FC2ブログ

釣りやすい栗巣川

暖かくなるとの予報だったので21日の金曜日の午後からアマゴ釣りに出かけた。

前回の失敗でちょっと反省。
今回はまず安全に釣れるところで探ってみようと思い大間見川へ車を走らせた。

ここは川というより用水に近いようなところで渓流釣りという雰囲気が出ませんが
その分釣りやすいです。

道の駅大和から400~500メートル上ったところで入川。
たくさんは降りませんでしたが、雨模様の天気が続いたので平水にもどった状態でしたが
ここで釣るにはもう少し水量が欲しいところでした。

川虫のキンパクを餌に流してみましたが、当たりは全くありません。
付近をあちこち探ってみましたが全くダメなので本日のボウズを覚悟。

40分ほど粘っても相変わらず反応無しのため移動を決定。
時間もあまりないので近いところへと解禁日に見に行った栗巣川へ向いました。

古今伝授の里会館前に着いて川を覗くと平日ということもあり先行者はいず、
上流で工事をしているのかササ濁り状態だったので魚の警戒心も薄れるかもと
ここに決定。

21日の栗巣川1

見たとおりここは安全そうでしょ。
竿は4.5メートルで充分。

解禁から2週間たって、釣り荒れていないか心配でしたが1投目からアタリ。
例のごとくビックリし焦って空振り。

同じようなところを数回流すとやっと掛かり上がったのがこれ
この日の1匹目

朱点がきれいな14センチほどのアマゴです。
これだけ朱点が鮮やかに出るのは明らかな放流物ですね。

リリースサイズですがあとでまとめて放流することにしてとりあえずビクへ投入。

やはり濁りが幸いしたようです。
この日は活性が高く、その後も出そうな流れを流すと確実にアタリがあり
ポツポツ釣れてくれるのですが型が小さいのが残念。

それでも反応があるのがたのしく薄暗くなるまで粘りました。
21日の栗巣川2

仕掛けの目印が見えなくなるまで頑張って最後にビクから網に移してみると
9匹でした。
21日の釣果9匹

カメラが近いので大きく見えますが大きい物で16センチ弱といったところ
規則ではキープサイズは15センチからとなっていますがそのサイズは数匹でした。

なので今回は写真に収まってもらってからすべてリリースしました。
楽しませてくれた栗巣川とアマゴたちに感謝ですね。

栗巣川は気楽に楽しめる川です。
皆さんに来て欲しいですが長く楽しめる川であって欲しいので釣りをされる皆さんも
15~6センチの小型のリリースよろしくお願いします。
夏から秋には大きくなってまた楽しませてくれると思います。

さて次はどこへ行くかな?
長良本流上流部や支流がたくさんあるし、長良中央や下流で他の魚も狙って
みたいし迷います。




2020年初アマゴ

解禁日に撃沈した初アマゴ釣り。

なんとかまず1匹の姿を見たいと15日土曜日夕方に吉田川で再チャレンジしてきました。
この日は暖かさに加えて風も無く、解禁日の釣りづらさとは比べものにならないくらい
楽ちんに竿を振ることができました。

こりゃ今日は爆釣か!と期待したところまでは良かったのですが
いつも釣れるはずのところでも当たりがなくウロウロ。

挙げ句の果ては川側に倒れかかっている竹の先に仕掛けを絡ませる始末。

ここまでは私の場合良くある事なんですが、この日はプラス災難のおまけつき。
この仕掛けを取ろうとして少し岩場を登り竹を倒そうとしがみついて揺すったところ
根元からバキッと折れ墜落。

岩でしこたま後頭部を打ちました。

幸い平らな岩だったのと打ち方が良く大丈夫でしたが、たまたま隣の畑の方が
上から現場を見ていて「大丈夫か?」と心配される始末という情けなさ。

その後もまったくアタリが無く、暗くなってきて今回もダメかと諦めかけたとき
待望の初アタリ。

焦らず対応でき釣れたのがこの1匹。
2020年初アマゴ

15センチほどの小型でしたが、ここまでが大変だったので嬉しさも倍増。
写真だけ撮らせてもらってリリース。

あわてて現場を撮影したのですが暗くなっていてよくわからないかも。
本日の場所

でもこの1匹でやっと渓流釣りが始まった実感がでました。

後頭部の打撲も36時間過ぎても大丈夫なようですので一安心。
3月頃からが本格的シーズンなので今回の経験を元に安全第1で
釣行したいと思います。

あと、長良川のイベントを2つ紹介。
1つ目は
以前、岐阜大学の向井先生が編集された図鑑「岐阜県の魚類」の第2版が
出ることになり出版報告を兼ねて「よみがえれ長良川2020」シンポが
開催されます。
長良川生物多様性シンポ

テーマは長良川と生物多様性についてです。
申し込み等は必要ありません。

もう1つは毎年恒例の長良川下流域観察会です。
2020年下流観察会

今年は講師の先生の都合などで少し早くなり5月10日(日)
こちらは船に乗船するので定員があり予約申し込みが必要です。
問い合わせ・申し込みは
よみがえれ長良川実行委員会・武藤さんまで 携帯 090-1284-1298

昨年は天気が悪く、カニ採取調査ができませんでしたが今年は
できると良いですね。

私もスタッフとしてお手伝いに行きます。
長良川の生物多様性もそうですが長良川の環境の変化・悪化を実際に
現場に出かけてみて確かめる良い機会です。

ぜひご参加下さい。
申し込みお待ちしています。

2020年郡上アマゴ解禁

2月9日は郡上のアマゴ釣り解禁日。
今年は雪が無く川には降りやすいものの風が強く気温以上に寒く感じられる日でした。

それでも解禁日ということで様子を見がてら竿を出してみようと出かけた。

最初は郡上の町中の吉田川
八幡町内吉田川
1人の方が竿を出していました。
ここは成魚放流していないので天然狙いですね。
成魚放流は釣らないという姿勢が同じでちょっと嬉しいです。

今年は放流場所が小駄良川中心というので遡ってみました。

町中の吉田川合流点から少し上流の橋の下
小駄良川1
橋からみると魚が泳いでいるのは見え、目の前に餌を流すのですが
なかなか口を使ってくれない様子。

そこからまた少し上流の橋へ
小駄良川2
ここもなかなか大変そうでした。

町から少し離れたところでは
小駄良川3
ここではルアーの方と餌釣りの方が入り交じって楽しんでいて
見ている間に何人かの方が竿を曲げていました。

小駄良川は小さな流れなので上流まで行ったことが無かったのですが
水が出ると釣れそうな川でした。
機会があれば竿を出してみたいところです。

この後本流の放流場所へ
ここは中元橋下流です。(自然園前下流といった方がわかりやすいかも)
本流中元橋下流
20人ほどの方が竿を出していました。
ただ、着いたのが10時半ごろだったので食い気のある魚は釣られてしまっているのか
竿が立つとこはありませんでした。

このあと本流を長滝の道の駅まで上ってみました。
途中、釜淵橋のところで1名、ルアーをやっていましたが釣れる様子は全くなし。
本流釜淵橋上流

雪の多さで有名な長滝付近も雪は無く運転は快適でしたが
予想通りまだ本流は時期が早くて釣り人はいず、結局ドライブだけ。

せっかくなので帰り道に栗巣川に寄って寄ってみたら2人の方が竿だししていました。

栗巣川古今伝授の里前
ここは私も時々竿を出す古今伝授の里会館前
釣り易くて良いのですが、その分場荒れが早いのとアブラハヤなどの
外道が多いのが難点なところです。

一通り見て回ったものの結局私自身は竿を出す事も無く夕方から吉田川で
竿だしするかと帰ってきました。

3時半ごろからいつもの場所で川虫を餌にやってみましたが反応無し。
それよりも風が強く思ったところに針が飛ばないのと、
川を見ているだけと川に降りるのとは大違いで、とにかく寒く30~40分で
ギブアップしました。

年齢を重ねるに従い寒さにも弱くなって行きますね~
ただ今週後半から暖かくなる予報なのでそれに期待しています。

いつ2020年の初アマゴの写真載せられるかな~。







2020年アマゴ釣りが始まったけれど・・

本日、2月1日は長良川中央漁協管内のアマゴ釣りの解禁日。

天然が期待できない中央なのでアマゴを狙ってやることはありませんが
とりあえず、川を覗いてきました。

成魚放流の場所はHPで公開されているので何カ所か見て回りました。

最初に行ったのは長良川の分流、今川の堰堤付近。
今川堰堤放流場所
ここは年配の方の餌釣りがメイン。
プールになっているところに20人ほどいてポツポツと釣れていました。

次は関観光ホテル裏のトロ場。
ここはいつもダムバスターズのメンバーが花見をするところです。
本流関観裏
20人~30人といったところ
ここは広いのでフライやルアーの釣り師達がほとんど。

その後北上して支流へ。
板取川のそのまた支流である片知川で板取川との合流点から
ほんの少し上がったところです。
片知川放流場所1
このところ雨が無く水量も見たとおりほんの少し。
こんなところですが20人ほど

ここからまた少し(200メートルほど)上でも
片知川放流場所2
ここは工事が終わり少し掘れていてプール状になっています。
泳いでいる魚が見えていてその鼻先に餌を落とすのですが
食い気のある魚はすでに釣られてしまっているようで、餌を避けるように
悠々と泳いでいました。

ただ、ここからすぐ上流では工事の真っ最中。
コンクリート護岸にしてしまうようです。
放流地点上流の工事現場

この工事現場の入り口付近にはこんな看板が
工事現場入り口の看板
宝のはずの渓流がコンクリートで固められていくんですね。
なんだかわびしい気持ちになります。

この後本流に戻り、洲原橋上流へ
橋の上から見るとフライマンが並んで竿を振っていました。
洲原橋上流

帰りがてら、最後にもう一つの支流である津保川に寄ってきました。
津保川稲口橋下流
稲口橋付近でここも下流に堰堤があり池のようになっています。
数年前に1度ここで釣りをやったことがありますが、そのときはボウズを食らいました。
ここはフライマンと餌釣り師が入り交じっていました。

解禁ということで中央管内を色々見て回ったのですが
結局気になったのはこの冬の工事現場の多さでした。

本流から支流まで至るところで工事をしています。
国土強靭化のおかげなのか、護岸はすべてコンクリート化するような勢いです。

長良川水系、大丈夫でしょうかね?
なんだか心配になってしまいます。







岐阜城と梅

23日に免許の更新で午後から金華橋北にある講習センターに行ってきた。
無事更新終了して、帰りは運動を兼ねて歩いて帰ることにした。

金華橋を歩いて渡っているとき岐阜城を見上げると、
雨上がりという条件がピタリとはまり、岐阜城が天空の城状態になっていた。

ガラ携しかなく写真は不鮮明ですが
天空の城
下の方に雲がもう少し多いともっと雰囲気が出るのですが
これでも充分カッコイイ岐阜城でした。

そして次の日は、暖冬の今年の梅はどうかいなと岐阜市内の梅林公園までウォーキング。
予想通り,木の数は少ないものの咲き始めていました。

白梅が早咲き種らしく、多く咲いていました。
2020年白梅

紅梅は3~4本といったところ
2020年紅梅
木の種類によるようです。

でも今から咲き始めると3月初旬から中旬にかけて開催される梅祭りの頃には
咲き終わってしまっているのではと心配になってしまいます。

この調子だとアマゴも天然が早めに動き出しそうで今から期待しています。




プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる