FC2ブログ

2019年桜前線北上

コメントありがとうございます。
タモに魚がいっぱい入るとつい我を忘れてはしゃいでしまいます。

ガサガサは基本1人でやります。
なので、おっさんが長靴を履いてタモを持って喜々として川の中でバシャバシャ
はしゃいでいるのを見た方はどう思うか一応気にしてはいます。

目に付くところに以下のような道具を置いておき
カモフラージュセット
単に魚を捕っているのではなく、さも学術的な調査をしているかのように
カモフラージュしています。
これで変なおっさんと思われたらしかたがなく諦めるか、聞かれたら説明するしか
ないですね。

さて岐阜市内の桜は花吹雪といった状態で散っていますが
12日~13日にかけて郡上に行ったので道中寄り道して桜の写真を撮ってきました。

美並町の下田橋上流の長良川沿いの桜並木
2019年下田橋上流
満開からすこし散り始めていました。

次は美並橋上流、長良川鉄道深戸駅付近。
相戸堰堤上流19年

東海北陸道八幡インター少し上流
八幡インター上流
この辺りは満開。

そして我が家の桜
今年も見事な花を見せてくれました。
2019年我が家の桜
20年以上ほぼ何もしていないのに雪や台風にも負けずバランスを保った見事な姿です。
これを自然と言って良いのかわかりませんが木の生きる力はすごい!

今度の20日・21日は郡上八幡の春祭りですがそれまで桜散らずに我慢してくれるかな?

行ってはいませんが桜の様子、大和町までは八幡町とほぼ変わりないと思います。
今後は白鳥町より上流高鷲町ぐらいが桜の本番になっていきます。

長良川沿いの桜もう少し楽しめそうです。






長良川支流をガサガサ

このところの暖かさに誘われて久しぶりにガサガサに行ってきた。
場所は岐阜市の河渡橋付近で合流する支流の伊自良川。

川に入る前にまず上から川の中の様子を見るのですが、水がぬるくなってきた
こともあり魚の姿を見ることがことができるようになってきました。

この川は水量が多くないので浅くガサガサ向きの川です。

最初は獲れるのがカワムツばかりで今回もタナゴなどの姿を見ることができない
かもと思っていました。

ところが少し深場を探ったとき6~7センチほどもある立派なアブラボテが見つかり
それから俄然やる気が出ちゃいました。

立派なアブラボテ
その後はカワムツとアブラボテ以外にアブラバエ(写真左の大きめの魚)やドジョウ
までも登場。
ドジョウ

このドジョウ、水槽にいない魚なので持ち帰りました。
カラドジョウという外来種かもしれないので図鑑で確認してみましたが
図鑑に「類似している」と書かれているように私の知識ではわかりませんでした。
明確な見分け方をご存じの方おいででしたら教えて下さい。

その後見つかったのがヨシノボリ。
これは長良本流の方がよく見る魚ですがまだ飼育していないのでこれもゲット。

ヨシノボリ

そして次にドンコが現われて私の興奮は最高潮。
ドンコかな

この魚もまだ飼育していませんが、この魚は肉食魚なので単独で飼わなければ
ならずこれ以上水槽の数を増やす訳にはいかないので持ち帰りは諦め記念に
写真だけ。

一回のガサガサでシマドジョウ、ドンコ、アブラボテと3種類が網に入ることも
有りホントに面白いガサガサでした。

一度に3種類

結局今回出会えたのはカワムツ、ドジョウ、シマドジョウ、アブラボテ、ドンコ、
オイカワ、ヨシノボリ、アブラバエの8種類でした。
他にはザリガニとヌマエビとスジエビ、トンボのヤゴなどもいました。
やっぱり多様性があると面白いですね。

次はどんな魚に出会えるか楽しみ~!





やっと暖かさが戻ってきましたね。
今週末にはあちこちの桜が満開になり花見に良いというニュースも流れています。

そこで平日がチャンスと長良川下流部の桜の様子を見に行ってきました。

まず行ったのが墨俣の一夜城の犀川堤。
長良川の右岸堤防道路を下っていくと長良川に架かる長良大橋の近くにあります。

長良川に沿って犀川が流れていてその堤防沿いに桜並木がありこの辺りでは有名。
犀川堤の桜2

桜はほぼ満開。
平日にも関わらず結構な人出でした。
それでもやはり土日とは違い堤防道路を車で通ることができ気分良く桜のトンネルを
通ることができました。
犀川堤の桜1

この調子だと6・7日の土日は天気も良く車と人ですごいことになると思います。

ここでしばらく過ごした後、最下流の桑名市九華公園まで足を伸ばすことに。
昼ごろに近くまで行ったのですが、市街から九華公園の駐車場に入るのに
車が数珠つなぎになっていて全く進みません。

ここは河口堰の環境観察会で良く行っているので、下流のハマグリプラザの方から
回ってみることにしました。

これが大正解。
逆コースになるので車はスムーズに公園近くまで入ることができました。
もちろん駐車場に入るのは無理ですが公園近くに車を停車して桜を見ることはできました。

九華公園の桜3
この水路を舟で巡る事ができるそうです。

公園の中は店も出ていて人でいっぱい。
九華公園の桜2

ここも満開。
九華公園の桜1

公園の中を歩くことはできませんでしたが花見としては満足〃

こちらも今度の土日はすごいことになりそう。
おそらく今日は通れたハマグリプラザ方面からの道も車で埋まって動けない状況に
なると思います。

お出かけの方は覚悟を!

ついでの情報ですが、
いつも買うハマグリプラザ近くの貝増のおにぎり、本日は白米が売り切れで買えませんでした。
ここは注文してから握ってくれるので美味しいのですが、買えず残念。
平日でさえこの状況、お出かけの方、お弁当は持って行かれた方が良いかと思います。

さあいよいよこれから桜前線が長良川を上流へ上っていきます。
釣りも本格的な季節になります。
楽しみです。













濁りと釣り

21日(木)は久しぶりの本格的な雨。
長良川も濁っていた。

前回の餌が残っていたので釣りを予定していたが吉田川もこの濁り。
久しぶりの濁り

我が家の下は川幅が狭いので水位の変化が大きい所ですが、
そこで50~60センチほど増えていた。
なので次の日に期待しこの日の釣りは諦め庭仕事。

次の日の朝、少し早めの7時頃に起床。
(郡上に来ると寝過ごす事が多くこれでも早いのです)

すぐに川を見ると良い具合にササ濁り状態。
ササ濁りになる

さっそくこんな時に最高の秘密の場所へ。
最初は反応が無くダメかと諦めかけたがこれまでの実績を信じて頑張ると
待望のアタリ。

これが思ったより大きく焦って手前に引き寄せようとしたら
竿の先には木の枝が・・・

案の定仕掛けが絡んで痛恨のバラし(泣)

それでも一度は針掛かりしたのだからと気を持ち直して竿を降り続けると
再びアタリ。
21センチのアマゴでした。

そして次何投かしたところで目印が変な動きをしたので合わせると
竿を握る手にずっしりとした重み。

今度は慎重に上空の木の枝を避けながら引き寄せ網へ。
今度はイワナでした。
結局釣れたのは2匹だけでしたがこのイワナ29.5センチありました。
良型イワナとアマゴ

ヒレを見ると2匹とも成魚放流物がのようでしたが、この場所は成魚放流
していないのでに増水によって上流から下ってきたようです。

この条件で2匹は良い方でしょう。
1匹バラしたのは悔しいけどこれも釣りですね。


今回増水したのでこれで少し暖かくなる長良川支流の小河川も良いかも
しれません。
きっと良い釣りができると思いますよ。

もしできなかったときは私の情報のせいではなく皆さんの腕ということです。
腕前までは責任持てませんのでよろしく。






川が変わっていく

14日に市民学習会の実行委員会があった。
その中で伊勢湾シンポでの川漁師の平工さんの講演が話題にあがった。

平工さんの漁場1つが鵜飼大橋下流、公園ボウル前あたりである。
ここが河床改修で変えられてしまったと講演で訴えていた。

公園ボウル前

渇水時の鵜飼のためということですが、右岸側は石で堰堤のように組まれていて
水は止められ、左岸側は掘って深くし流れを変えてあった。
そして堤防内側には道路が取り付けてあった。

私も漁を見せてもらった事がありますが、以前は全体に広く浅い瀬になっていて
鮎がよく付き昨年は特にたくさん獲れたとのこと。
川の変化が漁に直結する漁師。
ましてや増水などで自然に変わったものでなく人為的に変えられた川。
今年の漁はどうなるか不安だと思います。

それと年度末ということもあるのでしょうか郡上に行く途中ですごく川を
いじっているところが目に付きます。

長良川の合流点から少し上流へ行った津保川桜橋下流辺り、
武儀川ではこれも長良川合流点から少し上流へいった右岸側など
長良本流でも藍川橋下流や千鳥橋下流など工事が終わったところも含め
本当にたくさんある。

平工さんはできるだけ自然の川で漁をしたいと言っていたが
本当に長良川はどうなっていくのでしょうね。

世界農業遺産「長良川の鮎」っていったいなんなんでしょうか。
疑問ばかりが浮かぶこの頃です。


3月16日~17日にかけて郡上にいた。

16日の夕方アマゴ釣りをやってみたが寒気の戻りがきて寒くて
竿を持つ手はかじかんできて釣りどころではなかった。

アタリはポツポツあったが掛からない。
どうやら小さい魚が遊んでいる様子。

2匹釣れたがいづれも13センチ程度だった。
即放流して早めに川からあがった。

翌17日、朝から寒い中草抜きをしていたが、
11時頃雪が降り出した。
ゆ~きが降ってきた
水温も下がって魚の活性も落ちているのではないでしょうか。
午後2人のルアーマンが向い側に降りてきていたが10分ぐらいで引き上げた。

釣りには残念な2日間でした。





プロフィール

nagarask

Author:nagarask
問い合わせ
nagarask@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる