FC2ブログ

続 ラッキーな貝探し

 淡水の貝を探しに行ったら、なかなか見つからずガサガサをやる
ことになったのは山県市でした。
でも貝はシジミが見つかっただけなので移動。

岐阜市の北部を走っていたら、水が流れている用水を見かけたので車を止め
覗いてみた。

ここもコンクリート3面張りの用水に砂が溜まっている状態だったが
死んだシジミの殻が見えたので、シジミを取って比較をするには良いかと
長靴を履き用水に入って採取することにし底に溜まった砂を掘ってみた。

するとシジミと共になにやら見かけない貝がポロポロ出てきた。

よく見るとタナゴが産卵に利用する貝の記事で見ていたマツカサガイの様子。

マツカサガイ

これまで実物を見たこともない貝を初めて手にして大興奮。

夢中になって用水の中を歩き回っていると、今度はなんと細長い貝が
見つかった。

トンガリササノハガイ

これはタナゴもあまり利用しないようで、記事には載っていなくて取った時には
どういった貝かもまったく知らず、帰ってから調べると
トンガリササノハガイという名前の貝らしいことがわかった。

大きいもので長さは7.5センチほどありました。

ここからは「スゴイ!ヤッター!」を連発しながら50メートルほどの水路を
行ったり来たり。

その成果がこれ
当日の貝全種

これすごいでしょ!!

そしてよく見るとマツカサガイによく似ているけど鳥の皮の様な独特の模様がない
貝も入っていました。

マツカサガイとイシガイかな

これもしかしてイシガイ?

結局、確認してみないと行けないと思い、それぞれ3~4個持ち帰りあらためて
ネットの貝の図鑑で調べてみた。

マツカサガイとトンガリササノハガイは間違いないようだが
イシガイは図鑑によれば「5センチ程度に成長」とあった。

今回採取した個体は、形はイシガイ様だが65ミリほどあり図鑑の説明より
ちょっと大きいのでイシガイと断言するには自信がありません。

他にはカタハガイという貝も岐阜市内にはいて8センチ程度まで成長する
とのことだが形がちょっと違うような気もするし個体数も少ないとのこと。

どなたか詳しい方、教えていただけたら嬉しいです。

こうして調べるため持ち帰った貝ですが、長期の飼育は難しいので
2日後には採取場所に戻ってもらいました。

こうした淡水の貝の生息場所はドンドン無くなっているようです。
今回の場所も、ほんの少し離れた用水では貝はまったく見つからず
ここだけが特別な場所という感じ。

大切にしていきたいですね。

ちなみに今回採取したシジミの比較写真です。
シジミ比較
それぞれ濃い紫の殻と白い殻1つずつでした。

濃い紫の貝はタイワンシジミのようですが白いものはどうなのでしょう?
両方ともタイワンシジミなのかマシジミとの混在なのかこれも
素人の私にはわからないのが正直なところです。

貝は難しいですね~










ラッキーな貝探し

コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

長良川中央の渓流解禁が2月1日(月)で郡上が2月14日(日)ですね。

昨年はアユの解禁がコロナの影響で予定より遅れました。
緊急事態宣言はとりあえず2月7日までですがどうなりますか、
感染拡大が下火にならないと解禁の延期など影響出るかもしれませんね。

その時は身近な川で散歩がてらに観察するのも良いかもしれません。


 その身近な川ですが、
先日、この寒さなので魚は諦め淡水の貝を探す目的で出かけました。

山県市周辺を回っていたら少しですが水が涸れずに流れている農業用水を
見つけました。

さっそく、長靴を履き持っていったもんじゃ焼きのステンレエス製のへらで底を掘って
貝を探しましたがなかなか見つからず、なんとか見つかったのがシジミ2個。

これはこれで目的が達成でき良かったのですが、他にはなにも見つからないので
貝探しは諦め、持っていた短いタモでのガサガサに急遽変更。

そして水草の辺りをガサると1発目に捕れたのがこれ!
1月17日アカザ
アカザです。
サイズは6~7センチでした。
確かに水はきれいなですが、コンクリート3面張りで底に砂利が浅く溜まった
農業用水で見つかるなんてビックリでした。

これで一気にやる気に火がつき用水を上流へ移動。

途中、パイプが沈んでいたのでタモで受け、溜まった水を出すと今度はこの魚。
1月17日ドンコ

ここではお馴染みのドンコ。
結構大きく10センチ近くありました。

その後も水草回りにタモを入れるたびに、暖かい時期ほどではないにしても
魚が入ってくれました。

魚種はカワムツ、アブラボテ、ヨシノボリ

残念なのがガサガサの予定をしていなくて観察ケースを持っていかなかったことで
横から泳ぐ姿を撮れず、どんなときも持ち歩かないとダメだと反省。

持っていったビニールバケツの上からの撮影だけでゴメンナサイです。
1月17日の魚たち

この寒さでこれだけ捕れれば充分ですね。
それにしても、これでコンクリート3面張りでなかったとしたら、
底だけでも変化があるような状態であればどれほど生き物が残ってくれて
いるでしょうね?

あらためて工法を工夫してもらいたいと思いました。

この後、魚をリリースして移動し、貝探しを再開しましたがこれがまたすごかった!
次回、乞うご期待!




季節の話題

コロナの感染拡大もですが、先日の寒波による大雪。
皆さんの所はいかがでしたでしょうか?

岐阜も多くはありませんでしたが雪が降り、車を運転するのをひかえていたので
川を覗きに行くどころか、買い物も歩いて出かけるのがほとんどでした。

やっと昨日14日から暖かくなるとのことだったので、10日ほど行けていなかった
郡上の家に様子を見に行った。

雪もある程度は覚悟していったが、郡上までの156号線はまったく問題無く
車を走らせることができた。

でも家に着くと結構積雪があったようで屋根にはかなり残っていたし
庭には屋根から落ちた雪が50センチほどの山になっているところもありました。
14日の屋根

でも石徹白への道の大雪による通行止めや長滝の1メートルを超える積雪量の
ニュースを聞いていただけに思ったより少なくて一安心でした。

車で30分ほどの距離なんですが積雪量こんなに違うんですね。

それよりもビックリしたのが、着いてすぐ隣の方が来て聞いた猿がやって来て
野菜畑を荒らしたこと

庭中や畑の至る所に足跡が。
猿の足跡

最初結構大きいのでイノシシでもやって来たかと思ったら猿とのこと。
タマネギ苗やネットを掛けてあった白菜がやられボロボロ状態。

それでも満足できなかったのか柿の木の皮までかじった跡がありました。
猿が囓った柿の枝

猿も寒波と積雪で大変なんでしょうね。
私も庭で作業をしているとき様子を伺う猿たちを見かけましたが、全部で10頭ほどの
集団でした。

白菜の残りはほぼ全滅という悲惨さでしたが、それでもこの2日間の暖かさは
ありがたく、帰るころには雪解けが進み屋根の上はほぼ雪が消えてくれました。

15日の屋根
ひとたび気温が上がればあっという間の雪解けですね。

でもこの雪、吉田川の渇水にはプラスで、平水とまでいかないにしても
水位がかなり戻っていました。

春の水不足の心配はこれで大丈夫かな?


もう一つこの季節の話題。
毎朝愛犬の散歩に出かけていますが、良くいくのが岐阜駅南の清水川緑地公園。

数日前に公園内の橋を渡ろうとしていたら清水川沿いにサギの集団が目に入り
思わず撮影。
清水川のサギ

あそこだけ水温が高くて魚が集まっているのかな?
良い漁場なんでしょうね。

そして今頃から毎年現われるのが清水川沿いの鬼

清水川横の鬼

加納の玉性院で行われる節分つり込み祭りのPRで出てくるのですが
今年はコロナで中止になったとのこと。

鬼もコロナに勝つのはなかなか難しいようです。
早く感染が収まってくれると良いですね。

川を覗きに行きた~い!

2021年もよろしく!

 皆様、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします!

私もさっそく動き始める準備をしてきました。
2021年遊漁証

岐阜市内中心の長良川漁協と美濃市中心の長良川中央漁協の年券です。
これであと2月に入って郡上を購入すれば長良川の下流から上流まで遊べます。

今年も川でどんなおもしろい経験ができるか今から楽しみです。

 コメントありがとうございます。
私も、長良川流域の住民さんのおっしゃる通り
主に岐阜市のアユ(天然遡上)が準絶滅危惧種に入っているのをなんとかしたいのだと
考えています。

ただ、岐阜市はそのことを直接的に認めるわけにはいかないので、基準そのものを変えて
全体を改訂するという形でなんとかしたいのだと思います。

それにしても
「専門家の自己満足に終わらせず、委員会や行政の目線を取り入れてちゃんと
公表できるものにする(議事録資料1-3)」とまで言ってレッドリストという
名称そのものまで否定しようとするなんて考えられないですね。

良~く見ていないと「行政の目線だから」と何でもやりたい放題になりかねません。

そのことの象徴が忠節橋にありました。
年券を買いに行くとき忠節橋を渡りました。
そして目に入ったのがこれです。

金華山を望む

もう少し下流部
忠節橋下流工事現場2
そしてその下流のテトラ帯
忠節橋下流工事現場1
国土強靭化を謳い、水が流れやすくなるようにするための工事のようです。
またコンクリート化したり平坦にしてしまうのでしょうか?

子どもの頃からあるこのテトラ帯はウナギなどの魚やモクズガニが隠れるのに
絶好の場所ですし、このブログでも以前にこの場所のヨシノボリやチチブを
紹介させてもらったことがありますが、本当にいろんな魚が集まっています。

洪水対策は致し方ないにしても工法を考えないと、またレッドリストに載る魚の種類が
増えたりカテゴリーのランクが上がってしまう魚類がでることになる
のではないでしょうか?
心配です。

国土交通省行政の「国土強靭化」の掛け声のもと、
住民の関心が薄いことも手伝ってこちらも川全体でやりたい放題状態のようです。

世界農業遺産の長良川が本当に大規模用水化してしまうかも。

仮にそうなっても市民生活には直接大きな変化が起きるわけではないので
長良川の変化に気付かず気がついた時にはすでに手遅れということに
なるかもしれませんね・・・・

それにしても2021年1発目にこんなことを書かなければならないのが残念。
次からは面白い話題でいきたいです~









今年から来年に向けて

コロナで始まった2020年もいよいよ終わりが迫ってきました。

今年は予定されていた長良川についての運動も大きな影響を受けました。
1人でやる川での遊びも感染拡大に全く影響が無いとはいえやはりそれなりに気を使います。
来年は伸び伸びと活動ができるようになると良いですね。

そんな影響を受けたイベントの1つ
今年初めに予定されていて11月にやっと開催できた「よみがえれ長良川2020シンポ」
について、その後こんな反応がありました。

先日、向井先生にお会いする機会があり、
その時に「お手紙と一緒にこんな本が届きました」と本とお手紙を見せていただきました。

長良川挽歌

作者の方は美濃市出身で現在は所沢に住んでおられるそうです。
高齢になられてふるさとの長良川が変わっていく様を憂え、昔の長良川の姿を伝えたいと
小説「長良川挽歌」を自費出版されたそうです。

許可をいただき読ませていただいたそのお手紙には、
シンポには参加できず向井先生の講演を聴けないことが残念であることと、
この本をパネラーとして参加した若い方に差し上げて欲しいという内容でした。

高齢になられて、昔遊んだふるさとの素晴らしい長良川の姿を若い方に
伝えておかなければという思いが強くなられたのだと思います。

岐阜県を離れて何十年が過ぎ、振り返ると昔遊んだ長良川をなつかしく想い返される
方も多いのではないでしょうか?

こんな反応をいただけるのもシンポのお手伝いをした1人としては嬉しいですし
ドンドン広がっていって欲しいですね。

 さて、前回少し書いた岐阜市版レッドリストについて

こんな冊子があります。
レッドリスト表紙

これは概要版なので8ページですが
たくさんの詳しい内容は岐阜市のホームページで見ることができます。
レッドリスト中開き

生物多様性の保全が叫ばれる今、皆さんのお住まいの県や市でも
あるかもしれませんね。

岐阜にも県版もありますが今回は岐阜市版についてです。

今年8月24日(月)に第1回岐阜市自然環境保全推進委員会があり
誘われて傍聴に行ってきました。

この議事のなかで「次期レッドリストのあり方の検討」という内容が有りました。

しかしその理由と議論内容がまか不思議
・次期レッドリストはレッドリストという名称を根本的に見直す
・次期レッドリストの策定には専門家の意見だけでなく、行政の視点も取り入れながら
 検討を進める
ということを「保全・再生部会」というところで確認したということらしい。

行政の視点とは具体的になんぞやと委員から質問があったが
事務局は具体的なことには触れず曖昧に答えるのみで、委員長からは
議論がかみ合っていないと言われる始末。

それと、名称まで見直したらそれ「レッドリスト」じゃなくなるのでは?
(これは議論の対象にもならなかった)
改訂は良いが、レッドリストという自分たちが5年前に作成したものを名称まで
変えて否定するのはどういうことか
(この辺りの議事録についても市の環境保全課のホームページで見ることが
できますので興味のある方ぜひ閲覧してみて下さい)

こんなおかしなことが市の仕事として議論されているのでメールで質問してみた。

お返事は改訂の検討中なので答えられないが
ご意見は参考にさせてもらうとのことだった。

私としては納得できるはずもなく
すでに確認されている事柄を教えていただけないのはおかしいのではと
再度質問中です。

皆さんこれまでのレッドリストの何が具体的に都合が悪いのでしょうね~
そして行政に都合の良いレッドリストとは何でしょうね?
不思議なことが行われている岐阜市です。

次期レッドリストは2021年度末までに改訂されるとのこと
来年はこれを注視していく1年になりそうです。

もちろんガサガサや下手な釣りの報告などもしますので
また来年もよろしくお願いいたします!


















プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる