタセンパラの保護活動をしている木曽川高校や
矢作川の魚を連れてきているグループなどがあり私にとっては
水族館に来ている感じでした。

中央には体験スペースがあり実際に自分で作ったりして楽しめるので人気
愛知・名古屋展示エリア
家族連れで小物を製作したりして楽しんでいました。

途中出展者による取り組み発表がありました。

長良川の武藤事務局長も発表するというのでステージ前に行くと
なぜか若い女性陣がいっぱい。

武藤さんにこれほど人気があるわけが無く、
すごい!若い女性もとうとう環境保護活動に目覚めたかと思っていたら
マジックプリンスというグループから男の子が2人ゲスト参加するいうので
ファンが集まっていることがわかり納得。

まあ、どんな形でも参加が多ければ良いし
武藤さんの長良川の紹介も聞いてもらえたのでヨシ!!
長良川活動紹介

最後はすべてのグループから代表者がパネルを持って集まり
閉会のステージイベントで終了。

クロージングステージ

ここにはマジプリの2人の他にもゲストで来ていたSKE48の2人の女の子も加わり
(写真はなし)
賑やかにラストを迎えました。

長良川のイベントを企画しても参加者の年齢層が高いのでいつも地味な印象
ですがやっぱり若い方が加わると華やかになりますね~














2020年 明けましておめでとうございます


2020年、明けましておめでとうございます。

1995年の河口堰運用開始から25年、すでに4分の1世紀たってしまった長良川。
様々な影響が出てきてこの辺りでなんとかくい止めないと以前の長良川を
取り戻せなくなってしまう限界にきているのではと心配しています。
今年も応援,ご協力よろしくお願いします。

さて2020年は穏やかなお正月となりましたのでさっそく長良川の様子を
見に行ってきました。

まず長良橋のところへ行くと長良橋下流右岸側に重機が入り工事中の様子。

お正月早々工事中の写真でもないので上流側を撮影。
旅館街まえの長良川

鵜飼観覧のメインの場所です。
撮影したのは良いですが、写真手前の観覧船を係留する堤防が修理されたこともあって
なんだか殺風景な感じ。

ここで鵜飼をやっても歴史を感じられるような雰囲気が出ないですよね。
今年の鵜飼観覧のお客さんの数の動向が心配になってしまいます。

その後辺りには良い景色もないので川沿いに上流へ。

するとゴルフ練習場の前辺りの河原を歩く人の姿を見つけ、もしかしたらと
堤防を降りるとやはり川漁師の平工さんでした。
漁を終えたところ


挨拶するとヤス漁をしたところと言って獲物を見せてくれました。
処理されたニゴイ
全長だと50センチほどになるニゴイです。

道具のヤスは3メートル以上のもの
ヤス

獲物は自分でアライにして食べるそうです。
川の物を生で食べるのだから自己責任ですけどと笑っていました。

その後しばらく川や漁、魚の話をして別れましたが、爽やかな生き方をしている
彼の話を聞いていると本当にエネルギーをもらえます。

「今年も長良川を守る運動頑張るぞ!」という気になって帰路につけました。

なんだか良いことが起こりそうな2020年になるかも。


ところで前回お知らせした生物多様性EXPOですがチラシがありましたので
掲載します。

生物多様性EXPOチラシ

さかなクンの基調講演や分科会などの参加定員が決まっているイベントの
募集はすでに終了しています。
でもステージイベントやブース展示見学などは自由なのでぜひ参加下さい。

私もブースの店番のお手伝いに行く予定なのでまたあらためて報告します。













来年の準備


2019年もいよいよあと少し、皆さんも2020年を迎えるべく準備されている
ことと思います。

このブログも新しい年を迎えるべく準備。
といっても長良川で遊ぶ準備だけのことですが、
釣具屋さんに行ったら来年の遊漁証があったので購入してきました。

2020遊漁証

上が長良川漁協のいわゆる鑑札で、下が関市から美濃市にかけての長良川
中央漁協のものです。

あと2月のアマゴの解禁には郡上漁協のものも買う予定ですので
そろえば長良川に関してはほぼ全域で遊べます。

支流の上流域は別の鑑札が必要ですが、魚の種類としては多くないので
これで充分。
今年できなかったウナギ釣りやいろんな魚の味見など楽しみたいと
思っています。

来年と言えば1月早々にあいち・なごや生物多様性EXPOがあり
よみがえれ長良川実行委員会も長良川の状況について皆さんに知って
いただくためにブースを出展参加して訴えます。

日時 2020年1月11日・12日(土・日) 10時~17時
場所 名古屋国際会議場(熱田区熱田西町1番1号)

他にもさまざまな団体の参加があり生き物について関心のある方には
きっと面白いと思います。
時間のある方ぜひ覗いてみて下さい。

また、2月末と4月中旬にも学習会などイベントが計画されています。
詳しいことが決まりましたらまたお知らせさせていただきます。

長良川は河口堰だけでなく内ヶ谷ダム工事、導水路計画や国土強靭化計画による長良川全域の
公共工事もあり状況は1年ごとに厳しい状態になっています。

長良川を守るためには市民がどれだけ関心を持ち続けられるかが大切です。
来年もよろしくお願いいたします。

プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる